翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 34-3

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「気が違ったと思ってらっしゃるんですね」王妃の声には苛立ちが滲んでいた。「パリにいらっしゃる。いいでしょう。でもパリが底なしの深淵ではないと誰に断言できるのですか? この目で見てはいなくてもそのくらいわかります。あなたの周りで騒動が起こるのは確実だというのに、どうして殺されないと思うのですか? 流れ弾が何処かから飛んで来るかもしれないのに? 十万もの拳が怒りに燃えて突き出されている中で、そのどれかからナイフが突き出されるかもしれないというのに?」

「その点については恐れる必要はない。あの者らは余を愛しておるのだから!」

「そんなことは仰らないで下さい、惨めではありませんか。あなたを愛しているから、あなたの代理たる者たちの命を奪い、喉を掻き切り、皆殺しにしたと言うのですか。神の似姿たる国王を! 国王の代理人たるバスチーユの司令官を! 大げさ過ぎると責められるつもりはありません。勇敢で忠実だったローネーの命を奪った以上は、あなたの命を奪ってもおかしくはありませんし、捕まったのがローネーではなくあなただったなら、ことはさらに容易です。みんなあなたのお顔はご存じなのですし、あなたが身を守ったりせずに身柄を明け渡すはずだということもわかっているのですから」

「つまりどういうことだね?」

「結論は申し上げたつもりです」

「余は殺されると?」

「はい」

「それで?」

「それから子供たちです!」

 ジルベールは口を挟む頃合いだと感じ取った。

「ご安心下さい、パリの者たちは国王に敬いを示すでしょうし、熱狂に沸き返ることでしょう。一つ心配があるとすれば、それは国王のことではなく、神像を戴せた山車に轢かれようと身を投げるヒンズー僧のように馬に踏みつぶされかねない狂信者のことです」

「おやめなさい!」マリ=アントワネットが叫んだ。

「パリへの道は勝利の道です」ジルベールが答えた。

「陛下は反論なさいませんのね」

「つまり先生に同意するということだ」

「その勝利を味わいたくてじりじりしてらっしゃるのですか!」

「それももっともではありませんか。じりじりしていらっしゃるのは、人や物事に対する陛下の判断力が正しいものだということの証明になります。早ければ早いほど、勝利は大きなものになるのです」ジルベールはなおも言った。

「うむ、そう思うかね?」

「確信しております。ぐずぐずしていては、国王が自らの意思でおこなうことの利点がすべて失われてしまいます。考えてもみていただけますか、他人に指揮権を握られるかもしれないのですよ。パリ市民の目の前で陛下のお立場を変えようと要求する人間、言い換えるなら陛下を命令に従わせようとする人間に、主導権を握られるかもしれないのです」

「おわかりいただけましたか? 先生が認めました。あなたが人から命令される日が来ると。陛下、おわかりですか?」

「既に命令された、とは先生は言っていない」

「今は堪えて下さい。時間を無駄にしていては、要求だろうと命令だろうと実行される時が来るのです」

 ジルベールは口唇をわずかに引き攣らせ、不満を表した。顔に浮かんだのは一瞬だったが、王妃は見逃さなかった。

「何を言っていたのかしら? ちょっとおかしくなっていたようです。思ってもいないことを話してしまいました」

「何の話だね?」国王がたずねた。

「遅れが出れば、主導権が失われるそうですが、わたしはその遅れを要求いたします」

「何でもお願いして下さって構いませんし、何でも要求して下さって構いません。けれどそれだけはおやめ下さい!」

「アントワネット」国王が首を振った。「そなたは余を破滅させると明言したのだぞ」

「陛下」王妃の言葉に宿る非難の響きから、心の苦悶が滲み出ていた。「どうしてそのようなことを仰るのですか!」

「どうしてパリ行きを遅らせようとするのだ?」

「どうかお考え下さい。こうしたことは時機がすべてなのです。こうしている間にも過ぎてゆく時間が、どれほどの重みを持つかお考え下さい。その瞬間が近づくのを、人々が怒りに燃えながら指折り数えて待っているのですよ」

スポンサーサイト

『アンジュ・ピトゥ』 34-2

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「アントワネット、ただの市民になればそのような口を利かずとも良いのだぞ」

「わたしは市民などではありません」

「だからこそそなたを許すのだ。だがそなたに同意するという意味ではない。そうではない。諦め給え。我々は苦難の時にフランスの玉座に着いてしまったのだ。我々には革命と呼ばれる大鎌の戦車を前方に押し出す力が必要なのに、その力が欠けているのだ」

「冗談ではありません! その戦車が通るのは子供たちの上ではありませんか」

「わかっておる。だがそれでも押さねばならぬのだ」

「押し返せば良いのです」

「いけません」ジルベールが重苦しい声を出した。「押し返せば、潰されるのはあなたです」

「これだけは言っておきます」王妃は我慢強く続けた。「はっきり口に出すのも度が過ぎているのではありませんか」

「では口を閉じましょう」

「お願いだから言わせてやってくれ」国王が言った。「今そなたが聞いたことを、この一週間というものどの新聞も書き立てているのだ。先生がそれを新聞で読んだのでないとしたら、読まぬようにした、ということだ。事実を棘でくるまなかっただけでもありがたいと思ってくれぬか」

 マリ=アントワネットは口を閉じてから、げっそりした様子で溜息をついた。

「結論を申し上げますが、いえ、繰り返しになりますが、あなたの意思でパリに行くということは、起こったことすべてを容認するということですよ」

「その通りだ。わかっておる」

「譲歩するということは、あなたを守る準備をしていた軍隊を裏切ることになるのですよ」

「フランス人の血を流さずに済むということだ」

「これからは暴動や暴力沙汰を起こせば、謀反人や煽動者の望むような方針を、国王の意思に刻み込むことが出来ると、公言するようなものです」

「余の言葉に納得したことをすぐに認めてくれると信じておるぞ」

「すぐに認めますとも。今まではヴェールの隅は上げられていたのに、仰る通りまた閉ざされてしまいました。教育や伝統や歴史によって身に染み込まされた華やかさを、心の中で眺めている方がましです。侮辱や憎しみをぶつけて来る国民にとって出来の悪い母でいるよりも、いつまでも王妃でい続けている自分を見ている方がましです」

「アントワネット!」ルイ十六世は、王妃の頬から見る見るうちに血の気が引いてゆくのを見て、ぎょっとして声をあげた。激情の発作が起こる前触れだった。

「誤解なさらないで下さい。お話しいたしますから」

「昂奮するでないぞ」

 国王は王妃に、目顔で医師の存在を知らせた。

「この人ならわたしの言うつもりのことなどすべてお見通しです……考えていることさえお見通しですから」ジルベールとの間に起こったことを、苦々しく思い出して言った。「どうしてわたしが我慢しなくてはならないのですか? 第一、この人を相談役に選んだのはわたしたちなのですから、何を恐れなくてはならないというのですか! ドイツ民謡に謡われている不幸な王子のように、あなたが運び去られ連れ去られているのは、わたしにもわかります……何処に向かってらっしゃるんですか?……わたしには何もわかりません。けれどあなたは離れてゆき、決して戻ってはいらっしゃらないんです!」

「それは違う。ただパリに行くだけだ」

 マリ=アントワネットは肩をすくめた。

『アンジュ・ピトゥ』 34-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第三十四章 決断

 初めて王妃は深く心を動かされたように見えた。それは理屈に打たれたのが原因だったろうか、医師のへりくだった態度が原因だったろうか?

 もっとも、国王は心を決めた様子で立ち上がっていた。実行しようと考えていたのだ。

 だが国王はいつも、何をするにも王妃の意見を聞くようにしていた。

「そなたは賛成かね……?」

「そうせざるを得ません」

「自己犠牲を望んでおるわけではない」国王は辛抱強く訴えた。

「では何をお望みなのです?」

「余の確信を後押しして欲しいのだ」

「確信ですか?」

「うむ」

「そういうことでしたら、確信しております」

「何を?」

「君主制というものが、この世でもっとも嘆かわしく落ちぶれた国家に変わってしまう瞬間が来てしまったことを」

「それは言い過ぎだ。嘆かわしいとは思うが、落ちぶれることなど絶対にない」

「歴代の国王が負の遺産を残していらっしゃったのです」マリ=アントワネットが沈痛な

「その通りだ。その遺産の痛みをそなたと分かち合わねばなるまい」

「失礼ですが」ジルベールが口を挟んだ。失墜した君主たちの悲運に心の底から同情を示していた。「陛下が仰ったようなひどい未来を目にすることはないと考えております。専制君主制が終わり、立憲帝国が始まるのです」

「そうなのか? フランスにそのような帝国を築くために余は必要な人間なのか?」

「そうでない理由などありませんもの」王妃はジルベールの言葉に幾らか勇気づけられた。

「王妃。余には良識も学識もある。濁ったまま見ようとはせずはっきりと見えておるし、この国を治めるのに知る必要のないことまですべて正確に知っている。不可侵な絶対君主の高みから突き落とされ、大っぴらにただの人間として扱われる日から、フランスを統治するためだけに必要だった紛い物の力をすべて失うのだ。はっきりと言えば、ルイ十三世もルイ十四世もルイ十五世もその紛い物の力のおかげで完璧な統治を維持していたのだからな。今のフランスに必要なものは何だ? 指導者だ。余は父であることしか出来ぬ。革命に必要なものは何だ? 剣だ。余にはふるう力もない」

「剣をふるう力もないと仰るのですか! ご自分の子どもから財産を奪う者たちに、剣をふるう力もないと? 陛下の頭に戴いたフランス王冠の宝石を次から次へと打ち壊そうとする者たちに、何をすることも出来ないと言うのですか?」

「何と答えれば満足なのだね?」ルイ十六世は落ち着いて答えた。「否定すれば良いのか? 余の人生をかき回している嵐を、そなたのところでまた巻き起こせば良いのか? 憎むことが出来るのは、そなたにとっては良いことだな。そなたは不当な人間にもなれる。責めはせぬよ。支配者なら幾らでも持っている特質だからな」

「もしかして、革命に対する態度が不当だと仰っているのですか?」

「もちろんだ」

「もちろんですって? もちろんと仰ったのですか!」

『アンジュ・ピトゥ』 33-5

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「遠ざけられたことでますます募る憎しみからも、その時が来れば勇気に変わる無鉄砲からも、結果の見えない戦いの混乱からも、国王やあなたは遠のいておいて欲しいのです。あなたの暴力のせいで増えてしまったに違いないその大群を、あなたなら優しさを用いて消し去ることが出来るのです。人々は国王の許に押しかけようとしています。それを阻止して、国王が人々のところにいらっしゃればよいのです。今日は軍隊に囲まれていらっしゃっても、明日には国王の勇気と政治手腕を明らかにしていただきたいのです。問題の二万人には国王を征することが出来るでしょう。国王にただその二万人を征しに行っていただきたいのです。その二万人とは国民なのですから」

 国王が思わず同意の仕種をしたことを、マリ=アントワネットは見逃さなかった。

「馬鹿なことを!」王妃はジルベールに向かって言った。「あなたが仰るような状況の中で国王をパリに行かせるということの意味がわからないのですか?」

「どういうことでしょうか」

「『同意した』という意味になるのですよ。『スイス人衛兵を殺してくれて良かった』という意味になるのです。『士官たちを虐殺し、首都を砲火と血にまみれしてくれて良かった。余を玉座から蹴落としてくれて良かった。ありがとう、諸君!』という意味になるのです!」

 マリ=アントワネットの口に見下したような笑みがよぎった。

「そうではありません。お間違えです」

「何を……!」

「意味するところは、『正義は国民の苦しみの中にあった。余は許しを与えに来た。余がおさであり王であるし、余がフランス革命のかしらである。かつてアンリ三世がカトリック同盟の頭であったように。そなたたちの将は余の将校であり、国民衛兵は余の兵士であり、そなたたち組織の役員は余の官僚である。余を押しのけるのではなく、ついて来られるところまで余について来れば良い。余の足取りの大きさを見れば、余がフランスの国王であり、シャルルマーニュの後継者であることが今一度理解できるだろう』ということです」

「その通りだ」国王が悲しげに呟いた。

「お願いです! この男の言うことを聞いてはなりません。この男は敵です!」王妃が声をあげた。

「私の話をどう思ったかは、国王陛下ご自身がお話し下さるでしょう」ジルベールが言った。

「余が思うに、今までのところ恐れることなく真実を口にしたのはそなた一人しかおらぬ」

「真実?」王妃が叫んだ。「その真実とやらを仰ってみるがいい」

「かしこまりました」ジルベールが応えた。「今この瞬間の真実とは、王位と王権が奈落に転がることを防ぐことが出来る、ただ一つの松明なのです」

 ジルベールはそう言うと、マリ=アントワネットの膝に届くほどへりくだったお辞儀をした。

 
 第33章終わり。第34章につづく。

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 11 | 2015/12 | 01
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH