翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 第97章

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第九十七章 大臣の道のりは薔薇色ではないとわかった次第

 ド・リシュリュー氏の馬は役員たちの馬より速く走った。元帥はデギヨン邸の中庭に一番乗りした。

 デギヨン公爵はもう伯父を待たずに、敵が正体を現したことをデュ・バリー夫人に伝えるため、リュシエンヌに戻る準備をしていた。だが取次から元帥の到着を告げられると、消沈していた機智がまどろみの奥底から甦った。

 デギヨン公爵は伯父の前に出ると、恐れの分だけ愛情を水増しして手を握った。

 リシュリュー元帥もそれに倣った。感動を誘う光景であった。しかしながらデギヨン氏が急いで説明を始めようとすると、元帥はそれを全力で押しとどめた。曰く絵なり銅像なりタペストリーを見ているから、曰く死ぬほど疲れているからと愚痴をこぼして。

 スペイン継承戦争の折りに、ド・ヴィラール氏がオイゲン大公をマルシエンヌで包囲したように、デギヨン公爵は伯父の退路を断って攻撃を始めた。

「伯父上、フランス一の切れ者であるあなたが、私のことを誤解なさっているというのは本当ですか? それも私たち二人のために動こうとしないからだとお信じになったせいで?」

 リシュリューは尻込みするのをやめて、強気に出た。

「それがどうした。わしがお前を誤解しているかどうかで、何か変わるのかね?」

「伯父上は私に腹を立ててらっしゃる」

「それはまたどうして?」

「逃げるのはなしですよ、元帥閣下。お会いしたい時にはいつも、避けられてしまうという事実に尽きます」

「天地神明に誓って、わからんな」

「では説明いたしましょう。国王が伯父上を大臣に任命なさろうとしなかったために、私が近衛騎兵隊を拝受した際、自分が見捨てられ裏切られたとお感じになったのではありませんか。あの伯爵夫人は伯父上に好感を抱いていらっしゃいますが……」

 ここでリシュリューは耳をそばだてたが、それは甥の言葉にだけではなかった。

「伯爵夫人がわしに好感を抱いていると申すのか?」

「証明できます」

「ああ、いや、反論はせぬよ……わしに肩を貸してもらうために送り込んだのだからな。お前はまだ若い、故にまだ強い。お前は成功し、わしは失敗した。それが世の習いではないか。どうしてお前が気後れしておるのか、とんとわからぬな。わしのために働いていたのなら、いくらでも見返りがあるだろうし、わしを裏切っておったなら、その強欲のしっぺ返しをするまでだ……そのために説明するのではないのか?」

「確かにそうですが……」

「まだまだひよっこだな。身分は申し分ない。フランス大貴族、公爵、近衛騎兵隊の指揮官、六週間後には大臣になる。度量が狭くてはいかんぞ。上に立つ者は人や罪を赦すものだ。考えてみよ……わしは譬え話が好きでな……わしらが二頭の驢馬であると思ってみよ……そこで聞こえたのは何じゃ?」

「何でもありません。続きをお聞かせ下さい」

「いや、中庭で馬車の音がしたぞ」

「伯父上、やめないで下さい。あなたのお話ほど面白いものはありません。私も譬え話は好きな方です」

「よかろう、わしが言いたかったのはな、栄耀を誇っている間は、面と向かって非難されることもないし、妬みや恨みを恐れる必要もないということだ。だがへまをしたりつまずいたりしようものなら……気をつけるがいい、途端に狼に襲われるであろう。だがそれより、先ほど申したように、控えの間で音がするではないか。どうやら誰かが大臣の任命状を届けに来たかな……伯爵夫人が閨房で一肌脱ぐことになるのだろう」

 取次が入室した。

「高等法院役員の方々がお見えになりました」不安そうに伝える。

「ほほう!」リシュリューが声を洩らした。

「高等法院役員がここに?……何の用だろう?」デギヨン公爵は伯父の笑顔を見ても不安をぬぐえなかった。

「国王の御名において!」控えの間の奥から声が響いた。

「おやおや!」リシュリューが声をあげた。

 デギヨン氏は真っ青になって立ち上がり、戸口まで行って自ら二人の役員を招き入れた。その後ろには二人の取次が泰然として控え、さらに向こうには従僕が集まっておどおどとしている。

「何の用です?」とたずねたデギヨン公爵の声は震えていた。

「畏れながらデギヨン公爵閣下ですか?」役員の一人がたずねた。

「デギヨン公爵に間違いない」

 すると役員は深々とお辞儀をし、ベルトから正式な令状を抜き取り、はっきりとした声で読み上げた。

 それは詳細かつ完全な判決であった。それによるとデギヨン公爵はその名誉を汚す嫌疑及び事実によって厳重に取り調べられ罪に問われ、王国の大貴族としての職務を停止されていた。

 デギヨン公爵は雷鳴に打たれたように呆然として、令状が読み上げられるのを聞いていた。台座の上の銅像ほどにも動くことが出来ず、差し出された令状をつかむために手を前に出すことさえ出来なかった。

 令状をつかんだのはリシュリュー元帥であった。デギヨン公爵と同じく立ってはいたが、固まったりはせずにきびきびと足を運んで、令状を読んでから役員たちにお辞儀を返した。

 デギヨン公爵がまだ茫然自失から立ち直れずにいるうちに、役員たちは遠ざかっていた。

「何とも手ひどい攻撃だったな! 屈辱的なことに、お前はもうフランス大貴族ではないらしい」

 公爵が伯父を振り返った。ようやくその瞬間になって、魂と脳みそが正気に戻ったようだった。

「予想もしておらなんだようだな?」

「では伯父上は?」

「高等法院が国王の寵臣や寵姫に激しい攻撃を仕掛けるつもりなのを予想しろなどと、無茶を言うな……寵臣たちも木っ端微塵だな」

 デギヨン公爵は腰を下ろし、焼けるような頬に手を当てた。

「しかしあれだな」老元帥はなおも傷口深く刃を突き立てた。「近衛騎兵隊の指揮官に任命されたことで大貴族の地位を剥奪されたのだとしたら、大臣に任命された日には身柄を拘束されて火あぶりにされてしまうぞ。高等法院はお前を憎んでいる。用心するがいい、デギヨン」

 デギヨン公爵はこのひどい嘲笑に、英雄的な力でもって耐えた。災難が公爵を強くし、魂を浄化していた。

 リシュリューの方では、こらえたのは冷淡で愚鈍だからであり、それほど刃が深くは刺さらなかったのだと考えた。

「もはや大貴族ではないのだから、法官たちの憎しみに晒されることもさしてあるまい……数年の間は日陰で暮らせ。もっとも、願ったわけでもないのに日陰の方からやって来たわけだが、お前にとっては守り神だ。大貴族の地位を失っては、大臣になるのは難しかろう。厄介ごとから救われたのだ。それでも戦いたいというのなら、お前にはデュ・バリー夫人がいる。伯爵夫人に気に入られているというのは大きな支えだぞ」

 デギヨン氏が立ち上がった。老元帥から苦痛をこうむったばかりだというのに、怒りの眼差しを向けることさえしなかった。

「仰る通りです、伯父上」と答えた声は落ち着き払っていた。「最後の助言はさすがと言うほかありません。あなたがご紹介下さったデュ・バリー伯爵夫人なら。私について極めて好意的かつ情熱的に仰った話の内容は、リュシエンヌ中の人間が証言できます。デュ・バリー夫人なら私を守って下さるでしょう。神の恩寵により、あの方は私を好いて下さっています。勇敢な女性ですし、国王陛下のお心に力を及ぼすことが出来る。助言を感謝いたします。救済の地と信じて駆け込むことにいたします。馬を! ブルギニョン、リュシエンヌまで!」

 元帥は笑いかけたまま止まっていた。

 デギヨン氏は伯父に向かって恭しくお辞儀をし、不思議がっている伯父を残して応接室を離れた。残されたリシュリュー元帥としても、デギヨン氏の気高く瑞々しい肉体に咬みついていた執念から梯子を外された恰好だった。

 その夜、パリっ子たちは一万部の判決文を町中で奪い合って読んだ。その熱狂のうちに、老元帥はかろうじて慰めを見出した。だがラフテがその晩の首尾を確認しに来た時には、溜息を洩らすことを止められなかった。

 だがラフテは口を閉ざすことなく話しかけた。

「では攻撃はかわされたのですか?」

「ウイでありノンだ。だが傷は深くない。抜かりがあったと自分を責めるよりはましなものが、トリアノンにはある。わしらは二羽の兎を追っていた……何と馬鹿げた騒ぎだったか……」

「なぜですか? 『まし』よりいいものが掌中ではないのですか?」

「考えてもみよ、人が最善のものを手にすることなどないのだ。手にしていないからこそ、別のもの、つまり差し当たり手にしているものを利用するのだ」

 ラフテが肩をすくめたが、ド・リシュリュー氏は咎めなかった。

「デギヨン氏は切り抜けられるとお思いでしょうか?」

「国王は切り抜けると思うか?」

「国王には何処にでも逃げ場がございますから。ですが問題は国王ではないのではございませんか」

「国王の行くところ、デュ・バリー夫人も離れずについて行く……デュ・バリー夫人が行けば、デギヨンもついて行くだろう……デギヨンは……だがお前は政治のことがわかっておらぬよ、ラフテ」

「閣下、フラジョ先生は別の考えをお持ちでございます」

「そのフラジョ先生は何と言ったのだ? そもそも何者だね?」

「検事でございます、閣下」

「それで?」

「はい、フラジョ氏は国王ご自身も逃げられないだろうと仰いました」

「ほほう! では誰がライオンを止めるのかな?」

「閣下、それは鼠でございましょう!……」

「フラジョ先生か、いやはや!」

「仰せの通りでございます」

「信用しているのだな?」

「悪さを請け合う検事なら誰でも信用しております」

「ではラフテ、フラジョ先生のお手並み拝見といこうか」

「私も同じことを考えておりました」

「では寝る前に夜食を摂ろう……わしの甥が可哀相にもはやフランス大貴族ではなく、やがて大臣でもなくなるのだと思うと、やりきれんわい。わしが伯父であろうと、なかろうとな」

 ド・リシュリュー氏は溜息をついてから、笑い出した。

「ですが御前様は大臣に必要なものをちゃんと持っていらっしゃいます」とラフテが答えた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (2)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH