翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 77-1

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第七十七章 寓話

 ジャン・デュ・バリー子爵がチョコレートをがぶ飲みして伯爵夫人に嫌な顔をされたあのリュシエンヌの小部屋で、ド・リシュリュー元帥がデュ・バリー夫人と軽食を摂っていた。デュ・バリー夫人がザモールの耳をもてあそびながら、花模様の織り込まれた繻子の長椅子の上にゆっくりと無頓着に寝そべり 、様々な姿態を取るたびに、この老臣は(悲しいかな!)感嘆の声をあげていた。

「おやおや!」老婆のようにしなを作った。「髪が乱れますぞ。ほらほら、鬢の毛がほつれておるし、ミュールも脱げました」

「ふふ! そんなの気になさらないで」ザモールの髪を気まぐれに引き抜き、すっかり横になると、真珠貝に乗ったウェヌスのように、さらに蠱惑的にさらに美しく見えた。

 ザモールはどんな姿態にも見向きもせず、怒りに顔を染めた。伯爵夫人はそれをなだめようと、ポケットに入れておいた砂糖菓子ドラジェをテーブルに置いた。

 だがザモールは口を尖らせ、自分のポケットをひっくり返して砂糖菓子を床にぶちまけた。

「あら、悪い子ね!」伯爵夫人は足を伸ばしていたので、爪先が黒ん坊の長靴下と触れそうになった。

「堪えて堪えて!」老元帥が声をあげた。「殺してしまいかねん」

「どうして気に食わないものを片っ端から殺してはいけないのかしら? 今日は残酷な気分なのに」

「ほ、ほう! ではわしも嫌われておりますかな?」

「あら、まさか。一番の友人ですもの、大好きですわ。でも実際あたくしって馬鹿みたいね」

「馬鹿みたいな気分にさせた原因は病気ですかな?」

「もううんざり。思ってもいないくせにおべっかを使うのはやめて下さいな」

「伯爵夫人! どうやらあなたは馬鹿なのではなく無知なのではありませんか」

「いいえ、あたくしは馬鹿でも無知なのでもありません、あたくしは……」

「さあ、仰って下さい」

「あたくしは怒っているんです、公爵閣下」

「ああ、なるほど」

「驚きまして?」

「いやいや、とんでもない。お怒りになるのももっともです」

「あなたのことで怒っていることがあるんですの」

「わしのことで怒っていることがあると?」

「ええ」

「それはいったいどのような点でしょうか? 歳は取りましたが、あなたに気に入られるためにはどんな努力も惜しみませんぞ」

「それはね、何の話なのかわかってもいないってことですの」

「そんなことはありますまい!」

「あたくしがどうして苛ついているかご存じ?」

「ええ、ザモールが中国製の噴水を壊したからでしょう」

 気づかないほどのかすかな微笑みがデュ・バリー夫人の口元に浮かんだ。だがザモールは告発されたことに気づいてしおらしく頭を垂れた。びんたや爪弾きの雲に覆われて空が翳っているのを見て取ったようだ。

「そうなんです」伯爵夫人はため息をついた。「公爵閣下の仰る通りですわ、あなたったら本当に駆け引き上手ですのね」

「よく言われます」ド・リシュリュー氏が控えめに応答した。

「あら、言われなくても見ればわかりますわ。きっとあたくしの悩みもたちどころに見抜いてしまわれるんじゃないかしら。たいしたものね!」

「仰る通りです。ですがそれだけではありませんぞ」

「あら!」

「まだほかにも見抜いていることがあります」

「ほんと?」

「はい」

「どんなこと?」

「昨日の晩、あなたは陛下をお待ちしていらっしゃいました」

「何処で?」

「ここです」

「いいわ、それで?」

「陛下はいらっしゃいませんでした」

 伯爵夫人は真っ赤になって肘を起こした。

「まあ!」

「しかしですな、わしはパリから到着したばかりなのです」

「証明できますの?」

「ヴェルサイユで起こったことがわかるわけはありませんが、しかし……」

「公爵閣下ったら、今日は思わせぶりばかりですのね。始めたからには終わらせて下さいな。さもなきゃ初めから何も言いっこなしです」

「あなたは楽に話せましょうが、わしの方は少しくらい休ませて下さい。何処まで話しましたかな?」

「ええと……『しかし』までです」

「ああ、そう、そうでした。しかしわしは、陛下がいらっしゃらなかったことだけではなく、どうしていらっしゃらなかったかも知っておるのです」

「あなたは魔術師なんじゃないかと、あたくし常々思っておりましたわ。でも証拠がありませんの」

「ふむ、ではその証拠をお見せいたしましょうか」

 伯爵夫人は思っていた以上に話に引き込まれ、ザモールの髪をかき回していた白く細い指を頭から離した。

「お願いします」

「総督がいても構わないのですか?」

「お行き、ザモール」伯爵夫人が命じると、黒ん坊は喜び勇んで寝室からホールまで飛び跳ねて行った。

「これでいい」リシュリューが呟いた。「しかしこれですっかり白状しなくてはなりませんな?」

「まあ、ザモールのお猿さんが邪魔でしたの?」

「本当のことを口にするには、何人なんぴとであろうと邪魔なものです」

「ええ、何人でもというのはわかります。でもザモールは人かしら?」

「盲でも聾でも唖でもないのですから、人でしょう。目と耳と口がある相手なら誰でも、つまりわしのすることを見ることが出来、わしの言うことを聞いたり繰り返したりすることが出来、わしのことを密告することが出来る者なら誰でも、人の名で呼ぶことにしております。そういうことにして、続けたいと思います」

「ええ続けて下さいな、お願い」

「喜んで、とは申しませんが、とにかく続けるつもりです。さて、陛下は昨日トリアノンをご訪問なさいました」

「プチの方? グランの方?」

「プチです。王太子妃殿下と腕を組んでらっしゃいました」

「まあ!」

「王太子妃殿下はご存じのように魅力的な方です……」

「そうね」

「こちらではお父さま、あちらではお祖父さまと甘えられては、お優しい陛下には抗うことも出来ませんから、散歩の後には夕食を摂り、夕食の後には軽く賭け事をなさっていました。という訳で……」

「という訳で――」焦れったさのあまり青ざめたデュ・バリー夫人がその言葉を引き取った。「という訳で、陛下はリュシエンヌにはいらっしゃらなかった、そう仰りたいのね?」

「残念ながらその通りです」

「そういうこと……。陛下が愛しているものは全部あちらにあるってことじゃない」

「そんなことはありますまい! あなただって自分のお言葉を一言だって信じてはいらっしゃらないでしょうに。せいぜいのところ、お気に入りのものが全部、というところでしょうな」

「なお悪いじゃない。夕食、お喋り、賭け事、どれも陛下には必要なことですもの。それで、どなたと遊んでらしったのかしら?」

「ド・ショワズール殿」

 伯爵夫人が苛立ったような仕種をした。

「この話はしたくありませんでしか?」リシュリューがたずねた。

「逆よ、どうか話して下さい」

「聡明なだけでなく勇敢でいらっしゃいますな。ではイスパニア人の言うように、牡牛の角に取りかかるとしましょうか」

「そんな言い方、マダム・ド・ショワズールはお気に召さないんじゃありません?」

「そんなことはありませんな。ド・ショワズール殿は、とその名を呼ばざるを得ませんが、切り札を持っていましたし、そのうえ運も才覚も……」

「勝ちましたの?」

「いいえ、負けました。陛下がピケで千ルイ勝ちました。陛下はかなり自惚れておりました、随分と悪い手でしたから」

「ああ、ショワズールったら! ド・グラモン夫人もいらっしゃったんでしょ?」

「何と言いますか、旅立たれる途中でした」

「公爵夫人が?」

「はい、愚かなことをなさったと思います」

「というと?」

「誰にも構われないと気づいて拗ねてしまい、誰にも追い出されないのに気づいて自分からおん出てしまいました」

「何処に?」

「田舎に」

「何か企んでるのよ」

「おやおや! 何をして欲しいというのです? とにかく、旅立つ途中でごく自然に王太子妃に挨拶を求めたので、妃殿下はごく自然に公爵夫人を愛しまれました。そう言うわけで公爵夫人はトリアノンにいらしたのです」

「グランの方?」

「でしょうな、プチにはまだ家具が入っていませんから」

「そんなふうにショワズール兄妹に取り巻かれてるのなら、王太子妃がどの一派に口づけするつもりなのかよくわかるわね」

「いやいや、伯爵夫人、早とちりはなさいますな。いずれにしても明日、公爵夫人は出発いたします」

「つまり陛下はあたくしのいないところで楽しんでたのよ!」伯爵夫人の憤りからは怯えも拭われてはいなかった。

「なるほどそうですな。信じがたいことですが、そういうことです。それで、あなたならどう結論づけますか?」

「あなたが情報通だということです、公爵」

「それだけですか?」

「まさか」

「では仰って下さい」

「力ずくでも国王をショワズール兄妹の魔の手から引き離さなくては、あたくしたちの破滅だと、改めて結論づけました」

「何と!」

「ご安心なさいませ、公爵」と伯爵夫人が続けた。「あたくしたち、と言ったのは、あたくしの家族のことですから」

「それに友人も。こんな表現を使うことをお許し下さい。要するに……」

「要するに、あなたはご友人だと考えて構いませんのね?」

「そう申し上げたつもりです」

「それじゃ充分ではありませんわ」

「証明したつもりです」

「それならいいわ。手を貸して下さるんですね?」

「力の限り。ですが……」

「でも、何でしょうか?」

「事は困難を極めるということは、はっきり申し上げておきます」

「ではショワズール一族を根絶やしには出来ないんですね?」

「何にせよ逞しく根を下ろしていますからな」

「そうお思いなんですね?」

「そう考えております」

「ではラ・フォンテーヌがどう言おうと、この樫の木は風にも嵐にも負けないということですね」

「あの方はたいした才人ですから」

「百科全書派みたいな口の利き方をなさいますのね」

「わしがアカデミーの会員ではないとでも?」

「あら、どっぷり浸っている訳じゃありませんもの」

「確かにそうですな。わしよりむしろわしの秘書の方が相応しい。とは言うものの、やはり意見を変えるつもりはありませんぞ」

「ド・ショワズールが天才だってことですの?」

「さようです」

「でもそれなら、その才能を何処で発揮してますの?」

「こういうことです。高等法院やイギリスに関する問題を扱って来ましたから、もはや国王にとってなくてはならぬ存在なのです」

「でも高等法院を陛下にけしかけてるじゃないの!」

「そこが抜け目ないところです」

「イギリスを戦争に仕向けてるじゃない!」

「平和になっては飯の食い上げですからな」

「そんなの才能じゃありませんわ、公爵」

「では何でしょうか?」

「大変な裏切りです」

「大変な裏切りを成功させるのは、やはり才能ではありませんかな。わしには才能という言葉では追いつかないように思えます」

「でもそういう意味でなら、ド・ショワズール殿と同じくらい才能のある人を知っていますわ」

「はて?」

「少なくとも高等法院に対して」

「それは一大事ですな」

「何しろ高等法院の叛乱の原因なんですから」

「どうもよくわかりませんが」

「わかりませんの?」

「ええ、まったく」

「あなたのご親戚ですのに」

「わしの親戚に天才がいるだろうと? 大叔父の枢機卿のことを仰りたいのですか?」

「いいえ、甥御さんのデギヨン公爵のことですわ」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH