翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 第101章

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第百一章 親裁座

 問題となっている親裁座は、荘厳かつ厳格のうちにおこなわれた。一つには王国の威信に賭けて、また一つには国王が今回のクーデターに踏み切ることなった陰謀がその理由である。

 国王親衛隊は武装して任務に就き、短装の弓兵、警備兵、警官隊が大法官の護衛を務めていた。事に当たる将軍のように、計画に際して身体を張る必要があったのだ。

 大法官は憎まれていた。本人もそのことはわかっていたが、思い上がりにも暗殺を恐れていたとしても、それ以上に輿論に聡い人々であれば予言することさえ簡単に出来たであろう。つまり生じるのは暗殺ではなくなかなか結構な侮辱であり、侮辱でなくとも野次の嵐である、と。

 同じ結論はデギヨン氏にも言えた。世間は本能的にデギヨン氏を嫌っていたし、高等法院の弁論がそれを後押しした。国王は静閑を決め込んでいたものの、内心のところは冷静ではいられなかった。だが国王に相応しいきらびやかな衣装に感服しているのはわかったし、国王陛下のように守られているものなど何一つないのだと即座に思い至ったのがわかった。

 「そして国民の愛も」とつけ加えることも出来た。だがそれはメッツで臥せっていた際に繰り返し聞かされた言葉であったので、そんなことを繰り返しては、盗用したという非難は免れ得まい。

 その日の朝、こうした光景を初めて見る王太子妃は、実のところは見たくて仕方なかったのだろうが、顔に憂えを浮かべ、儀式の終わるまでずっと表情を変えなかったために、それが好意的に受け止められられた。

 デュ・バリー夫人は堂々としていた。若さと美しさに基づく自信に満ちていた。もっとも、それが夫人のすべてではないだろうか? ほかにつけ加えることがあるだろうか? 恋人である国王の荘厳な光に照らされたように、燦然と輝いて見えた。

 デギヨン公爵は大胆にも、国王の面前に居並ぶ大貴族たちの方に歩いて行った。顔中が気高さに満ち、苦悩の跡も不満の跡も認められない。勝利の影は窺えない。そうやって歩いているのを見れば、国王と高等法院が公爵の領地で戦いに敗れた可能性など想像もつかなかった。

 人混みの中から誰もが指を指し、高等法院の座席から恐ろしい目つきを送ったが、それだけだった。

 裁判所の大広間には、当事者と野次馬、合わせて三千人以上の人が溢れていた。

 建物の外では、守衛や弓兵の警棒や大槌に押し返された群衆が、声でも言葉でもない唸りを発していた。その唸りだけが聞こえてくる様子は、まさに人から成る波の音と呼ぶに相応しい。

 足音が止み、各員が席に着き、顔を曇らせた国王が大法官に向かって厳かに発言を命じた際にも、同じような沈黙が大広間に訪れた。

 自分たちを標的にして親裁座が開かれていることを、高等法院は予め承知していた。召集された理由も心得ていた。寛大とは言えぬ心積もりを聞かせるために違いない。だが国王が優柔不断とは言わぬまでも、辛抱強いことはわかっている。だから高等法院が恐れているとすれば、それは親裁座そのものではなく、その影響の方であった。

 大法官が演説を始めた。大法官は能弁家であった。その導入の巧みなることは、雄弁な演説を好む方々なら、そこに格好の材料を認めたことであろう。

 しかしながら、演説はやがて厳しい非難に切り替わり、貴族たちは口元に笑みを浮かべ、高等法院の構成員たちはそわそわとし始めた。

 国王は大法官の口を借りて、ブルターニュで問題とされている事件をすべて取りやめることを命じていた。そうしたことにはもううんざりしている。さらに国王は高等法院に命じた。デギヨン氏と和解し、特権を認めること。裁判の過程に口を出さぬこと。そうすればすべては至福の黄金時代のようにうまくいく。そうなれば小川は議会や裁判流の五段階の演説を囁きながら流れ、木々は弁護士や検事の手許にある訴訟袋に詰め込まれ、庭の果物を摘むようにいつでも取り出すことが出来る。

 こうした飴玉によって高等法院はデギヨン氏とだけでなくド・モープー氏との関係も悪化することになろう。だが演説が終わっても、反論することは出来なかった。

 高等法院の構成員たちはぎりぎりと歯噛みしながらも、そもそもの強みである恐ろしいほどの一体感を以て、落ち着き払った無頓着な態度を取った。これが国王や壇上の貴族たちにはひどく気に入らない。

 王太子妃の顔は怒りで青ざめていた。国民から反抗されるのは初めてのことだったが、努めて冷静に相手の力を見積もっていた。

 誇りの高い王太子妃は、決議されたり通告されたことに対して、少なくともうわべだけは反論しようという心積もりで親裁座に赴いて来たのだが、いつしか同じ一族や階級の人々と同じような気持に傾いていることに気づいた。だから大法官が高等法院の連中の目の前で咬みつくたびに、その牙に鋭さが欠けているのを見ては憤りを覚えた。言葉の一つ一つが牛追いに追われる牛の群れのように議会を飛び跳ねさせるものであったならば、と考えていたのである。早い話が気づいたのだ。大法官はあまりに弱く、高等法院はあまりに強い。

 ルイ十五世は人相を観るのが好きであった。利己主義者とは怠け者でない場合には得てしてそうなる。そういうわけだから、自らの心積もりを代弁した言葉がかなり説得力に富んでいると見るや、その効果を確かめようと周囲に目を走らせた。

 王太子妃の口唇が不満そうに青ざめているのを見れば、その心によぎっていたことも手に取るようにわかった。

 公平を期してデュ・バリー夫人の顔を確かめた。そこにあったのは予想とは違って勝ち誇った笑顔ではなく、国王の考えていることを判断したいとでも思っているのか、自分の方を見て欲しいという激しい思いが伝わって来た。

 気持の弱い人間にとって、他人の気持や意思に先んじられることほど恐ろしいものはない。とっくに結論を出されて観察されているのだと気づけば、これから道化を演じることになるのか既に演じていたのかを問わず、下駄を履かせた要求を出すようなことはできないと結論づけるものである。

 そこで人は極端に走る。それまで及び腰だったのが猛り狂い、急に攻撃的になり、さほど脅威でもないものを恐れているせいでそんな反応をしたのだということがばれてしまう。

 国王は大法官の言葉に一言もつけ加える必要はなかった。そんな作法はないし、不可欠なことでもないのだ。ところが今回ばかりは、国王は雄弁の悪魔に取り憑かれて、手を振ってこれから口を開くのだという合図を送った。

 途端に注目ではなく驚きが辺りを覆った。

 高等法院の構成員たちは訓練された兵士のように無駄なく揃って親裁座に顔を向けた。

 王族、大貴族、軍人たちは動揺を隠せなかった。これほどまでに優れた演説の後で、キリスト教の信仰篤きフランス国王陛下が無益なことを言うとは考えられぬ。国王に抱いている敬意のせいで、国王の口からほかのことが飛び出す可能性など思い至らなかった。

 ド・リシュリュー氏は敢えて甥から離れて立っていたが、それでも示し合わすような視線と怪しげな仲間意識でくっついているのがわかる。

 ところが思う通りには行かないもので、デュ・バリー夫人と目が合ってしまった。だが変幻自在の才能では誰にも劣らない。リシュリューは皮肉な目つきを感嘆の目つきに変えて、両端を結ぶ対角線の交わる点を、美しい伯爵夫人に定め直した。

 そこで賛嘆と追従の微笑みをさり気なくデュ・バリー夫人に送ったが、デュ・バリー夫人とてそれに騙されるようなたまではない。そういうわけだから、高等法院や反対派の王族たちとやり取りを交わし始めていた老元帥は、実際にしていたことを悟られないためにそれを続けざるを得なかった。

 一滴の水に映し出された光景の数を思えば、それはさながら海であった! 一秒のうちに幾世紀もの時間が詰まっているのを思えば、それは目も眩むような永遠であった! これまで記して来たことはすべて、ルイ十五世陛下が口を開いて話をしようとしかけた刹那の間に起こったことなのである。

「余の心積もりは大法官から聞いたであろう」国王の声は険しかった。「それが実行された時のことを考えてみよ。余の考えは絶対に揺るがぬ!」

 ルイ十五世は最後の一言を雷鳴の如き大音声で言い放った。

 出席者の誰もが文字通り雷に打たれていた。

 高等法院に走った畏怖の震えは、導火線の端までひた走る火花のように、瞬く間に会衆に広まった。この震えは国王の支持者にも伝染した。驚きと感動が人々の顔に浮かび、心を穿った。

 王太子妃は美しい目をきらめかせて、思わず国王に感謝していた。

 デュ・バリー夫人も電流に打たれて思わず立ち上がっていた。外に出た途端に石を投げられるかもしれないだとか、翌日にはこれまで以上に不愉快な小唄を百も二百も受け取るのではないかという当然の恐れさえなければ、喝采していたところだったろう。

 ルイ十五世はその瞬間から勝利を確信した。

 高等法院の連中は揃って顔を伏せたまま、上げはすまい。

 国王は百合の紋章付きの座布団から腰を上げた。

 すぐに護衛隊隊長、親衛隊隊長、それに侍従たちが立ち上がる。

 外では太鼓の音が響き、喇叭が鳴り響いた。馳せ参じた人々が立てる聞き取れぬほどのざわめきは呻き声に変わり、兵士や弓兵に押し戻されて遠ざかって行った。

 国王は毅然として大広間を闊歩した。伏した頭よりほか見えるものはない。

 デギヨン氏は勝利に驕ることなく、なおも国王陛下の露払いに甘んじていた。

 出口まで至ると大法官が、遠くにまで見物人がいるのを見て、その稲光がここまで届きやしないかとびくついていた。

「離れんでくれよ」と弓兵に命じた。

 ド・リシュリュー氏はデギヨン公爵に深々と頭を下げて声をかけた。

「みんな頭を下げておるな。いつになるかは知らぬが、いずれまた高々と頭を上げる日がやって来るぞ。気をつけるがいい!」

 その頃、デュ・バリー夫人は通路を渡っていた。兄とド・ミルポワ元帥夫人と数人の貴婦人がお供している。伯爵夫人は元帥の言葉を聞きつけて、恨みからではなく反射的に声をかけていた。

「あら、何にも怖いものはありませんのね、元帥。陛下のお言葉をお聞きにならなかったのかしら? 絶対に揺るがない、と仰ったように聞こえましたけれど」

「恐ろしい言葉ですな」老元帥の顔には笑いが浮かんでいた。「だがわしらにとっては幸いなことに、絶対に揺るがぬと仰った時に国王があなたを見ていたことを、高等法院の連中は知りません」

 そしてもはや今では芝居の中ですらお目にかかれぬようなお辞儀をして、歌曲に幕を下ろした。

 デュ・バリー夫人は女であったし政治家ではなかった。デギヨン氏が当てつけと悪意をまざまざと感じた台詞に、伯爵夫人はお世辞しか読み取らなかった。

 そういうわけだから、伯爵夫人が微笑みによって返答に代えていた一方で、同盟者のデギヨン氏は元帥の恨みが深いのを見て口唇を咬み顔色をなくしていた。

 親裁座を開いたことで当座は王国の利益にかなう結果が出た。だが大打撃によって眩暈を起こしただけというのもよくある話で、眩暈が治まればさらに力強くさらに混じりけのない血が巡り始めることになるだろう。

 ――というのが、国王がお供を引き連れて立ち去るのを、フルール河岸とラ・バリエーリ(la Barillerie)街の隅で眺めていた質素な服装をした人々の考えであった。

 人数は三人……偶然からその片隅で一緒になり、人々がどう感じているのかをその場所から興味津々で追っていた。知り合いではなかったが、ひとたび言葉を交わし始めると、議会が終わりもしない内から論を戦わせ出した。

「昂ぶりが熟していますね」目をした、穏やかで誠実そうな顔立ちの老人が言った。「親裁座は大きな成果ですよ」

「そうですね」若者の一人が苦々しい笑みを浮かべた。「成果というのが文字通り実現したのなら」

「失礼ですが……」老人は若者の顔を見つめた。「見覚えがある気がするのですが……お会いしたことがありませんでしたか?」

「五月三十一日の夜でした。仰る通りですよ、ルソーさん」

「ああ、あの時の外科医でしたか。マラーさんでしたね?」

「ええ、お見知りおきを」

 二人は挨拶を交わした。

 三人目の人物はまだ言葉を発していなかった。若くて、気高い顔立ちをした人物で、親裁座の間中、一切たりとも人々から目を話さなかった。

 若い外科医がまずその場を離れ、果敢にも人混みの中に消えた。ルソーほど義理堅くはない町の連中は、その外科医のことなどとっくに忘れていたが、いつの日かその記憶を思い出すことになるだろう。

 三番目の人物は外科医が立ち去るのを待って、ルソーに話しかけた。

「あなたは行かないのですか?」

「あんな人混みに飛び込んで行けるほど若くはありませんからね」

 第三の人物は声をひそめた。「そういうことでしたら、今夜、プラトリエール街で、ルソーさん……どうかお忘れなく!」

 目の前に立っているのは幽霊なのではないかと思い、ルソーはぞっとした。普段から土色の顔色は鉛色に変わっていた。返事をしようとした時には、とうに姿が消えていた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH