翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 34-1 「ヴォルテールとルソー」 アレクサンドル・デュマ

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第三十四章 ヴォルテールとルソー

 既にお話ししたように、リュシエンヌの寝室は、造りといい調度といい素晴らしいものだった。

 東向きのその部屋は、金張りの鎧戸と繻子の窓掛でしっかりと覆われ、陽射しがご機嫌取りのように大小様々な隙間から潜り込むまでは、完全に光を遮っている。

 夏には、何処とも知れぬ通気口から、幾千もの扇であおいだような柔らかな風が空気を揺らした。

 国王が青の間から出てきたのは十時のことだった。

 今回は供の者たちも九時から庭で待機していた。

 ザモールが腕を組んで命令を出している。あるいは出しているふりをしている。

 国王は窓から顔を出し、出発の用意を眺めた。

「どういうことだね、伯爵夫人? 朝食は取らぬのか? 国王を空きっ腹で帰らせたと言われるぞ」

「とんでもない! でもてっきりマルリーにはサルチーヌ殿とご一緒するのかと思ってましたけど」

「まさか! ここに会いに来るようサルチーヌに伝えられるとでも? こんな近くに」

「自慢する訳じゃありませんけど」伯爵夫人が微笑んだ。「そう思ったのは陛下が最初ではありませんの」

「それに、朝は仕事をするにはもったいない。朝食にしよう」

「でも署名はしていただかなくては」

「ベアルン夫人の件かな?」

「ええ、そうすれば日にちもはっきり出来ますし」

「日にちだと?」

「それに時間も」

「何の時間だ?」

「認証式の日時です」

「いやもっともだ、認証式か。日取りはそなた自身で決めるがよい」

「出来るだけ早い内に」

「もう準備は済んでいるのか?」

「ええ」

「三段の礼のやり方も覚えたのかね?」

「ちゃんと出来ますわ。一年間も練習したんですもの」

「ドレスは?」

「二十五時間あれば用意出来ます」

「代母は?」

「一時間後にここに」

「ふむ、では取引だ」

「何の?」

「ジャン子爵とタヴェルネ男爵の事件は今後一切口にせんで欲しい」

「泣き寝入りしろと?」

「まあそういうことだ」

「わかりました! もうそのことは口にいたしません……日取りは?」

「明後日」

「時間は?」

「通例通り夜十時に」

「決まりね?」

「決まりだ」

「王のお言葉ね?」

「貴族の言葉だ」

「お手をどうぞ」

 デュ・バリー夫人が美しい手を伸ばすと、国王はそれに手を重ねた。

 この朝、リュシエンヌ中が国王の満足感に浸されていた。しばらく前から譲歩しようと考えていたある点では譲歩したものの、別のある点では譲らなかったのだ。大成功だった。ピレネーかオーヴェルニュで湯治するという条件でジャンに十万リーヴルを与えれば、ショワズールの目には追放だと映るだろう。貧しい者たちにはルイ金貨を、鯉には菓子を、ブーシェの絵には讃辞を与えた。

 前の晩に夜食を堪能したというのに、朝食を食べる気も満々だった。

 そうこうしている内に十一時が鳴ったところだ。伯爵夫人は国王の世話をしながら、なかなか進まない柱時計をちらちらと脇見していた。

 国王はとうとう自ら、ベアルン夫人が来たなら食堂に招いてもよいと口にした。

 珈琲の用意が出来、味わい、飲み干しても、ベアルン夫人は来なかった。

 十一時十五分、馬が駆ける音が響き渡った。

 デュ・バリー夫人は急いで立ち上がり、窓に駆け寄った。

 ジャン・デュ・バリーからの使いが、汗まみれの馬から飛び降りていた。

 伯爵夫人は恐れおののいた。だが、国王に気分よくいてもらうためには、わずかなりとも不安を表に見せるべきではない。夫人は席に戻った。

 間もなく、手紙を手にションが入って来た。

 尻込みは出来ない。読むほかない。

「それは? 恋文かね、ション?」国王がたずねた。

「そんなとこです」

「誰から」

「子爵からです」

「間違いないね?」

「お確かめになって」

 筆跡には見覚えがあった。手紙はラ・ショセ事件のことかもしれない。

「よかろう」国王は手紙を返した。「もういいよ」

 伯爵夫人は気が気ではなかった。

「あたくし宛てですの?」

「その通りだ」

「構いませんか……?」

「もちろんだ! 読んでいる間はションがコルボー先生【※ラ・フォンテーヌの「カラスとキツネ」】を聞かせてくれるだろう」

 国王はションを引き寄せ、ジャン=ジャックが書き残した通りの王国一調子っぱずれな声で歌い出した。

 召使いを失った。
 運もすっかり失った。

【※ジャン=ジャック・ルソーの歌劇「村の占い師(Le Devin du Village)」より】

 伯爵夫人は窓際に戻って読み始めた。

『あの糞婆は当てにするな。夕べ足を火傷したと抜かして、部屋に引き籠もっている。よりにもよって昨日のあのタイミングで帰ってきたションに感謝しようじゃないか。それだけのことはしてくれた。婆さんがションに気づいたんだ。とんだ喜劇だよ。

 すべての元凶のジルベールのガキがいなくなった。幸運な奴め。そうでなきゃ首をねじ切っていたところだ。だが今度会った時には、どれだけしおらしくしていようとも見逃してやるものか。

 結論を言う。急いでパリに来てくれ。さもなきゃ俺たちは昔に逆戻りだ。ジャン』

「どうしたのだ?」急に青ざめた伯爵夫人に驚いて、国王が声をかけた。

「何でもありません。義兄が容態を知らせてくれただけ」

「よくなって来ているのだろう?」

「よくなっていますわ。ありがとうございます、陛下。それより、庭に馬車が到着したみたいですけど」

「代母の伯爵夫人ではないかね?」

「違うわ、サルチーヌ殿ね」

「では?」デュ・バリー夫人が戸口に行ったのを見て、国王がたずねた。

「では、陛下はあちらにどうぞ。あたくしはお化粧に参ります」

「するとベアルン夫人は?」

「いらっしゃったら陛下にご連絡差し上げます」伯爵夫人は手紙を丸めて部屋着のポケットの奥に突っ込んだ。

「では余は追い出されるのかな?」国王は嘆息した。

「陛下、今日は日曜日です。ご署名を!……」

 伯爵夫人が瑞々しい頬を差し出したので、国王は右と左に盛大に口づけした。それが終わると夫人は部屋を後にした。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH