翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 107

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第百七章 マラー宅の管理人

 扉が開き、クリヴェットさんが入って来た。

 これまでこのご婦人に詳しく筆を割いて来なかったが、それというのもよほどのことがない限り画家が描くのを避けるような類の人物だったからだ。それが今やこの物語の真っ直中に顔を出し、これまで読者の目に披露して来た巨大な絵巻にその姿を刻むこととなった。この絵巻というものには、筆者の霊感と思惑が一致さえすれば、乞食から王様まで、怪物キャリバンから妖精アリエルまで、妖精から神までをも登場させることが出来るのだ。

 それでは、舞台裏を離れて表舞台に姿を見せたグリヴェットさんについて筆を取ってみようと思う。

 ひょろひょろと痩せこけた、三十二、三の、肌の黄ばんだ女性で、青い目はぞっとするような黒い隈に縁取られている。肉体的にも精神的にも劣悪で逼迫したひどい暮らしと年のせいだ。神はこの者たちを美しく造り給いて、宙と天と地に在るよろずの生き物のそうである如く、見事なまでに健やかに育て給うたであろう。その者が人生の多くを痛めつけられて来なかったなら、言わば足枷で足を、飢えで胃を、食糧がまったく無いにも等しいような命取りの食糧で胃を傷めて来なかったならば。

 だから、マラーのところの管理人は美しい女であったことであろう。もし十五歳のみぎりより風も陽も当たらぬあばら屋で暮らしていなければ。もし生来の輝きがこの窯の熱さや氷の冷たさで絶えずじわじわと炙られていなければ。細く長い指にはお針子仕事で出来た糸の跡がついており、水仕事のせいであかぎれてぶよぶよとなり、炊事で使う火に当たって固くなっていた。だがそれにもかかわらず、その手の形を見れば、即ち消そうとしても消えないその神々しい肉付きの跡を見れば、王家の手にも紛えたはずだ。それが箒を握って出来たマメではなく笏を握った出来たマメであったならば。

 以上のことからわかる通り、この哀れな人物の肉体は筆者がお話ししたことの外面に過ぎない。

 このご婦人の内部では精神が肉体をしのいでいたので、精神は肉体よりも打たれ強く、燈のように燃え続けていた。言わば、それは透き通るような光で肉体を照らし、時にはぼやけて曇った目に、智性・美・若さ・愛・つまり生来人間に備わっているあらゆる魅力の輝きが灯るのも見えたのである。

 バルサモはしばらくこの女を、もといこの非凡な存在を見つめていた。見つめられた管理人の方は、はなからバルサモの探るような目つきにぎょっとしている。

 とにかく中に入って手紙を手渡そうと、老婦人のような穏やかな声をかけた。辛苦に引導を渡された女は三十歳で老いるものなのだ。

「マラーさん、あなたが仰ってた手紙ですよ」

「別に手紙を待っていたわけじゃない。あなたに会いたかったんです」マラーが答えた。

「おやまあ、ここに参上いたしましたよ、マラー閣下」

 グリヴェットさんは深々とお辞儀をした。

「ご用件は?」

「時計のことですよ。おおかた予想はしていたでしょう」

「時計がどうなったかなんて知りっこありませんよ。昨日は一日中その暖炉の鉤にぶら下がっていたんですからね」

「そんなはずはない。昨日は一日中ポケットの中だったんだ。ただし夕方六時に出かける時には、人混みの多いところに行く予定だったから、盗まれるのが嫌で燭台の下に置いておきましたがね」

「燭台の下に置いたんでしたら、今もそこにございますでしょう」

 管理人は自らの言葉を疑いもせず、マラーが時計を隠したという暖炉上の二客の燭台を親切ごかしに持ち上げに向かった。

「ほら、燭台はちゃんとあるじゃございませんか。さて時計は? あら、本当に見当たりませんね。ちゃんとここに置いたんですか、マラーさん?」

「もちろん、そう言ったからには……」

「ちゃんと捜して下さいな」

「とっくに捜しましたよ」マラーは眉をひそめた。

「じゃあ落としてしまったんでしょうねえ」

「昨日、この燭台の下に、時計を置いた。そう言ったはずです」

「じゃあどなたかいらしたんじゃないですか。誰彼なしにお連れして来るんですから!」

「言い訳は結構!」苛立ちを募らせ、マラーが声をあげた。「昨日から誰もここには来ていないのはご存じのはずですがね。あの時計も、最後のステッキの銀の握りや、あの銀のスプーンや、六枚刃のナイフがたどったのと同じ道をたどったんですよ! 盗まれたんです、グリヴェットさん、盗まれたんですよ。散々我慢して来ましたが、これには我慢できません。いい加減にしてもらいましょう!」

「おやマラーさん、もしかしてあたしを責めてるんですか?」

「あなたには私の持ち物を監督しておく義務がある」

「鍵の一つも持ってませんよ」

「だって管理人じゃありませんか」

「月に一エキュで二人分のお仕事をしろと仰るんですか」

「仕事が拙いことを問題にしているんじゃありませんよ。ものが盗まれることを問題にしているんです」

「あたしは正直な人間ですよ!」

「一時間以内に時計が見つからなければ、その正直な人間を警察に引き渡します」

「警察に?」

「ええ」

「あたしみたいな正直者を警察に?」

「正直者、正直者ねえ……」

「ええそうですとも。それについちゃ何にも言うことはありませんよ」

「わかりました、もう結構です、グリヴェットさん」

「わかってますよ! 留守の間にあたしが何かしたんじゃないかとお疑いなんでしょう」

「杖の握りが消えた時から疑っていました」

「じゃあ今度はあたしにも一つ言わせてもらいましょうか」

「何についてです?」

「お留守の間に相談していたことについてですよ」

「相談? 誰に?」

「ご近所の方々にです」

「それはまたどうして?」

「お疑いの件でですよ」

「疑いを口にしたことは一度もなかったが」

「察しはついていましたからね」

「それで? 近所の人たちは何と言っていたんですか。それを聞きたいですね」

「あなたがあたしを疑ったり、誰かに疑いの目を向けたりするようなことをするんでしたら、徹底的におこなうべきだと言われましたよ」

「つまり?」

「つまり、時計が盗まれたという証拠ですよ」

「時計は盗まれたんです。そこにあったものが今はなくなっているんですから」

「ええ、もちろんあたしが盗んだんでしょうよ。でも裁判には証拠が要るんですよ。言葉だけじゃ誰にも信じてもらえませんからね、マラーさん。あなたもあたしたちと同じなんですからね」

 バルサモはいつものように冷静にこの場面を眺めていた。マラーの確信は些かも揺らいではいないように見えたが、声からは勢いが削がれているのがわかる。

「いいですか」管理人はなおも続けた。「あたしを信用なさらないって言うんでしたらね、謝罪なさらないって言うんでしたらね、警察を呼びに行くのはあたしの方ですよ。地主の方もついさっきそう仰ってましたからね」

 マラーは口唇を咬んだ。脅しではないことはわかっていた。地主というのは引退した裕福な老商人で、四階の部屋に住んでおり、近所の噂によれば、かつて妻の料理女だった管理人のことを数十年前から非常に可愛がっているらしい。

 一方のマラーにはいかがわしいつきあいがあった。マラーは清廉潔白とは言えない若者であった。マラーには隠しごとがあった。マラーは警官から疑われていた。警察と関わり合うのは避けたかったし、ド・サルチーヌ氏の手に捕らえられるのは問題だ。マラーのような若者の書いたものを読んだり、そうした文書の作者をヴァンセンヌ、バスチーユ、シャラントン、ビセートルという名の瞑想小屋に放り込むのをこよなく愛しているような人物なのだから。

 それ故にマラーの声は小さくなった。だがマラーの声が小さくなるにつれ、管理人の声は大きくなっていた。いつしか被告人から告発者に立場は変わり、神経質で癇癪持ちな性向が気流に乗った炎のように燃え上がった。

 脅し、呪詛、叫び、涙、ありとあらゆる攻撃が、暴風雨さながらに繰り出された。

 もうそろそろ仲裁すべき頃合いだと感じたバルサモは、部屋の真ん中に立って凄んでいる管理人に近づいた。恐ろしい目つきで睨みつけながら、二本の指を管理人に突き出した。そして口ではなく目を、念を、あらゆる意思を用いて、マラーには聞こえない言葉を発した。

 すぐにグリヴェットさんは口を閉じて、ふらふらと揺れながら後じさりした。目を見開き、磁気の霊力に押し寄せられて、物も言わずに寝台に倒れ込んだ。

 やがて目を閉じ、また開いた。だが焦点は合っていない。言葉は引き攣り、身体はぴくりともせず、手だけが瘧にかかったように震えている。

「病院の時と同じだ!」マラーが声をあげた。

「そうだな」

「では眠っているのですか?」

「静かに!」

 バルサモはマラーに話しかけた。

「今こそ疑いは去り、躊躇いは消えるはずだ。この女が持って来た手紙を拾ってくれ。倒れた時にそこに落ちたんだ」

 マラーは言う通りにした。

「それで?」

「まあ待て」

 マラーの手から手紙を受け取った。

「差出人を知っているか?」バルサモは催眠状態の管理人に手紙を見せた。

「いいえ、知りません」

 バルサモは封の切られていない手紙を管理人に近づけた。

「マラー氏に読み上げてやってくれ。手紙の内容を是非とも知りたいそうだ」

「出来るわけがありませんよ」マラーが言った。

「そうだな。だがお前には読めるだろう?」

「それはそうです」

「よし、では読んでくれ。お前の心に文章が刻み込まれると、それを追ってこの女が読み上げる」

 マラーは手紙を開封して読み始めた。するとグリヴェットさんは立ち上がり、バルサモの全能の力に囚われて震えながら、マラーが目で追っている文章を繰り返した。

 ――親愛なるヒポクラテス殿

 アペレスは最初の肖像画を仕上げたところだよ。五十フランで売れた。今日はこの五十フランでサン=ジャック街の食堂に食べに行かないか?

 もちろん軽く飲めるところだ。

   L・ダヴィッド

 一字一句間違いはなかった。

 マラーは手紙を落とした。

「さあ。これでグリヴェットさんにも魂があり、眠っている間も魂は起きているのはわかっただろう」

「不思議な魂ですね。肉体が読めないものを読むことが出来るなんて」

「魂には何でも出来る。魂はあるがままに写し取ることが出来るからだ。試しにこの女が目覚めたら、つまり肉体がその覆いで魂を包み込んだら、この手紙を読ませてみろ。お前にもわかるだろう」

 マラーは何も言わなかった。自身の持つ唯物観が必死で反撃を試みるが、答えは見つからなかった。

「では一番の問題である、時計の在処に移ろうか。グリヴェットさん、マラー氏の時計を盗んだのはお前か?」

 管理人は激しく否定した。

「何にも知りません」

「知っているはずだ。答えなさい」

 改めてさらに強く念を送った。

「マラー氏の時計を盗んだのは誰だ? 言え」

「グリヴェットさんはマラー氏の時計を盗んでいません。どうしてマラー氏は時計を盗んだのがグリヴェットさんだと思っているのですか?」

「時計を盗んでいないというのなら、誰が盗んだんだ。答えよ」

「知りません」

「意識は最後の砦なんですよ」マラーが評した。

「もうほとんど信じかけているんだろう。もうすぐ確信に変わるはずだ」

 バルサモは管理人に命じた。

「言うんだ」

「まあまあ、無理なことを求めないで下さい」マラーが取りなした。

「聞こえたな。俺は教えてくれと言ったんだ」

 するとこの絶対的な命令を聞いて、管理人は狂人のように腕をよじらせ始めた。癲癇のような震えが身体中に走り出した。口から恐怖と怯えの声を出し、後ろにひっくり返ると、痙攣ひきつけでも起こしたように身体を強張らせ、寝台に崩れ落ちた。

「嫌です、嫌です! 死んでしまった方がましです!」

 バルサモは怒りに燃えて目から炎をほとばしらせた。「死んでもらう時には死んでもらうが、今は話してもらわんとな。それだけ黙りを決めて強情を張られれば、俺たちにとっては証拠も同然なんだが、疑り深い奴らにはもっと確実な証拠が必要なんだ。さあ話せ。時計を盗んだのは誰だ?」

 神経の高ぶりが限度を越えた。管理人は全力でバルサモの意思に歯向かった。不明瞭な叫びをあげ、口の端から赤い泡を吹き出した。

「癲癇を起こしてしまいます」マラーが言った。

「恐れるな。嘘つきの悪魔が女を支配し、出て行こうとしないだけだ」

 バルサモは持てるだけの霊力を管理人の顔に放った。

「話せ。話すんだ。時計を盗んだのは誰だ?」

「グリヴェットさんです」かろうじて聞き取れるだけの声が洩れた。

「いつ盗んだんだ?」

「昨日の晩です」

「時計は何処にあった?」

「燭台の下です」

「時計をどうした?」

「サン=ジャック街に持って行きました」

「サン=ジャック街の何処だ?」

「二十九番地です」

「何階だ?」

「六階です」

「住んでいるのは誰だ?」

「靴屋の見習いです」

「名前は?」

「シモン」

「何者だ?」

 管理人は口を閉ざした。

「何者だ?」バルサモは繰り返した。

 沈黙が続く。

 バルサモが霊力を溜めた手をかざすと、この攻撃を受けた管理人は、ようやくのことで弱々しく呟いた。

「愛人です」

 マラーが驚きの声をあげた。

「静かに! 意識に話をさせるんだ」

 バルサモはぶるぶると震えている汗まみれの女になおも話しかけた。

「グリヴェットさんに盗みをそそのかしたのは誰だ?」

「誰でもありません。たまたま燭台を持ち上げたんです。時計が見えたので、悪魔が囁いたのです」

「金に困っていたのか?」

「違います。時計は売りませんでしたから」

「では只でやったんだな?」

「そうです」

「シモンに?」

 管理人は歯を食いしばった。

「シモンに」

 管理人は両手で顔を覆って溢れる涙を受け止めた。

 バルサモがマラーを見ると、口をぽかんと開け、髪を振り乱し、目を見開いて、この恐ろしい光景を見つめていた。

「どうだ。魂と肉体の相克を見た感想は。難攻不落かと思われた砦にいても、意識は打ち破られただろう? 神はこの世に何一つ忘れることはなかったし、あらゆるものがあらゆるものの内にあるのもわかっただろう? もはや意識を否定すまいな。もはや魂を否定するな。もはや知らぬことを否定するな。なかでも信じることを否定するな、それこそ最高の力だ。野心を持っているのなら、学ぶことだ、マラーよ。言葉を控えて考えることに努めろ。目上の人間を軽んじるのはよせ。さらば、俺の言葉によって広い地平が開けたはずだ。その土地をくまなく探せ。幾つもの宝が埋まっている。さらば。心に巣食う懐疑の悪魔を打ち負かすことが出来れば、きっと運は開ける。俺がこの女に巣食う嘘つきの悪魔を打ち負かしたようにな」

 立ち去り際にバルサモが残したこの言葉を聞いて、マラーの頬は屈辱で真っ赤になっていた。

 別れを告げることさえ頭に浮かばなかった。

 だがようやく我に返ると、グリヴェットさんがまだ眠っていることに気がついた。

 この眠りにはぞっとする。たといド・サルチーヌ氏にどう解釈されようと、死体が寝転がっている方がましだった。

 弛緩した身体、白目を剥いた目、荒い呼吸を見ると、怖くなった。

 生ける死体が起き上がって、近づいて手をつかんだ時には、恐怖が頂点に達した。

「一緒に来て下さい、マラーさん」

「何処まで?」

「サン=ジャック街に」

「何故です?」

「来て下さい。あなたを連れて行くように命じられているんです」

 椅子に倒れ込んでいたマラーが立ち上がった。

 するとグリヴェットさんは眠ったまま扉を開け、鳥や猫の如く飛ぶように階段を降りた。

 グリヴェットさんが転んで頭を割るんじゃないかと冷や冷やしながら、マラーも後を追った。

 階段の下まで来ると、戸口を越えて通りを横切り、マラーを一軒の家まで案内して屋根裏を指さした。

 管理人が扉を敲いた。マラーの心臓が激しく打ちつけ、その音が聞こえそうなくらいだった。

 屋根裏には一人の男がいた。扉を開けたのは二十代後半から三十歳くらいの労働者だ。以前に管理人室で見たことがある。

 グリヴェットさんの後ろにマラーがいるのを見て、男は後じさった。

 だが催眠状態の管理人はまっすぐに寝床に向かい、粗末な長枕の下に手を突っ込み、時計を引っぱり出してマラーに手渡した。靴屋のシモンは恐怖で青ざめ、口を利こうともせぬまま、気が狂ったに違いない女の一挙手一投足に困惑した眼差しを向けていた。

 時計を返そうとマラーの手に触れた途端、管理人は深い息をついて呟いた。

「眠りが解けます」

 その言葉通り、滑車から滑り落ちた縄のようにすべての神経が緩み、目には生命の火が舞い戻った。マラーと向かい合って手をつかみ、時計という動かせない犯罪の証拠を持っていることに気づくと、気を失って屋根裏の床にひっくり返った。

「意識など本当に存在するのだろうか?」部屋から出たマラーの心には疑いが、目には夢想が浮かんでいた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH