翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 106

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第百六章 魂と肉体

 誰もが驚きの目で患者を見つめ、感嘆の目で医者を見つめていた。

 二人とも気が狂ったのではないかと思った者もいたくらいだ。

 マラーがそうした気持をバルサモの耳に伝えた。

「恐怖のあまり正気を失ってしまったのですよ。だから痛がっていないだけです」

「そうは思わんな。正気を失ったどころか、尋いたらちゃんと答えてくれるだろうぜ。死ぬのだとしたらいつ死ぬのか、死なないのだとしたら快復するのはいつ頃のことなのか」

 マラーの感じたことは全員の気持を代辯していた。即ち、気が狂っているのは患者ではなくバルサモの方だ、と。

 そうしている間にも、外科医は血が溢れている動脈を縛っていた。

 バルサモはポケットからガラス壜を取り出し、綿紗ガーゼの上に数滴の液体を垂らすと、その綿紗を動脈に当てるよう執刀医に伝えた。

 執刀医は不思議がりながらも言われた通りにした。

 当時有数の臨床医であり、心から科学を愛する人間であったため、謎をそのままにしておくことなど出来なかったし、彼にとって偶然とはすべてを疑ってかかった後の妥協案でしかなかったのである。

 綿紗を動脈に押し当てると、動脈が震えて泡立ち、血はぽつりぽつりと流れるだけになった。

 そのおかげで血管を縛るのも極めて簡単だった。

 今度こそ、勝利を手に入れたのはバルサモであった。いったい何処で学んだのか、何処の出なのかを、誰もが口々にたずねた。

「俺はゲッティンゲン大学のドイツ人医師だ。ご覧いただいた事実はしばらく前に発見していた。だが同業者諸君、俺はこの発見をまだ秘密にしておきたいのだ。何しろ薪が嫌なんでね。パリ高等法院の奴らは、魔女に火あぶりを命じる味が忘れられなくて、何度でも同じような判決を下すだろうからな」

 執刀医は先ほどからぼうっとしたままだった。

 マラーも呆然として考え込んでいた。

 だが最初に口を開いたのはマラーだった。

「手術の結果について患者にたずねたなら、確実に答えるはずだ、と先ほど仰いましたね。将来的にどういう結果がもたらされるかはまだわからないというのに」

「そのことなら何度でも繰り返そう」

「いいでしょう」

「患者の名前は?」

「アヴァールです」

 バルサモはまだ歌の結びを繰り返していた患者に向かってたずねた。

「このアヴァールの様子から、どんなことがわかる?」

「アヴァールの様子から何がわかるか、ですか? 以前はブルターニュにいましたが、戻って来て、今は施療院にいます」

「その通りだ。施療院に入って、アヴァールを見て、わかる事実を教えてくれ」

「あっ、怪我人です。かなりの重傷で、足が切断されています」

「確かだな?」

「はい」

「手術は成功したか?」

「成功しました。ですが……」

 患者の顔色が曇った。

「だが、何だ?」

「ですが、高熱という恐ろしい試練が待ち受けています」

「いつ?」

「今晩七時です」

 医者たちが顔を見合わせた。

「熱を出してどうなる?」

「熱を出してひどく苦しみますが、最初の発作は乗り切ります」

「間違いないな?」

「ええ、間違いありません」

「その後で助かるのか?」

「残念ながら、違います」患者はため息をついた。

「熱がぶり返すんだな?」

「そうです! 考えられないほどの高熱が。哀れなアヴァール、可哀相に、妻も子供もあるのに!」

 患者の目に涙が浮かんだ。

「すると妻は寡婦になり、子供たちは孤児になるんだな?」

「待って下さい!」

 患者は手を合わせた。

「いえ、違います」

 患者の顔が敬虔な輝きに満たされた。

「妻と子供の熱心な祈りが報われ、アヴァールに神の恩寵がもたらされます」

「では快復するのか?」

「ええ」

「お聞きの通りだ、諸君。患者は快復する」

「何日かかるのか尋いて下さい」マラーが言った。

「何日かかるかだと?」

「ええ。快復の段階と期間を本人から教えてもらえるのでしょう」

「それをたずねるに如くはないな」

「ではおたずね下さい」

「アヴァールが全快するにはどれくらいかかりそうだ?」

「ええ……全快には長い時間がかかります。待って下さい。一か月、六週間、二か月。ここに入ったのが五日前でした。出て行くのは、入ってから二か月と二週間後です」

「全快して出て行くんだな?」

「はい」

「ですが、働くことが出来ない以上、妻と子を養うことも出来ないではありませんか」とマラーが指摘した。

「ああ、慈悲深い神は必要なものを賜ります」

「どのように?」マラーがたずねた。「今日は何でも学ぶつもりですから、是非とも学ばせてもらいましょう」

「神は枕元に憐れみ深い人間をお遣わしになり、『哀れなアヴァールに不自由をさせるつもりはない』と囁かれました」

 医者たちが顔を見合わせ、バルサモがニヤリと笑った。

「我々が不思議な光景に立ち会ったのは間違いない」執刀医は患者の手を取り、心音を確かめ、額に手を当てた。「この男は夢を見ているのだ」

「そう思いますか?」

 バルサモは威厳に満ちた猛々しい眼差しを患者に向けた。

「起きろ、アヴァール!」

 若者はぎこちなく瞼を開き、驚いて医者たちを見つめた。みんな先ほどまでの威圧感が嘘のように、すっかりおとなしくなっている。

「何だ、まだ手術は始まっていないんですか? これから痛めつけようというんですね?」患者は辛そうな声を出した。

 バルサモが慌てて声をかけた。昂奮させるのはまずい。だが慌てる必要もなかった。

 ほかに口を開いた者はいなかった。それほど驚きが大きかったのだ。

「まあ落ち着いて聞いてくれ。執刀医の先生が足の手術をおこない、すべては上手く行った。気力が衰えていたんだろうな。最初のメスを入れる前に、意識を失っていたんだ」

「それは却ってありがたい」ブルターニュ人の患者は喜んだ。「何も感じなかったんですから。むしろ眠っている間は健やかで体力も戻った気がしますよ。運がよかったな! 足を切られずに済むんですから」

 だが次の瞬間、患者は自分の身体に目をやり、血塗れの手術台と切断された足を見つけた。

 悲鳴をあげて、今度こそ本当に意識を失った。

「声をかけてくれ」バルサモは落ち着いてマラーに命じた。「返事があるか確かめるんだ」

 それから執刀医を部屋の隅に引っ張って行った。そうしている間にも、看護士たちが若い患者を寝台に戻している。

「先生、患者の言ったことはお聞きになりましたね?」

「ああ、快癒するようですね」

「それだけではありません。神が慈悲をかけて下さり、妻と子供を養うのに必要なものを用意すると言っていましたよ」

「つまり?」

「要するに、患者が真実を口にしていたのは、この点もほかの点と変わりないということなんです。あなたには、患者と神の間の慈悲を仲立ちする仲介人になってもらいたいのです。ここに二万リーヴル相当のダイヤモンドがあります。患者が直ったら、これを売って、お金を手渡してもらいたい。何しろ、教え子のマラー氏がいみじくも言っていたように、魂が肉体に及ぼす影響には並々ならぬものがありますから、やがてアヴァールが快復したら、本人の未来も子供たちの未来も安心だと、しっかりと伝えてもらいたいのです」

「ですが……」外科医は差し出された指輪に手を伸ばすのを躊躇った。「もし快復しなかったら?」

「快復は確実です!」

「だが受け取りをお渡ししなくては」

「先生……!」

「こんな高価な指輪をお預かりするのなら、それだけは譲れません」

「ではご自由に」

「あなたのお名前は?」

「ド・フェニックス伯爵」

 外科医が隣室に向かうと、マラーがまだ愕然として戸惑ってはいたものの、それでも目の前の事実と折り合いをつけようとしながら、バルサモに近づいて来た。

 五分後、戻ってきた外科医が手に持っていた紙をバルサモに手渡した。

 次のような文面の受け取りである。

「私はド・フェニックス伯爵より、二万リーヴル相当と本人より申告されしダイヤモンドを、アヴァールなる名の患者が施療院より退院する日に、手渡さんがために、受け取ったことを証明す。

 医学博士ギヨタン、一七七一年九月十五日」

 バルサモは一礼すると、受け取りを手に、マラーを連れて外に出ようとした。

「頭を忘れているぞ」若き外科医がぼんやりしているのを見て、バルサモが声をかけた。

「ああ、そうでした」

 マラーは不吉な荷物を回収した。

 通りに出ると、二人とも物も言わずに足早に歩き続けた。コルドリエ街に着くと、急な階段を二人して上り、屋根裏に向かった。

 管理人小屋――それは小屋の名前に相応しい穴蔵だったが、その前まで来ると、時計を失くしたことを忘れていなかったマラーは、立ち止まってグリヴェットさんにたずねた。

 十七、八歳のひょろひょろと痩せっぽちの少年が、がらがら声でそれに答えた。

「母ちゃんは出かけてます。先生が戻って来たら、この手紙を渡してくれって言ってました」

「いや、自分で持って来るように言ってくれないか」

「わかりました、先生」

 マラーとバルサモは先に進んだ。

「驚きました!」マラーはバルサモに椅子を勧め、自らは脚立に身体を預けた。「恐ろしい秘密をご存じだったんですね」

「他人より早く、自然や神の秘密に分け入っていたに過ぎんよ」

「科学によって人間が全能であることが証明されるとは! 人間であることを誇りに思うべきです!」

「そうだな。だが先生、つけ加えることがあるだろう」

「もちろん、あなたを誇りに思っております、親方マスター

「そうは言っても、俺は魂の医者でしかない」バルサモはニヤリと笑って答えた。

「それは通りませんよ。物理的な方法で血を止めたのはあなたなんですから」

「患者が苦しまなかったのは俺が最善の選択をしたからに過ぎん。お前の方は、患者の気が狂ったのだと断言していたな」

「一瞬だけ気が狂っていたのは確かです」

「狂気とは何だ? 魂が何処かに行ってしまうことではないのか?」

「或いは精神が」

「それはどうでもいい。『魂』というのは俺の言いたい言葉を言い表すのに都合がいいだけだ。探しているものが見つかってしまえば、それがどう呼ばれようと構わん」

「それには同意できませんね。探していたものが見つかり、後はそれを表現する言葉を探すだけだと仰いますが、探しているのは言葉とものの両方だとしか思えません」

「そのことは後で話そう。狂気とは一時的に精神が何処かに行ってしまう状態のことだと言ったな?」

「その通りです」

「自発的にではなく。そうだな?」

「そうです……私はビセートルで狂人を見たことがあります。鉄製の柵を齧りながら、『おい料理人、この雉の肉は柔らかいが、ちゃんと火が通ってないぞ』と叫んでいました」

「しかしだな、狂気とは精神をよぎる雲のようなものであり、雲が晴れれば精神も初めの明るさを取り戻すことは認めるだろう?」

「そうなることは滅多にありません」

「だがさっきの患者は狂気の眠りから覚めて、完璧に理性を取り戻したではないか」

「確かにそれを目にしましたが、自分の見たものがまったく理解できないのです。あれは極めて稀な症例であり、ヘブライ人が奇跡と呼んだ出来事なのでしょう」

「それは違う。あれは魂の一時的な不在、つまり物質と精神が二重に断絶したに過ぎん。物質とは不活性なもので、いずれ塵に還る塵だ。魂とは肉体という角灯に一時的に閉じ込められた神聖な火花であり、天の娘。いずれ肉体が朽ちれば天に還るものだ」

「ではあなたは一時的に肉体から魂を引き出したと言われるのですか?」

「そういうことだ。俺は魂に向かって、囚われている惨めな場所から離れるように命じてやった。苦しみと痛みの淵から魂を引き出してやり、自由と純粋の世界に旅立たせてやった。だとしたら外科医に残されているのは何だろうな? 死んだ女からその頭部を切り離した際に、お前のメスに残されているものは、ただの不活性な肉体、物質、粘土に過ぎんのではないか」

「ではいったい何者の名において魂を操っていたというのですか?」

「一吹きであらゆる魂を創造した者の名において。世界中の魂、全人類の魂を創造した、神の名において」

「ではあなたは自由意思を否定するのでしょうか?」

「俺が? おいおい、ではさっきまで俺は何をしていたんだ? 一方では自由意思を見せてやり、一方では魂が一時的に不在であることを見せてやったじゃないか。ひどい苦しみに冒されて死にかけている患者がいた。あの男は気丈な魂の持ち主だったから、手術に立ち向かい、挑み、耐え、そしてなお苦しんでいた。これは自由意思のためだ。だが俺が男に近づいた。神の遣いにして、予言者、使徒であるこの俺が、同胞を哀れに思い、主から授かった力を使って、苦しんでいる肉体から魂を取り出したのだ。そうすることによって、目も見えず不活性で無感覚な肉体は、魂にとっては純粋な世界の高みから見下ろす光景に過ぎなくなった。アヴァールの言ったことを聞かなかったのか? アヴァールは自分を『哀れなアヴァール』と呼んだではないか! 『私』とは言わなかった。あれはつまり、魂が既に肉体から離れ、天に近いところにいたのだ」

「ですがそうなると、人間には何もなくなってしまうではありませんか。独裁者に向かって、『お前には私の肉体を自由にすることは出来ても、私の魂を自由にすることは出来ぬ』とすら言えなくなってしまいます」

「まったくお前は事実から詭弁をひねり出す奴だな。それが欠点だと言ったではないか。神が肉体に魂を貸与したことは事実だが、魂が肉体に宿っている間は二つは一つであり、魂が肉体に影響を与え、物質が精神を支配しているのも、また事実だ。神は俺たちにはわからない考えに基づいて、肉体が王であることも魂が女王であることも禁じてはいないのだ。だが乞食に生命を与える息吹が、王を死なせる息吹とまったく同様に純粋であるのもまた事実だ。それがお前ら平等教徒の唱えたがっている教義なんだろう。二つの霊的精髄の間の平等を証明してみるがいい。幾らでも証明できるだろう。この世にはそのために利用できる神聖なものが幾つもあるんだからな。聖書、伝統、科学、信仰。二つの物質が平等かどうかなどはどうでもいい! 肉体の平等など神の前でごまかせはしないんだ。ついさっきあの患者は、つまり何も知らぬ大衆の落とし子は、自分の容態について、医者たちの誰も言おうと出来なかったことを口にしただろう。何故だかわかるか? それは魂が一時的に肉体のくびきから解放され、地上を滑空し、俺たちの無智を覆っていた神秘を上から見下ろしていたからだ」

 マラーは卓上に置いた死者の首をいじりながら、答えを見つけ出そうとしていた。

「そうですね。そこには何か超自然的なものがあるのでしょう」ようやく言えたのはそれだけだった。

「自然であって、超自然などではない。魂が生来持っている機能を超自然と呼ぶのはよせ。至って自然なこの機能は、機知のものに過ぎん」

「あなたには神秘でも何でもないのでしょうが、多くの人間にとっては未知のものなのです。ペルー人には未知の馬も、イスパニア人には馴染みがあって、よく調教されていたのですから」

「『知っている』と口にするのは自惚れになろう。俺はもっと謙虚に『信じている』と表現しよう」

「つまり、何を信じているのです?」

「俺が信じているのは、あらゆるものの中でもっとも優れてもっとも強力な原理、つまり進歩という原理を信じている。神はほかならぬ幸福や徳を目的として創造したのだと信じている。だがこの世にはあまりにも多くの命があるから、進歩はのろい。聖書によれば、印刷術によって過去を反射し未来を照らす巨大な灯台が出現した時には、俺たちの星は誕生から六十世紀を数えていたそうじゃないか。印刷術のおかげで、無智や忘却とは無縁になった。印刷術とはこの世界の記憶だ。グーテンベルクが印刷術を発明してくれたおかげで、俺は再び信じることが出来るようになったんだ」

「どうやら将来的には心を読めるようにもなりそうですね?」マラーが冷やかすようにたずねた。

「出来ない理由はない」

「すると、多くの人々があれほど覗きたいと願って来た、あの小さな穴を人間の胸に開けたりなさるんでしょうね?」

「それには及ばん。肉体から魂を切り離せばいい。後は魂という純粋にして無垢な神の娘が、それまで動かしていた人間の包みがどれだけ卑しいかをたっぷりと教えてくれる」

「物理的な秘密も明らかになると?」

「いけないか?」

「例えばですが、私の時計を盗ったのが誰かわかるのですか?」

「これはまた科学をえらい水準に引き下げてくれたな。まあいい! 神の偉大さは砂粒でも山でも同じように証明できるし、蚤でも象でも同じことだ。いいだろう。時計を盗った奴を教えてやる」

 ここで扉を叩く音がした。管理人が言われた通りに手紙を持って来たのだ。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH