翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

「ジョゼフ・バルサモ」12-2 日中 アレクサンドル・デュマ

「何が見えますかな?」男爵はなおもからかうようにたずねた。「率直に申し上げて、もう待ちきれませんぞ。遺産はどこに? わしのささやかな財産を立て直すための、新たなメゾン=ルージュはどこですかな?」

「お告げが見えましたよ。何者かがあなたを捕まえるから、そう伝えてほしいそうです」

「何と! わしは襲われるということですかな?」

「そうじゃない。朝のうちに訪問客が来るのです」

「つまり、わしの家で待ち合わせをしていましたか。そいつはまずい。非常にまずい。お忘れですかな、もうヤマウズラはありませんぞ」

「真面目な話を申し上げているんです。それにとても重大なことだ。今朝、タヴェルネに発った者がいます」

「いったいどうした気の迷いで、どんな人間がやって来ると? 是非お聞きしたい。白状しますが――あんな歓迎を受けたならお気づきでしょうが――客など煩わしい限りでしてな。詳しく聞かせてくれませぬか。無理なら仕方ないが」

「無理どころか、幾らでも詳しい話をお聞かせしましょう。ナニたいしたことではありません。朝飯前ですよ」

 バルサモはコップの中でうねる白い波に、探るように目を戻した。

「ほほう! 見えますかな?」

「曇りなく」

「だったら教えて、アンヌ姉さん、ですな【ペロー「青髭」より、青髭に捕まった若妻が兄弟の助けを待つあいだ、姉妹アンヌにたずねる場面「アンヌ、アンヌ姉さん、何か見えない?」のもじりだと思われる。】」

「いらっしゃるのは身分の高いお方ですな」

「ふうむ! まことですか! そのお方が、誰に招かれたでもなく、こんな所に?」

「ご自分の意思ですよ。案内しているのは息子さんです」

「フィリップが?」

「息子さんご自身で」

 ここで男爵は腹を抱えて冷やかすように笑い出した。

「これはこれは! 伜の案内で……そのお方は伜に案内されてくると言うのですか」

「その通り」

「すると伜をご存じでしたか」

「知りませんね」

「して、伜は今……?」

「一里弱といったところでしょう!」

「ここから?」

「ええ」

「よいですかな。倅はストラスブールに駐屯しとります。脱走の汚名でもかぶっているならともかく、そうでもない限り、誰一人連れて来ることなどできんのですわ」

「ですが人を連れて来るのは間違いない」バルサモはコップに目を凝らした。

「ではその御仁は男ですかな、女ですかな?」

「ご婦人ですよ。それも極めて高貴なご婦人です。おや! ご覧なさい、ちょっと変わったことがある」

「大事なことですか?」

「ええ、そうです」

「ではお聞かせ下さらんか」

「あの女中を何処かへやっておいた方がいい。あなたの言葉を借りれば、指に角を持つあばずれですか」

「何故そんなことを?」

「ニコル・ルゲの顔には、今からやって来るお方を思わせるところがあるからです」

「貴婦人と? 貴婦人とニコルが似ていると? 辻褄が合わぬことを仰る」

「いけませんか? クレオパトラによく似た奴隷を見たこともありますよ。その娘をローマに連れて行き、オクタヴィアヌスの勝利に利用しようという話もありました」

「ほほう! またそれですかな」

「では、私の話などではなく、お望みのことをなさるといい。おわかりでしょう。これは私とは無関係で、すべてあなたと関わりのある話なんですよ」

「だがニコルに似ているからといって、その方が気分を害されますかな?」

「あなたがフランス国王だとしましょう。そうでないことを祈るばかりですがね。あるいは王太子だとしますか。こちらはさらに御免こうむりたいが。さて、ある家を訪れたところ、召使いの中にあなたのご尊顔そっくりのまがいものを見つけたら、いい気分になりますか?」

「ふむ! なるほど、これは難問ですな。仰ったのはつまり……?」

「身分も高く地位もあるご婦人が、短いスカートを着て布きれを巻きつけたご自分の顔を目にした場合、いい気分にはならぬだろうということです」

「なるほど!」男爵は相変わらず笑みを浮かべたままだった。「その時が来たら考えましょう。だが何より嬉しいのは伜のことですぞ。フィリップめ、幸運とはこのように前触れなく訪れるのですな!」

 男爵の笑いが大きくなった。

「では――」バルサモの言葉は真剣だった。「予言には満足していただけましたか? それは何よりです。ですがあなたの代わりに……」

「わしの代わりに?」

「私が指示を出し、準備をした方が……」

「ほう?」

「ええ」

「ふむ、考えておきましょう」

「今お考えいただきたい」

「すると本気で仰っているのですかな?」

「これ以上に本気にはなれませんよ。何恥じることなく奇特な客人をおもてなししたいのなら、時間を無駄には出来ません」

 男爵は首を横に振った。

「お疑いだ、ということですか?」

「それはそうでしょうに。済まんがあなたの相手は筋金入りの疑り屋ですぞ……」

 こう言って男爵は娘の部屋の方を向き、この予言を聞かせようと声をかけた。

「アンドレ! アンドレ!」

 父の呼びかけに娘が何と答え、如何にしてバルサモの眼力によって窓に釘付けにされたかは、既に述べた通りである。

 やって来たニコルが驚いてラ・ブリを見ると、いろいろと合図を送って話を理解しようとしていた。

「信じろと言われてもどだい無理ですな。この目で見んことには……」

「ではお見せしなくてはなりませんな。あちらをご覧下さい」そう言って並木道の方に腕を伸ばすので、見ると向こうから騎手を乗せた馬が、足音を響かせまっしぐらに駆けてくる。

「何と! 確かにあそこに……」

「フィリップ様!」背伸びして目を凝らすニコルが声をあげた。

「若様!」ラ・ブリが喜びで声を鳴らした。

「お兄様だわ!」アンドレも窓から腕を差し出した。

「もしやあれはご子息では?」ずばりバルサモはたずねた。

「うむ、何とまあ! いや確かに伜ですわい」男爵は茫然と呟いた。

「手始めはこんなところです」

「まさか本当に魔術師なのですかな?」

 旅人の口唇に勝ち誇った笑みが浮かんだ。

 馬は見る見るうちに大きくなった。やがて流れる汗や、立ちのぼる蒸気、そして手前の並木を越えるのがはっきりと見え出した。走り続けているのは若い将校であった。中背で泥まみれ、駆けてきたせいで顔が上気している。ひらりと馬から飛び降りると、父をしっかと抱擁した。

「何と! いやまさか!」さしもの疑り者も気持が揺らいだらしい。「まさかこんなことが!」

 老人の顔に浮かんだ疑いの名残を見て、フィリップは。「そのまさかです。ぼくですよ! 本当にぼくなんです!」

「確かにお前じゃ。いやいやそれは間違いない! だがいったいどうしたんじゃ?」

「父上、我が家が大変な名誉に預かったのです」

 老人が顔を上げた。

「大変な方がタヴェルネをご訪問下さいます。一時間もしないうちに、オーストリア女大公にしてフランス王太子妃、マリ・アントワネット・ジョゼファ殿下がいらっしゃるのです」

 男爵は揶揄や皮肉を表わした時のように、今度は卑下する意味で力なく腕を広げ、バルサモを振り返った。

「これは申し訳ない」

「男爵殿」とバルサモは一揖した。「ここで私は失礼しましょう。久しぶりにご子息と会いなさったのですから、積もる話もあるでしょうしね」

 そうしてバルサモはアンドレに頭を下げた。兄の帰宅に喜び勇んで、急いで会いに駆け降りてきたのだ。バルサモはニコルとラ・ブリに合図をしてその場を離れたが、それは二人にも理解できたらしく、バルサモに続いて並木の下に姿を消した。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH