翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

「ジョゼフ・バルサモ」012-1「日中」 アレクサンドル・デュマ

第十二章 日中

 旅人は早起きをして馬車に向かい、アルトタスの無事を確かめに行っていた。

 城館中が寝静まっていたが、ジルベールだけはles barreaux d'une chambreの影で入口に潜み、興味に駆られてバルサモの振舞を追い、足取りをたどっていた。

 だがバルサモはアルトタスのいる小部屋の扉を閉めて立ち去ってしまい、ジルベールが並木道に足を踏み入れる頃には随分と遠くまで行っていた。

 事実、バルサモは木叢の方に戻りながら、陰鬱だと思っていた風景も日の下で見ればこうも変わるのかと驚いていた。

 白と赤の、つまり石と煉瓦造りの小塔は、無花果シカモア金鎖キングサリの茂みに覆われ、むせかえるばかりの房が屋根にしなだれ王冠のように別棟に絡みついている。

 花壇の手前には、こんもりと芝生に縁取られ接骨木ニワトコの垣で囲われた三十パッススの泉水があり、並木道に聳える西洋栃マロニエ山鳴ヤマナラシに虐げられた花に、心地よい安らぎを与えていた。

 両別棟の脇から延びたその先では、鬱蒼とした林を根城にする鳥たちが朝の演奏会を催すのが聞こえ、話を戻せば別棟の脇からは楓や篠懸プラタナスや菩提樹の広い並木道が延びている。バルサモが左に進むと、やがて二十パッススほど先に薔薇や梅花空木バイカウツギの茂みがあり、前夜の暴風雨で濡れた草花が香しい匂いを放っていた。水蝋樹イボタノキの生垣の下からは忍冬スイカズラ耶悉茗ジャスミンが顔を出し、アイリスに混じって苺も見える長い並木道が、花をつけた木苺や西洋山査子で混み合う茂みの中へと消えていた。

 こうしてバルサモは領地の終わりにたどり着いた。そこには燧石造りの城の廃墟が、今も厳かに立っていた。巨大な石積みの中央だけを残して半分方は崩れていたが、植物文様のように這い回る木蔦や蔦の、即ち母なる自然が産み落としたこの野生の破壊児のおかげで、廃墟そのものにも生命が漲っていることがわかるのである。

 こうして見ると、この七、八アルパンに過ぎぬタヴェルネ領は、威厳にも気品にも欠けていた。邸は花や蔦や岩を思いついたように飾り立てた洞窟のようではあったが、剥き出しの外見には、夜を岩屋で過ごそうとする旅人を怯ませ追い返すだけの凄みがあった。

 一時間ばかり廃墟を彷徨ってから本邸の方へ戻ってみると、小柄な身体を花柄のインド更紗の部屋着に包んだ男爵が、階段脇の通用口から姿を現わし、庭を見回り薔薇を剪定したり蝸牛を除けたりしていた。

 バルサモはこれを見て急いで駆けつけた。

「おはようございます」男爵の窮状をこの目で確認しただけに、感謝の気持にも力が入る。「何と申しますか、ご主人がいらっしゃるまで勝手に出歩くのは控えるべきだったのでしょうが、窓の外を覗いた途端にタヴェルネの景色に打たれましてね。この素晴らしいお庭や堂々たる廃墟を是非この目で確かめずにはいられませんでした」

 男爵も丁寧な挨拶を返すと言った。「確かにあの廃墟は素晴らしいですからな。いやいやこの土地で素晴らしいものと言えばあれくらいですぞ」

「城館があるではないですか?」

「おお、確かにわしのもの、いやわしのご先祖様のものですがな。メゾン=ルージュと呼ばれとりまして、長いことタヴェルネの名と共に預かって来ました。男爵位はまさにメゾン=ルージュのものでしてな。じゃが過ぎた話はよしませんかな」

 バルサモは同意の印にうなずいた。

「わしとしては、お詫び申し上げたい。お話しした通り、我が家は貧しいのですわ」

「ご冗談を」

「ほんの犬小屋です。鼠が居着き始めたのも、事の起こりはほかの城から逃げ出した狐や蜥蜴や蛇ですわ。いやはや。あなたが魔術師か何かなら、杖の一振りでメゾン=ルージュの古城も元通り、城を取り巻く牧場や森の二千アルパンも忘れずにお願いしたいものですな。しかしご安心くだされ、そんなことは忘れましょう。何しろ文句も言わずにあのボロ寝台で眠って下さったのですから」

「とんでもない」

「ご謙遜無用。あの寝台がオンボロなのは百も承知。何せ伜のですからな」

「いいですか男爵殿。私にとってはあの通り素晴らしい寝台でした。お心遣いには感謝しておりますし、このお礼は心より尽くすつもりです」

 老人はからかうような笑みをたたえて切り返すのを忘れなかった。

「なるほど!」ラ・ブリが見事なザクセンの大皿に水の入った器を乗せて運んできたのを指して、「いい機会ですな。主がカナの婚礼で為された奇跡をわしにもやってもらいませんかな。この水をワインに、せめてブルゴーニュ、或いはシャンベルタンに変えていただきましょう。目下のところはそれが最大の贈り物ですぞ」

 バルサモが微笑んだのを見て、降参の笑みだと男爵は捉え、コップを取るとひと息に飲み干した。

「結構ですな。水より優れたものはない。なにせ神の御心を被造物のもとに運んだのは水なのですから。何ものも邪魔立ては出来ません。石を穿ち、恐らくはダイヤをも溶かすとわかる日も遠くはないでしょう」

「ほほう! わしもそのうち溶かされるでしょうかな。乾杯といきましょう。水さえあればわしのワインも一流級ですな。ほら、まだ残っておりますぞ。そこがマラスキーノとは違いますな」

「私にも一つ水をいただけたなら、お役に立てるかと思いますが」

「是非ともお聞きしたい。まだお時間はありますな?」

「もちろんですよ。真水を持ってくるようお願いしてもらえますか」

「ラ・ブリ、聞こえたな?」

 いつも通りにラ・ブリが立ち去った。

「ふむ。はてさて、あなたが毎朝お飲みになる水には、わしの知らぬ特性なり秘密なりが隠されておるのですかな? 散文言葉のジュールダン氏のように、何も知らぬままン十年と錬金術にはげむべきでしたかな?」

「あなたのことは存じませぬが」とバルサモは重々しく答えた。「自分の修めたもののことなら心得ております」

 と答えておいて、疾風の如く務めを果たしたラ・ブリに向き直った。

「すまんな」

 コップを手に取り目の高さまで持ち上げて太陽にかざすと、光に照らされ真珠が浮かび、まばゆいばかりに紫やダイヤの縞が走った。

「水の入ったコップとは、こんなに美しいのですな? ふうむ!」

「無論です。とりわけ今日は美しい」

 こう言うとバルサモの顔つきがぐっと変わった。我知らず男爵は目で追っていたし、ラ・ブリはといえば驚きのあまり皿を差し出したままである。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH