FC2ブログ
翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』64-3

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 セバスチャンはフォルチエ神父が二日前から誰彼構わずにピトゥのことを話していたのを知っていたので、遠からず勃発するに違いない言い争いには居合わせぬが吉だと考え、そっと退出した。

 ピトゥはセバスチャンが立ち去るのを見て心を痛めた。強固な同盟関係ではなかったにしろ、同じ党派の子供だった。

 だからセバスチャンが戸口から姿を消すと、ピトゥは溜息をついて神父に向き直った。

「先生、なぜ革命家だなんて呼ぶんですか? 革命のきっかけがボクだとでも?」

「革命を起こした者たちと一緒にいたではないか」

「先生」ピトゥは「どんな考えを持つかはその人の自由です」

「そうだが?」

意思ト理性ヲ司ルハ人ナリEst penes hominem arbitrium et ratio

「ほう、ラテン語がわかるのか?」

「先生に教わったことはわかります」ピトゥは控えめに答えた。

「そうだな、語形間違いに改められ、歪められ、悪化させられ、彩られていたが」【Est penes hominem arbitrium et ratio. est(~である:三人称単数現在)、penes(~に支配されて/~で/~に関して:前置詞[対格と共に用いる])、hominem(人:単数対格[~を]) arbitrium(思惑:単数主格)、et(と)、ratio(理性:単数主格)。「意思と理性は人の支配下にある」。単数形「est」となっているが正しくは複数形「sunt」か。】

「でも先生、誰にだって間違いはあるじゃありませんか」

「何だと?」神父は目に見えて傷ついた顔をした。どうやらピトゥは拡大解釈しようとしているらしい。「この私も語形間違いをすると考えているのか?」

「先生よりもラテン語に明るい人から見たらそうだと思います」

「それがどういうことかわからぬか?」怒りのあまり神父の顔から血の気が引いたが、理性という確かな力のおかげで落ち着きは失わずにいた。

 フォルチエ神父はうんざりしたように説いた。

「一言で言うと、ならず者の論理というやつだ。誰のために暴れているのか、自分でもわかっておらぬ。見も知らぬ誰かのためだ。いいかね落ちこぼれ殿、正直に言い給え。私よりもラテン語に明るい人間を誰か知っておるのか?」

「知りません。でもいるかもしれない。ボクが知らないだけで――ボクは何にも知りませんから」

「それにはクソほど同意する」

 ピトゥが十字を切った。

「何の真似だ?」

「先生が悪態をついたので十字を切ったのです」

「ほう、私を指弾するために此処に来たのか?」

「指弾するですって!」

「ほらわからぬだろう」

「そんなことはありません。先生のおかげで語根もわかります。『指弾するtympaniser』とは、ラテン語で『太鼓tambour』を意味する『tympanum』、ギリシア語の『tympanon』、即ち『太鼓』『撥』『鐘』由来です」

 神父は呆気に取られて何も言えずにいた。

「語根は『typos』、即ち『印』『痕跡』。ランスローが『ギリシア語根の庭(Jardin des Racines grecques)』で書いているところによれば、『typos:残された形』。この語を遡れば明らかに『tupto』即ち『叩く』にたどり着きます。以上です」

「たいしたものだ」神父はいよいよ仰天した。「まだいろいろ知ってそうだな。知らないことまで知ってそうだ」

「はあ」ピトゥはうわべだけ謙遜してみせた。

スポンサーサイト

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 06 | 2018/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (5)
  • 2018年08月 (4)
  • 2018年07月 (5)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年04月 (4)
  • 2018年03月 (5)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH