翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』56-3

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「そうかもしれません。でもあたしは終わりですよ。小麦は腐っちまいましたし、畑は荒れたまんまです。愛する家族もいます。この子の家族の悲しみを思えば、遺体を見たせいでいっそう家族への思いが強くなりました」

「何が言いたいんだ? 同情を期待しているのかい?」

「まさか」ビヨは底意なく答えた。「ただね、苦しんでるから愚痴も出るし、愚痴ったところでどうにもならないからあたしなりのやり方で楽になろうと思ってるんです」

「つまり……?」

「つまり農民に戻りたいんです」

「また?」

「ねえジルベールさん、向こうからあたしを呼ぶ声がするんですよ」

「ビヨ、そいつは敵前逃亡をそそのかす声だぞ」

「敵前逃亡も何も、あたしは軍人じゃありません」

「君がやろうとしていることは、軍人とは違った意味で敵前逃亡の罪に当たらないのか?」

「どういうことですかね?」

「パリに来たのは破壊のためなのに、いざ建物が崩壊したら逃げ出そうとしてるじゃないか?」

「仲間を下敷きにしたくありませんから」

「案外、自分が下敷きになりたくないんじゃないのか」

「自分の身を案じちゃいけないって法もないでしょうに」

「賢明だね。石が転がらずとも、或いは転がった石に押し潰されることがなかろうとも、どんなに離れていようと逃げ出す臆病者がいるらしい」

「あたしは臆病者じゃありませんよ」

「だったら残り給え、ビヨ。ここには君が必要なんだ」

「あっちには家族が待ってるんで」

「ビヨ、君とは同意見だと思っていたんだがなあ。祖国を愛する人間には家族などない」

「あそこにいるのが息子さんのセバスチャンだったとしても、同じことを言えますかね?」

 ビヨはそう言って死体を指さした。

「ビヨ」ジルベールは動じなかった。「あの死体のように、いつかはセバスチャンの死体を目にする日だって来る」

「その日が来てもあなたみたいに冷静でいられたらあの子にとっちゃ災難ですね」

「僕を越えてくれるものと願っているよ。今よりもっと強くなる。しっかりと見本を見せてやるつもりだからね」

「流血に慣れさせてでもおくつもりですか。若いうちに戦火や縛り首や暴動や夜襲に慣れさせ、王妃を罵り国王を脅かすのを見慣れさせておこうってことですかね。そうしてあの子がいずれ剣のように固く冷たくなった時には、愛しもすれば尊敬もしてくれるだろうとお考えですか?」

スポンサーサイト

『アンジュ・ピトゥ』56-2

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 死体はジョルジュ・ド・シャルニー男爵のものだった。ジルベールは死体に屈み込み、畏敬を込めた目つきで凝っと見つめていた。瀕死の人間から抜けゆく生命を引き留め、死んだ人間から飛び去った魂を呼び戻そうとでもしているように。

「冷え切って強張っている。死んでいる。間違いなく死んでいる」ようやっとそう振り絞った。

 シャルニー伯爵が声を嗄らし、物言わぬ肉体を抱きしめ、胸の裂かれるような嗚咽をあげ始めた。それを聞いてジルベールの身体に震えが走り、ビヨは中庭の片隅に行って耳を塞いだ。

 やがて伯爵が死体を起こし、壁にもたせかけ、もしや息を吹き返してついて来ないかとでもいうように、振り返りながら離れた。

 ジルベールはひざまずいたまま、片手で顔を覆い、物思いに沈んで怯えたように動かなかった。

 ビヨは暗がりから離れてジルベールのところに戻った。ビヨの心を引き裂いいてた伯爵の嗚咽はもう聞こえなかった。

「ジルベールさん、これが内戦ってやつなんですね。あなたの言っていた通りだ。ただし事態はあたしやあなたが思ってたより早い展開で起こっちまった。あの糞ッたれどもと来たら、悪い奴らを殺していたかと思えば、今度はいい人たちを殺しているじゃないですか。フレッセルが殺され、ローネー氏が殺され、フーロンが殺され、ベルチエが殺されたのを見た時には、手足が震えました。どいつもこいつも(des autres)反吐が出るほど嫌になりましたよ。

「だけどあそこで殺されてる人たちは可哀相な人たちばかりです。

「とうとうジルベールさん、あなたの言った通り、善人が殺される日が来てしまいました。

「シャルニー男爵が殺されているのを見たら、震えも止まり、涙が出て来ました。嫌になったのはもう他人(des autres)のことなんかじゃありません。自分のことが怖くてしょうがない」

「ビヨ」ジルベールが遮った。

 だがビヨは耳を貸さずに話し続けた。

「ジルベールさん、こうして若い人が殺されました。兵士として戦って、殺したんじゃなく、殺されたんです」

 ビヨは内腑の奥から出て来たような溜息をついた。

「可哀相に。子供の頃から知っていました。ブルソンヌ(Boursonne)からヴィレル=コトレまで葦毛の馬に乗って、パンを母親のところから貧しい人たちのところに運んでいたんです。

「肌が白くて頬っぺたが赤くて可愛い子でしたよ。目が大きくて青く、いつも笑っていました。

「おかしいな、顔を歪めて血塗れであそこに倒れているのを目にしたのに、頭に浮かぶのは死体ではなく、笑顔を浮かべて左腕に籠を抱え右手で財布を持っている子供の頃の姿ばかりだ。

「でもジルベールさん、それでいいんです。これ以上なにも見たくありません。このままじゃあ、前に言われた通り、あなたが死ぬのを見ることになる。そしたら……」

 ジルベールはそっと首を振った。

「ビヨ、落ち着き給え。僕はまだ死なないよ」

『アンジュ・ピトゥ』56-1

第五十六章 ジョルジュ・ド・シャルニーの死

 たった今お話ししたような物語は、これまでにも様々な形で幾度となく語られて来た。なぜなら一七八九年から一七九五年にかけて流れた大いなる時代、即ちフランス革命と呼ばれた時代でもひときわ目を惹く出来事なのは間違いのないところだからだ。

 これからも幾多の形を取って語られてゆくことだろう。だが予言しておこう。この物語ほど公明正大な物語が現れることはないと。

 けれどどれだけ語られようとも物語が尽きることはない。歴史が完成されることなどないからだ。幾万の目撃者がいればそれぞれの歴史がある。幾万もの異なる場面があれば、異なっているがゆえにそれぞれに意味がありそれぞれに筆遣いがある。

 だがそうした物語のすべてが真実であろうと、それでいったいどうなるというのだろう? いったいこれまでに政治の授業で政治家が育ったことがあっただろうか?

 ではこうした悲劇や物語や王家の血が、石を穿つ水滴に等しい力を持っていたことがあっただろうか?

 否。王妃たちは涙を流した。国王たちは殺された。それでも子孫たちは、運命からもたらされたそれら残酷な教訓を一度として活用して来なかった。

 忠臣たちは献身的に身を尽くした。たとい主君たちが残酷な教訓を活用して来ずとも。

 先ほど王妃がつまずきそうになったのは、そういった男の死体であった。旅立った国王たちが転げ落ちながら歩んだ道に、血塗れのまま捨て置かれた男たちの死体であった。

 悲鳴をあげてから数時間後、王妃は国王と子供たちと共にヴェルサイユを離れていた。もう戻ることはない。そんな時、雨に濡れた中庭を刺すような秋風が乾かし始めた頃に、以下のようなことが起こっていた。

 黒服の男が死体に屈み込んでいた。

 護衛隊の軍服を着た男が反対側から死体に屈み込んでいた。

 その傍らには、手を握り締めて目を見開いて立ち尽くしている男がいた。

 死者は二十二、三の若者だった。見たところ頭と胸に受けた大きな傷口から血を流していた。

 傷だらけの胸は血の気を失い鉛色になっていたが、無駄な抵抗を嘲笑うかのようなそよ風に吹かれて、まだ動いているように見えた。

 口を半開きにして、反り返らせた顔に痛みと怒りを浮かべているところは、雄々しいローマ人の姿を見ているようだった。

『断末魔の声と共に生命は亡者の住まいに消ゆ』

 黒服の男はジルベールだった。

 ひざまずいている将校はシャルニー伯爵だ。

 立っているのはビヨだった。

『アンジュ・ピトゥ』55-6

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「ではあなた」と別の衛兵に声をかけた。「こちらに。話があります」

 衛兵は言われた通りにした。それというのもその衛兵にはシャルニーのように躊躇する理由がなかった。

 ラファイエットが衛兵をバルコニーに連れ出し、自分の三色徽章を衛兵の帽子につけて抱擁した。

「ラファイエット万歳! 護衛隊万歳!」五万人の声が轟いた。

 声の中にはその低い唸りという形で去りゆく嵐の脅威をいまいちど聞かせようとするものもあった。

 だがすべて歓声に掻き消されてしまった。

「もう大丈夫だ」ラファイエットが言った。「晴れ間が戻って来た」

 それから部屋に戻り、

「ですが再び曇らぬように、していただかなくてはならないことが一つだけ残っております」

「うむ。ヴェルサイユを離れるのだな?」国王は眉間に皺を寄せた。

「パリにいらっしゃるのです」

「では国民に伝えてくれ。王妃と余と子供たちは一時にはパリに発つ」

 次に王妃に声をかけた。

「部屋に寄って支度を始めてくれ」

 この言葉を聞いて、どうやらシャルニーは忘れていた重要な出来事でも思い出したようだった。

 シャルニーが駆け出して王妃を追い抜いた。

「わたしの部屋に行ってどうするのですか?」王妃の言葉は辛辣だった。「何の用もないでしょう?」

「そうであって欲しいものです」シャルニー伯爵が答えた。「ですがご心配は無用です。本当に用がなければ、陛下のご不興をこうむるほど長くはお邪魔いたしません」

 シャルニーの後ろを歩く王妃は、床を汚している血の痕を目にして目を閉じた。手探りしてシャルニーの腕をつかむと、そのまましばらく目を閉じたままで歩いた。

 ふと、シャルニーの全身が震えていることに気づいた。

「どうしたのですか?」王妃は再び目を開けた。

 それから気づいた。

「死んでいる! 人が死んでいます」

「腕を放していただけますか。お部屋まで捜しに来たものが見つかりました。この死体は弟のジョルジュです」

 それは確かに王妃のために命を賭せと兄から命じられたあの若者の死体だった。

 命令に忠実に従ったのだ。


 
 第55章おわり 第56章につづく。

『アンジュ・ピトゥ』55-5

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 ラファイエットは微笑み、恭しく、そして老境に至っても失うことのなかった優雅な身ごなしで、子供二人を母親から引き離し、バルコニーに向かわせた。

 それから王妃に手を差し出した。

「どうか私を信用して下さい。すべて保証いたします」

 そして王妃をバルコニーまで連れ出した。

 目も眩むほどの恐ろしい光景だった。大理石の中庭が人間の海に変わり、唸りをあげる波となっていた。

 王妃の姿を目にした群衆から巨大な叫び声があがった。憎悪とも歓喜ともつかない叫びだった。

 だがラファイエットが王妃の手に口づけをすると、歓声があがった。

 要するに気高いフランス国民の血管の中には、どんな庶民にも騎士の血が流れているということだ。

 王妃は一つ息をついた。

「おかしな人たちだこと!」

 それから不意に身体を震わせた。

「わたしの衛兵たちは――わたしの命を救ってくれた衛兵たちは、あの者たちに何も出来ないのですか?」

「一人お貸し下さい」ラファイエットが答えた。

「シャルニー殿!」王妃が名前を呼んだ。

 だがシャルニー伯爵は動かなかった。用件が何であるのかわかっていたからだ。

 シャルニーには十月一日の晩のことを謝罪するつもりはなかった。

 悪くはないのだから、許される必要もない。

 アンドレも同じことを感じていたので、シャルニーを引き留めようと手を伸ばした。

 アンドレの手とシャルニーの手がぶつかり、握り合わされた。

 それを目撃してしまった王妃は、その一瞬で幾つものことを悟らねばならなかった。

 王妃の目は燃え上がり、胸は波打ち、声は割れていた。

『アンジュ・ピトゥ』55-4

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「扉を開けよ」国王が命じた。

 護衛隊が大急ぎでバリケードの残骸を蹴散らした。

 そのうちにラファイエットの声が聞こえて来た。

「パリの国民衛兵の諸君、昨夜ゆうべ私は国王に約束した。陛下のものにはいっさい如何なる害も与えないと。諸君が衛兵を見殺しにしておくなら、私は口だけの男、諸君を率いるには相応しくない男になってしまう」

 扉が開いて目に入ったのはラファイエット将軍とジルベール二人の姿だった。左にはビヨが、国王救出に一役買えたことに喜びを漲らせて立っていた。

 ラファイエットを起こして来たのはビヨであったのだ。

 ラファイエット、ジルベール、ビヨの後ろには、サン=フィリップ=デュ=ルール(Saint-Philippe-du-Roule)の中央部隊を率いていたゴンドラン大尉(capitaine Gondran)が立っていた。

 マダム・アデライードが真っ先にラファイエットの前に飛び出し、恐怖を隠すことなく首っ玉にしがみついた。

「あなたが助けてくれたのですね!」

 ラファイエットは恭しく牛眼の間の敷居を越えようとしたが、将校に止められた。

「失礼ですが大入室権(vos grandes entrées)はお持ちですか?」

「ないのであれば」国王がラファイエットに手を差し出した。「授けようではないか」

「国王万歳! 王妃万歳!」ビヨが雄叫びをあげた。

 国王が振り返って微笑んだ。

「この声には聞き覚えがあるな」

「仰る通りですよ。パリにいらした時に聞いたんです。ヴェルサイユに戻らずにパリにずっといらっしゃればよかったのに」ビヨが国王に答えた。

 王妃が眉をひそめた。

「そうですね。何せパリの者たちは親切ですもの」

「そうかね?」国王はラファイエットにたずねた。「そなたならどう思う? 何をすべきかね?」という意味であった。

「恐れながら、バルコニーにお姿を見せることが最善の行動かと存じます」ラファイエットは恭しく答えた。

 国王は目だけでジルベールに問いかけた。

 国王は真っ直ぐ窓に向かい、躊躇せず窓を開いてバルコニーに姿を見せた。

 大きな声が一斉に響き渡った。

「国王万歳!」

 それに続いてまた別の声があがった。

「国王をパリに!」

 その二つの声に紛れて、大きく叫ぶ声がそこかしこから聞こえて来た。

「王妃! 王妃!」

 その声を聞いて震えぬ者はいなかった。国王も青ざめ、シャルニーも青ざめ、ジルベールも青ざめた。

 王妃が顔を上げた。

 王妃の顔も青ざめていた。口唇を結び、眉をひそめて、窓辺に立ち尽くしていた。マリー=テレーズ王女(Madame Royale)に身体を預けられ、王太子の金髪の上で大理石のような白い手を強張らせていた。

「王妃を! 王妃を!」声はますます大きくなった。

「みんなあなたのお姿を目にしたがっています」ラファイエットが言った。

「行ってはなりません、母上」マリー=テレーズ王女が泣きながら王妃の首にかじりついた。

 王妃はラファイエットを見つめた。

「恐れることはありません」ラファイエットが答えた。

「どうしろと? 一人でですか?」

『アンジュ・ピトゥ』55-3

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 侵入者たちは扉を壊し続けていた。斧が穿ち鉄梃が突き刺さるたびに木っ端が舞った。

 開いた穴の向こうに、赤く染まった槍の先や血にまみれた銃剣の切っ先がよぎり、死を放った。

 同時に銃弾が立て続けにバリケードの上の鴨居に穴を穿ち、金張りされた天井の漆喰に跡を残した。

 遂に長椅子が戸棚の上から崩れ落ちた。戸棚も壊れ、戸棚に隠れていた扉の羽目板が深淵のようにぱっくりと口を開いた。扉の穴からは銃剣や槍ではなく血塗れの腕が見えた。穴を広げようと休みなく蠢いている。

 衛兵が最後の一発まで撃ち尽くすと、その甲斐あって、大きく開いた穴から見える回廊の床に、怪我人や死人が散らばっていた。

 とうとう穴から死が入り込んで来たと信じた女たちが声をあげ、それを聞きつけた国王が戻って来た。

「陛下」シャルニー伯爵が声をかけた。「王妃とご一緒にここから一番離れた部屋にいらっしゃって、すべての扉を閉ざして下さい。扉の後ろには二人ずつ配置いたします。最後の一人になるまでしのぎ、扉の最後の一枚まで守り抜きます。ここの扉が打ち破られるのに四十分はかかったことから考えるに、二時間はこらえてみせましょう」

 国王は躊躇いを見せた。部屋から部屋へと逃げ惑い、幾重の壁の陰に立て籠るのはみっともないと考えていたのだろう。

 王妃がいなければ一歩も引かなかっただろう。

 子供がいなければ、王妃も国王のように断固として動じなかっただろう。

 だが悲しいかな人間というものは、王族であれ家臣であれ、心の中に見えない出入口を持っていて、そこから勇気を逃し恐怖を招じ入れてしまうものなのだ。

 だから国王はもっとも離れた部屋に退却するよう命令を出そうとした。不意に腕が引っ込み、槍や銃剣が見えなくなり、怒声が消えた。

 口を開け、耳をそばだたせ、息を呑むと、一瞬の沈黙が生じた。

 やがて規則的に調べを刻む足音が聞こえた。

「国民衛兵だ!」シャルニー伯爵が声をあげた。

「シャルニーさん! シャルニーさん!」と呼ぶ声が聞こえた。

 声と共によく知ったビヨの顔が穴から現れた。

「ビヨ! 君なのか?」

「ええ、あたしですよ。国王と王妃は何処です?」

「そこだよ」

「無事ですかい?」

「無事だとも」

「ありがたや! ジルベールさん! こっちです!」

 ジルベールという名を聞いて、二つの心臓がそれぞれ別の形でおののいた。

 王妃の心臓と、アンドレの心臓だ。

 シャルニー伯爵が思わず振り返って見ると、アンドレと王妃の顔がその名前に反応して真っ青になっていた。

 シャルニーはかぶりを振って溜息をついた。

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH