翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』15-1 「魔術」 アレクサンドル・デュマ

第十五章 魔術

 バルサモは恭しくお辞儀をした。だがすぐに知性と表情豊かな顔を上げ、無礼にはならぬよう王太子妃にじっと目を注ぎ、問いただされるのを静かに待っていた。

「そなたがタヴェルネ殿のお話ししていた方なのであれば」マリ=アントワネットが言った。「前へ。どのような魔法を使うのか見てみたい」

 バルサモが一歩前に進み、再び一拝した。

「予言に従事していたそうですね」王太子妃がバルサモを見る目つきには、恐らく思った以上の好奇心が浮かんでいた。妃はミルクを一口すすった。

「従事しているわけではございませんが、予言はいたしました」

「わたしたちを照らしているのは信仰の光ではありませんか。カトリックの神秘を措いて、ほかに神秘や謎の入り込む余地などありません」

「確かにそれは敬虔なものです」バルサモは黙祷を捧げた。「ですがこちらのロアン枢機卿が仰ったように、枢機卿たる者には、敬意を払うべき絶対的な謎や神秘など存在しないようですな」

 枢機卿は身震いした。誰にも名告ってはいないし、誰からも呼ばれてはいないのに、この男は名を知っていた!

 マリ=アントワネットはこれには気づかなかったらしく、話を続けた。

「では少なくとも、議論する余地のない絶対的なものだとはお認めになりますのね」

「殿下」バルサモの口調からは敬意こそ失われていなかったが、有無を言わせぬところもあった。「そのうえ信仰には不確かなものなどございません」

「曖昧な言い回しですね、魔術師殿。わたしの心はもうすっかりフランス人ですが、頭はまだ追いついていません。ですから言葉のニュアンスがよくわからないのです。確かにそのうちド・ビエーヴル殿が教えて下さるとは聞きました。でもそれまでは、お話ししたいことがわたしにもわかるように、出来るだけ易しい言葉を使って下さるようお願いしないといけませんの」

「失礼ですが」バルサモはぞっとするような笑みを浮かべ首を振った。「曖昧であることをお許し願いたい。妃殿下に未来をお知らせするのは心苦しくてなりません。何分、お望みの未来とは違っておりましょうから」

「聞き捨てなりませんね! 未来を占って欲しいと頼んでもらいたくて、そんな思わせぶりを言うのですか」

「むしろ神はそのようなことをお許しになりません」バルサモは冷やかに答えた。

「勿論ですとも」王太子妃は笑って答えた。「だから困るというわけですの?」

 だが王太子妃の笑いに廷臣たちの笑いがこだますることはなかった。目下注目の的である怪人の威力に誰もが当てられていたのだ。

「さあ、正直に仰いな」王太子妃が言った。

 バルサモは無言のまま一礼した。

「でもわたしの来ることをタヴェルネ殿に予言したのはそなたなのでしょう?」マリ=アントワネットの仕種には苛立ちが見えていた。

「仰る通りでございます」

「具体的には、男爵?」他人の意見を聞きたくて堪らなくなったのだろう。奇妙な会話を始めたのをどうやら悔やんではいたものの、打ち切る気もなかった。

「それが殿下、驚くほど簡単でして、水の入ったコップを覗き込んだだけでございました」

「本当ですか?」再びバルサモにたずねた。

「確かです」

「魔術書をそんなところに? それでは罪にはなりませんね。はっきり答えることも出来るんじゃありませんの!」

 枢機卿が微笑んだ。

 男爵が一歩前に出た。

「妃殿下にはビエーヴル殿から学ぶことなど一切ございませんぞ」

「まあ! おからかいになって。いっそもっと言って下さらない? 気の利かないことを言ったつもりだったのに。バルサモ殿の話に戻りましょう」

 マリ=アントワネットは、抗い難い力に引きつけられるように、意に反してバルサモの方を向いた。ちょうど我々が不幸の現場に引きつけられるのに似ていた。

「コップの中に男爵の未来を見ることが出来るのなら、デカンタの中にわたしの未来を読み取ることは出来ませんの?」

「造作のないことでございます」

「では何故先ほどは拒んだのです?」

「未来とは不確かなもの。しかも見えたのが雲のようなものとあらば……」

 バルサモは言いよどんだ。

「どうしました?」

「さよう! 以前に申し上げたように、妃殿下のお心を痛ませるのには耐えられませぬ」

「以前に会ったことがありましたか? 何処でお会いしたのでしょう?」

「お会いした時節には妃殿下はまだ幼く、故国のご尊母のお側にいらっしゃいました」

「母に会ったと?」

「輝かしく勇ましい女王様でございましたな」

「皇帝、です」

「女王と申したのは私の気持と見解によるもの、ですが……」

「母の地位を当てこするおつもりですか!」王太子妃の眉が上がった。

「どんなに優れた心にも弱点はございます。とりわけ子どもの幸せに関わることとあっては」

「マリア=テレジアにはたった一つの弱点もないことは、歴史が教えてくれるでしょう」

「マリア=テレジア皇帝陛下と妃殿下と私しか知らぬことは、歴史も知る術がないでしょう」

「わたしたち三人だけの秘密があると?」王太子妃は冷やかにたずねた。

「さよう、私たち三人の」バルサモは飽くまで穏やかだった。

「秘密とは?」

「口にしてしまっては、もはや秘密ではありません」

「構いません。いいから仰いなさい」

「妃殿下がお望みなのですな?」

「その通りです」

 バルサモは一礼した。

「シェーンブルン宮殿には、磁器の間と呼ばれる、高価な陶磁器を収める部屋がございました」

「ええ」

「そこはマリア=テレジア陛下が私室としてお使いでした」

「ええ」

「内密の手紙を書くのは決まってその部屋でしたな」

「ええ」

「撞球の間、ルイ十五世陛下がフランツ一世陛下に賜った部屋の上でした」

「ここまでの話に間違いはありません。でもみんなそのくらいは知っておりません?」

「お気が早い。ある日の朝七時頃、陛下はまだお寝みになっていらっしゃいましたが、妃殿下は殿下専用の扉から部屋にお入りになりました。何せ皇帝陛下は、妃殿下が大のお気に入りでございましたから」

「それで?」

「妃殿下は机に向かわれました。思い出していただきたいのですが、これが五年前のことでございます」

「続けなさい」

「妃殿下が机に向かわれますと、陛下が前夜書いたばかりの手紙が広げてあったのです」

「そうですか?」

「そうでした! 妃殿下は手紙をお読みになりました」

 王太子妃の顔がわずかに赤く染まった。

「お読みになって、どこか気になる表現があったのでしょう、ペンを取ってお手ずから……」

 王太子妃はやきもきしていた。バルサモが続けた。

「三語に線を引きました」

「その三語とは?」王太子妃がすかさずたずねた。

「手紙の冒頭でございましたな」

「文字のあった場所を聞いているのではありません。単語の意味を聞いているのです」

「はて、受取人に対する親愛の情と言えるでしょうか。これが先ほど申し上げた弱点。少なくともある状況下ではご尊母も非難を免れますまい」

「その三語を覚えているのですか?」

「覚えております」

「繰り返せますか?」

「一語も違わず」

「では繰り返しなさい」

「口に出せと?」

「そうです」

親愛なる貴女マ・シェル・アミ

 マリ=アントワネットは青ざめて唇を噛んだ。

「受取人の名前も口にした方が?」

「なりません。紙に書きなさい」

 バルサモは懐から金の留め金のついた手帳を取り出し、金飾り付きの鉛筆で文字を書きつけ破り取ると、一揖して王太子妃に差し出した。

 マリ=アントワネットは紙片を受取りそれを読んだ。

 手紙の宛先はルイ十五世の愛妾、ポンパドゥール侯爵夫人

 王太子妃は顔を上げた。癖のない言葉、端正な人を引きつける声、へりくだって挨拶をしながらも人を見下したようなこの男に、あっけに取られていた。

「すべて間違いありません。どうやって突き止めたのか見当も付きませんが、包み隠さず繰り返しましょう。間違いありません」

「では。退がっても構いませんな。種も仕掛けもないことはおわかりいただけたかと存じます」

「なりません」気を悪くして王太子妃は答えた。「知れば知るほど予言の内容が気になります。そなたが話してくれたのは過去のことばかり。わたしの知りたいのは未来ですの」

 熱に浮かされたように言葉を口にしながら、周りの人間には聞かれぬように儚い努力をしていた。

「お安い御用。ですが今一度お考えを。お許し下さい」

「二度とは繰り返しません。わたしの望みでありそなたの為すべきことは、既に一度伝えました」

「せめてお伺いを立ててはなりませんか」頼み込むような口調だった。「預言を妃殿下にお伝えしてもよいものやら」

「瑞兆でも凶兆でもよいから聞かせてはもらえませんの?」マリ=アントワネットの声には苛立ちが増していた。「瑞兆なら信じません。ごますりかもしれませんから。凶兆なら警告だと受け止めて吟味するつもりです。いずれにせよ、聞かせてくれればそれでよいのです。さあどうぞ」

 話を終える頃には、口答えも時間稼ぎも許さぬ勢いであった。

 バルサモは首の細く短い丸型のデカンタを手に取り、それを金の器に乗せた。

 斯くして陽射しに照らされ、内壁の真珠母と中央の金剛に乱反射して金色に輝く水が、占い師の集中力にどうやら一役買っているらしい。

 口を聞くものはいない。

 バルサモが水晶壜を持ち上げ、目を凝らして眺めてから、首を振ってテーブルの上に戻した。

「どうしました?」王太子妃がたずねた。

「口には出来ません」

 王太子妃の顔にははっきりとこう書いてあった。――安心なさいな。口をつぐみたい人間の口を開く方法なら知っているもの。

「言うことなんて何もないからじゃありませんの?」

「妃殿下には申し上げられぬことゆえ」バルサモの声は王太子妃の命令さえ頑として拒んでいた。

「でしたら、口にせずに伝えて下さいな」

「ならば障碍はないどころか、正反対でございます」

 王太子妃は嘲るような笑みを浮かべた。

 バルサモは悩んでいるようだった。枢機卿が面と向かって笑い出し、男爵がぶつぶつ言いながら前に出た。

「結構、結構。魔術師殿は力を出し切ってしまわれた。時間切れですわ。しかしながら、東洋のお伽噺のように、ここにある金のコップを葡萄の葉に変えることくらいはまだ披露して下さるはずでございます」

「わたしに見せるために飾り立てられた品々よりは、ただの葡萄の葉の方が面白そうね」

「殿下」いよいよ青ざめてバルサモが答えた。「私が辞退したことをどうかお忘れなきよう」

「こちらからお願いしているのを見抜くくらい、難しくはないでしょうに」

「畏れながら、殿下」アンドレが小声で口を挟んだ。「男爵はよかれと思ってのことでございます」

「ではわたしも、男爵は誤っていると申し上げておきましょう」王太子妃はバルサモとアンドレにしか聞こえぬようにして即答した。「ご老人を虚仮にして名を成そうなど無理な話。紳士からいただいた錫のコップの中身は飲み干せても、山師の差し出す金のコップの中身をフランス王太子妃に飲ませることなどできませんよ」

 バルサモは蝮か何かに咬まれたように震え、背筋をぐっと伸ばした。

「殿下」という声も震えていた。「是が非でもお知りになりたいと仰せである以上、殿下の運命をお知らせする用意は出来ております」

 バルサモが強く激しい口調で何かを唱えた。居合わせた者たちは血管に冷たいものが流れるのを感じた。

 大公女の顔色が目に見えて変わった。

「Gieb ihm kein gehoer, meine tochter(聞いてはなりませぬ、お嬢様)」老婦人がドイツ語でマリ=アントワネットに話しかけた。

「Lass sie hoeren, sie hat weissen gewollen, und so soll sie wissen(聞かせてやれ、殿下が知ることを望み、そして知ったのだ)」バルサモもドイツ語で言い返した。

 異国の言葉を解すものは殆どおらず、ますます事態は謎めいて来ていた。

 王太子妃は老婦人の忠告をはねつけた。「もう始まってしまいました。ここで止めるよう命じては、わたしが恐れていると思われます」

 この言葉を耳にしたバルサモの口元に、人知れず黒い笑みが浮かんだ。

「思った通り」バルサモが呟いた。「から元気だな」

「さあ仰いなさい」

「ではやはり口にすることをお望みなのですな?」

「一度決めたことを翻したりはしません」

「では殿下にだけ」

「よいでしょう。わたしは何処までも追いかけるつもりです。皆の者、退がりなさい」

 それとわかるよう合図して命令を全員に伝えると、誰もが従った。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH