翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 41-1 アレクサンドル・デュマ

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第四十一章 いやいやながら医者にされ

 ジルベールは従僕の言いなりにならなくてはいけないことが口惜しくてならなかった。とは言え、状況を変えなくてはならないだろう。それにどう変わろうとこれ以上に悪くなることはなさそうだ。ジルベールは先を急いだ。

 ションはベアルン夫人との会見をデュ・バリー夫人に報告し終えて、ようやく任務から解き放たれ、部屋着を着て窓辺でのんびり昼食を取っていた。すぐ側の植え込みからアカシアやマロニエが迫っていた。

 ションは食欲旺盛だった。雉のサルミやトリュフのガランティーヌを見ればジルベールにも一目瞭然だ。

 ションの傍らに招かれたジルベールは、丸テーブルに目を走らせ自分の皿を探した。誘われるのを今か今かと待っていた。

 ところがションは椅子を勧めてはくれない。

 ジルベールをちらりと見ただけで、トパーズ色のワインをごくりと飲み干した。

「あら、お医者さん。ザモールとはどうなったの?」

「どうなったですって?」

「ええ、仲良くなれたかしら」

「話も出来ないあんな動物と、どうやって仲良くなれと言うんですか? 話しかけても目を回して歯を剥き出すだけなのに」

「脅かさないで頂戴」ションは食事も止めず、脅かされたような顔もまったく見せずに答えた。「じゃああなたは友だちにうるさいってわけね?」

「友だちというのは対等な関係のことです」

「至言ね! つまり自分がザモールと対等だとは思わないってこと?」

「向こうが僕と対等ではないんです」

「そりゃあね」ションは呟くように言った。「あの子は可愛いもの!」

 ようやくジルベールを直視して、自尊心が強そうなことに気づいた。

「つまり、そう簡単には誰とでも仲良く出来ないってわけ?」

「そういうことです」

「ふうん。じゃあ、あたしたち、いいお友だちになれると思ったのは間違いだったみたいね」

「個人的にはあなたはいい人だと思ってます。ですが……」ジルベールは言いよどんだ。

「あら嬉しい。ありがと。それで、あなたに気に入ってもらえるにはどれだけの時間がかかるのかしら?」

「時間は随分とかかります。どんなことをしても仲良く出来ない人だっていますし」

「ふうん。タヴェルネ男爵のところで十八年過ごした挙句に突然飛び出したのは、そういうことなのね。タヴェルネ家の人たちはあなたのお眼鏡には適わなかった、と。そういうこと?」

 ジルベールは真っ赤になった。

「あら、返事は?」

「答える必要はないでしょう。大事なのが友情や信頼である以上は」

「つまりタヴェルネ家の人たちは友情にも信頼にも値しなかったってことじゃない?」

「どちらにも? そういうことです」

「それで何が気に入らなかったの?」

「愚痴などこぼしません」ジルベールは胸を張った。

「ねえ、あたしもジルベールさんに信頼されていないのはわかってるわ。でもそれは信頼を勝ち取りたいという気持がないからじゃないの。どうすれば信頼してもらえるかわからないからなの」

 ジルベールは口唇を引き結んだ。

「要するに、タヴェルネ家の人たちはあなたを満足させられなかったのね」ションの好奇心をジルベールは感じ取った。「タヴェルネ邸では何を?」

 ジルベールは戸惑った。タヴェルネ家でしていたことなど、自分でも知らなかった。

「僕は……僕は、信頼できる人間です」

 いかにもジルベールらしい哲学者然とした落ち着いた言い方に、ションは笑いの発作に襲われて椅子に反っくり返った。

「信じられませんか」ジルベールは眉をひそめた。

「やめてよ! あなたみたいに怒りっぽい人に反論できる人なんていないわ。タヴェルネ一家がどんな人たちなのか教えて欲しいだけ。あなたにとっては、気に入らないどころか、復讐の助けになるはず」

「誰かの手を借りるつもりはありません」

「結構よ。でもあたしたちにはあたしたちなりにタヴェルネ家に言いたいことがあるの。あなたが腹を立てているのが一人なのか何人かなのかはわからないけど、手を結んだ方がいいと思わない?」

「残念ですが。僕のやり方はあなたたちとは相容れません。あなたはタヴェルネ家一般の話をしているけれど、僕の方は一人一人に違った感情を持っていますから」

「じゃあフィリップ・ド・タヴェルネのことはどう思ってるの? 嫌い? 好き?」

「何とも思ってません。フィリップさんは良くも悪くもしてくれませんから。好きでも嫌いでもありません。構われていませんから」

「じゃあ陛下やショワズールの御前でフィリップ・ド・タヴェルネを訴えるつもりはないのね?」

「何のかどで?」

「あたしの兄と決闘をしたかどで」

「訴えろと言われたなら、知っていることを話すつもりです」

「知っていることって?」

「真実を」

「あなたの言う真実って何? 随分と曖昧な言葉じゃない」

「善と悪、公正と不正が出来る者にとっては曖昧ではありません」

「わかったわ。つまり善とは……フィリップ・ド・タヴェルネ。悪とは……デュ・バリー子爵」

「僕はそう思ってます。良識に照らした限りでは」

「何て子を拾って来ちゃったんだろう!」ションは歯ぎしりした。「これが命の恩人に対するお礼ってわけね?」

「死から救った恩人です」

「同じことじゃないの」

「全然違いますよ」

「どう違うのかしら?」

「あなたは命の恩人じゃありません。馬が僕の命を奪うのを止めてくれただけです。それだってあなたじゃなく御者のやったことです」

 平然とそんなことを言いつのる屁理屈屋を、ションはじっと見つめた。

「もう少し優しい言葉をかけてくれてもいいのに」と笑みと声と和らげた。「手をクッションの下に入れ足を膝の上に預けていた連れじゃないの」

 ションが優しく馴れ馴れしく挑発したため、ジルベールはザモールや仕立屋のことも誘ってもらえなかった昼食のことも忘れた。

「ね? 仲直りしましょう」ションがジルベールの口元に触れた。「フィリップ・ド・タヴェルネに不利な証言をしてくれるでしょう?」

「まさか! 絶対にしません!」

「どうしてよ?」

「悪いのはジャン子爵だからです」

「何が悪いの?」

「王太子妃を侮辱しました。けれどフィリップ・ド・タヴェルネは……」

「ええ」

「王太子妃に誠実でした」

「ふうん、王太子妃の肩を持っているみたいじゃない?」

「僕が肩を持つのは正義です」

「お黙りなさい、ジルベール! この城館でそんな口の利き方は許さないわよ」

「でしたら質問だけして、答えを聞かなければいいのです」

「だったら、ほかの話をしましょう」

 ジルベールは同意の印にお辞儀をした。

「さあ、いい?」ションの声は厳しかった。「あたしたちを喜ばせてくれないなら、ここで何をするつもりなの?」

「偽誓して喜べと?」

「何だってそんな大げさな言葉を使おうっていうのかしら?」

「人が信念を守り続ける権利において」

「いい? 人に仕えれば、ご主人さまがすべて取り仕切ってくれるの」

「僕は誰にも仕えていません」ジルベールは頬をふくらませた。

「しかもあなた流に従えば、これからも仕えるつもりはないのね」ションはゆっくりと優雅に立ち上がった。「もう一度聞くから、はっきり答えて頂戴。ここで何をするつもりなの?」

「役立つ人間ならご機嫌を伺わずともよいのではありませんか」

「残念ね。会うのはみんな役立つ人ばかりで、飽き飽きしてるくらいよ」

「それではここを出てゆきます」

「出て行くですって?」

「ええ。来たいと頼んだ訳ではなかったでしょう? だから僕は自由です」

「自由?」慣れない反抗に遭って、怒りが湧いて来た。「ふざけないで!」

 ジルベールの顔が強張った。

「ねえ、いい」ジルベールが眉をひそめたのを見て、簡単には自由を諦めそうにないとションも悟った。「仲直くしましょう……可愛くて潔癖なところが気に入ってるの。周りにいる人たちと比べたらの話だけど。とにかく、真実を愛する心を温めておいて頂戴」

「冷ますつもりはありません」

「そうね、でも別の言い方をするわね。一つ、あなたの胸の中で温めておいて頂戴。一つ、トリアノンの回廊やヴェルサイユの広間で信念を披露しないで頂戴」

「ふん!」

「『ふん』はなし! 女から学べることはたくさんあるのよ、哲学者ちゃん。一つ目の金言、『口を閉じていれば嘘をつかなくてすむ』。よく覚えておいて」

「何か聞かれたら?」

「誰から? 馬鹿ね。あたしのほかにあなたのことを気にする人なんかいやしないわよ。まだ一派をなしたとは思えないものね、哲学者さん。同じ考え方をする人たちはまだ少ない。仲間を探すには道路を駆けまわり、藪を掻き分けなくてはならないわ。ここに留まりなさい。二十四時間を四回繰り返すうちに、あなたを完璧な宮廷人に変えてみせるから」

「そうでしょうか」ジルベールは強気だった。

 ションは肩をすくめた。

 ジルベールが笑みを浮かべた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH