翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』21-1 「新たな登場人物がお目見えすること」 アレクサンドル・デュマ

第二十一章 新たな登場人物がお目見えすること

 馬輿《うまかご》が勢いよく坂の上まで駆け上ると、馬を替える予定のラ・ショセの町が見えた。

 藁葺き屋根のこぢんまりとした家が建ち並んでいたが、住民たちが好き勝手に建てたものだから、道の真ん中や森の外れ、泉のほとり、なかんずく前述した川の流れ沿いに集中していた。川には板が架けられ、各家庭の軒先に渡されていた。

 だが差し当たってこの小さな町で特筆すべきは、一人の人間である。至上命令でも受けたのか川下の方で道の真ん中に突っ立ち、その間中、本通りを凝視していたかと思えば、お次は家の鎧戸に繋がれているふさふさとした葦毛の馬を見つめていた。馬はといえば、苛立って板に頭を打ちつけ揺らしていたが、背には鞍が置かれて後は主人を待つばかりとあらばそれも致し方ないだろうか。

 その人物はうんざりとして路上に目を彷徨わせていたが、折にふれて馬に近づき、慣れた手つきでどっしりとした臀部に逞しい手をかけ、指先で細い脚をつかんでためつがめつしていた。この振舞によって苛立っている動物をさらに苛立たせたが、男は足蹴をかわして観測場所に戻ると、相変わらず無人の道路を睨んでいた。

 結局何一つ見えないため、男は鎧戸を叩くことにした。

「誰かいないか!」

「どちらさんで?」男の声がして、鎧戸が開いた。

「失礼、馬を売るつもりなら、買手を探さずともいいんだがね」

「ご覧の通り尻尾に藁なんかついてませんよ【※売りもんじゃありません、の意】」と言って、その農民らしい男は一度開いた鎧戸をまた閉じてしまった。

 この答えには到底満足がいかなかったらしく、路上の男は再び鎧戸を叩いた。

 この人物、がっしりとして大柄な四十前後の男であり、赤ら顔、青い髭、幅広いレースの袖口の下にはごつごつとした手が見える。士官用の帽子を斜めにかぶっているのが、パリジャンを驚かしてやろうという田舎者の風情である。

 三度目を叩いたところで堪忍袋の緒が切れた。

「随分と冷たいじゃないか。開けないのなら、今すぐぶち破ってやるぞ!」

 この脅し文句が聞いて、再び鎧戸が開き先ほどの顔が現れた。

「だが馬は売りもんじゃないと言いましたよ」農夫が繰り返した。「まったく! それで充分でしょうが!」

「こっちは馬が欲しいと言ったんだがね」

「馬が欲しいんなら宿駅で手に入れることです。陛下の厩舎のが六十頭はいるでしょうから、よりどりみどりだ。だが一頭しか持ってない人のことはそっとしといて下さい」

「繰り返すが、欲しいのはその馬なんだ」

「冗談言っちゃいけません。アラブ馬ですよ!」

「それを聞いてますます買いたくなった」

「買いたくなるのは構いませんがね……残念ながら売りもんじゃないんですよ」

「誰の馬なんだ?」

「随分と詮索好きですな」

「そっちこそ随分と口が堅いじゃないか」

「いやはや! うちにお泊まりの方のものなんですよ。それは子供のようにこの馬を可愛がってますんでね」

「その人と話がしたい」

「眠ってらっしゃいます」

「男か女か?」

「女の方です」

「よしわかった。その女に伝えてくれ。五百ピストール欲しければ、この馬と交換しよう」

「何ですって!」農夫が目を見開いた。「五百ピストール! そりゃ大金だ」

「こうも言ってくれ。この馬を欲しがっているのは王だ」

「王が?」

「王ご自身が」

「でもまさか、あなたは王ではないでしょうが?」

「そうさ。だが代理なのだ」

「王の代理ですか?」農夫は帽子を脱いだ。

「早く頼む。王はお急ぎだ」

 そう言ってその偉丈夫は確かめるように路上を見つめた。

「そうですか! ご婦人の目が覚めたら、ご安心下さい、一言申しておきましょう」

「そうか。だが時間がない。目が覚めるまでは待てない」

「ではどうしろと?」

「馬鹿だな! 起こすんだ」

「ああ! でもあたしにはとてもそんなことは!」

「そうか、では自分で起こすことにしよう。待ってろ」

 陛下の代理だと自称する男は、手に持った銀の握り付の長い鞭で二階の鎧戸を叩こうと進み出た。

 だが掲げられた手は、鎧戸をかすめることすらなく降ろされた。疲れ切った三頭の馬が輿を牽いて、最後の追い込みに入ったのが見えたのだ。

 男の目は難なく馬車の標識を認めた。あれほど欲しがっていたアラブ馬も敬服させるほどの速さだ。すぐに男は馬車の前に飛び出した。

 この馬車こそが、ジルベールの守護天使を乗せた馬輿だった。

 宿駅まで馬が持つかどうか危ぶんでいた御者は、しきりに合図している人物を見つけると喜んで馬車を停めた。

「ション! ション!」男が叫んだ。「やっと来たか? ご苦労だったな!」

「あたしよ、ジャン」風変わりな名で呼ばれた乗客が答えた。「ここで何をやってるの?」

「参ったな! 待ってたんだよ」

 偉丈夫は踏段に飛び乗り、扉を開けて長い腕で婦人を抱きしめ口づけを浴びせた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (2)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH