翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 108

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第百八章 人と著作

 マラーが忙しく時間を過ごし、意識と二重の生命に哲学的考察を凝らしている間、プラトリエール街に住むもう一人の哲学者もまた、昨晩の出来事を一つ一つ組み立て直し、自分が間違っていたのかどうかをじっくりと考えていた。腕を卓子に力なく乗せ、首を左に傾げて、ルソーは思いを巡らせていた。

 目の前に大きく開いてあるのは、政治と哲学に関する書物、『エミール』と『社会契約論』だ。

 時々思いついたように前に乗り出し、暗記している本のページをめくった。

「何てことだ!」信条の自由に関する『エミール』の記述を読んで、ルソーは声をあげた。「何と煽情的な文章なんだ。恐ろしい考え方だ! 世間からはこんな煽動者に思われていたのか?

「暗く澱んだ情熱の持ち主たちがわたしの詭弁を濫用して、レトリックのばらまかれた小径に迷っても驚くまい。わたしは社会を攪乱していたのだ……」

 愕然として立ち上がり、狭い部屋をぐるぐると歩き回った。

「作家を弾圧する権力者のことをこれまで批判して来たが、狂った野蛮人はわたしの方であり、向こうは常に正しかったのだ。

「わたしはただの危険人物なのか? 民衆を照らそうと思って言葉を投げかけていたのに、少なくともそういう建前で言葉を投げかけていたというのに、わたしの言葉は世界を焼き払う松明でしかなかったのか。

「社会的な不平等問題について土壌を耕し、博愛の種を遍く広めようとし、教育についての構想を育んで来たというのに、手に入るのが、社会の良識をひっくり返すようなひどい自惚れや、人口を減らすような内戦や、文明を千年も後退させるような野蛮な習慣でしかないとは……わたしはとんでもない犯罪者だ!」

 ルソーは『サヴォワの助任司祭』を読み返した。

「確かにそうだ。『幸福のために一致団結しよう……』と書いている! 『他人が悪徳に与える力をわたしたちは美徳に与えよう』とも書いているじゃないか」

 ルソーはかつてないほどの絶望に震えた。

「わたしの過ちのせいで、同胞ブラザーたちが顔を合わせ、いつか地下集会の最中に警察に踏み込まれるのではないか。裏切りがあった場合には互いに喰らい合うと誓った人々の群れが捕らえられれば、他人よりも図太いと感じている人間はポケットからわたしの著作を取り出して言うのだろう。

「『何の文句があるのかね? 我々はルソー氏の支持者であり、哲学の講義を受けていただけだ』

「これにはヴォルテールも笑うだろうな! あの太鼓持ちにはこんな大騒ぎに潜り込んでいる恐れなどないのだから」

 ヴォルテールに笑われると考えただけで、このジュネーヴの哲学者に激しい怒りが湧き起こった。

「要するにわたしは悪巧みしてばかりの、いまだに子供なのだ。そのうえ、よい策士とは言えまい?」

 そんなことをしている内に、テレーズがいつの間にか朝食を運んで来た。

 ルソーが『孤独な散歩者の夢想』の断章を読んでいるのを見て、テレーズは声をあげた。

「おやまあ!」読んでいる最中の本の上にホット・ミルクを乱暴に置いた。「うちの自惚れ屋さんと来たら、鏡に自分の姿を映しているよ。自分の本を読んで、自分に感心しているんだからねえ!」

「ああ、テレーズ。放っておいてくれないか。冗談を言う気分じゃないんだ」

「まあ、ご立派ですこと」テレーズは鼻で笑った。「物書きってのは虚栄心と欠点だらけのくせして、あたしたち女にはそれを許さないんですからね。あたしが鏡を覗こうとしたら、ぶうぶう文句を言ってあばずれだとか言うくせに」

 テレーズはこんな調子でルソーを惨めな男扱いし続けた。生まれてこのかた惨めなことがまだ足りないとでも言いたげに。

 ルソーはパンを浸さずに牛乳を飲んだ。

 じっくりと考え込んでいる。

「ええ、じっくり考えればいいんですよ。ふざけたことばかり集めてまた本をお書きになればいいんです……」

 ルソーが震え出した。

「あなたは女の中に理想を夢見ているんですよ。どうせ若い娘さんが読もうともしないような本や、執行人の手で燃やされるような冒涜的な本ばかりお書きになるんでしょう」

 ルソーはがたがたと震えていた。テレーズに痛いところを突かれたのだ。

「いや、もう人に悪い影響を与えるようなものは書かないよ……それどころか、正直な人たちが喜んで読むような本を書こうと思っている……」

「おやまあ!」テレーズがコップを下げた。「無理ですよ。嫌らしいことしか頭にないんですから……いつかまた、わけのわからない文章を読むのを聞かされたり、理想の女の話を聞かされたりするんですよ……この変態の魔法使い!」

 この魔法使いという言葉は、テレーズの語彙の中ではもっとも卑しい罵りだった。この言葉を聞くたび、ルソーは決まって震え上がった。

「それだよ、それ。きっと満足してもらえると思う……わたしが書こうと思っているのは、世界を変えても誰一人苦しまないように変える方法を見つけたということだよ。この着想を推し進めるつもりなんだ。革命ではない! 神よ! テレーズ、革命ではないんだ!」

「そのうち確認できるでしょうよ。おや! 誰か来ましたよ」

 テレーズは若者を控え室で待たせておいて、すぐに戻って来た。

 部屋に戻ると、ルソーは既に筆を取っていた。

「その嫌らしいものをさっさと片づけて下さいな。お会いしたいそうですよ」

「どなただい?」

「貴族の方ですよ」

「名乗らなかったのかい?」

「まったくねえ! あたしが見知らぬ人を家に入れると思ってるんですか?」

「誰なんだい?」

「ド・コワニー様です」

「ド・コワニーだって! 王太子殿下の侍従のかい?」

「そうじゃないですか。感じのいい人でしたよ」

「今行くよ、テレーズ」

 ルソーは慌てて鏡を覗き、服の埃をはたき、履き古してぼろぼろの、一つしかない古いつっかけを拭いて、食堂に向かうと、そこには侍従が待っていた。

 坐ってはいなかった。ルソーが紙に貼り付けて、黒い枠で囲っていた植物を不思議そうに眺めている。

 ガラス戸の音を耳にして振り返り、礼儀正しく挨拶をした。

「ルソー殿ですか?」

「ええ、そうです」ぶっきらぼうな口調にも、相手の際立った魅力と気取りのない優雅さに対する感嘆が滲んでいた。

 事実ド・コワニー氏は感じのいい魅力に溢れたフランス貴族であった。この時代の服装は氏のために考案されたと言っても過言ではあるまい。見事なほどほっそりとした足回りを際立たせ、豊かな肩や厚い胸の魅力を露わにし、落ち着いた顔に優雅な雰囲気を与え、象牙のように白く整った手を輝かせていた。

 ルソーはこの観察結果に大いに満足した。如何なる場合であろうと美を讃美する芸術家であったのだ。

「失礼ですが、どういったご用件でしょうか?」

「恐れながら、ド・コワニー伯爵と申します。王太子妃殿下のお申しつけにより参上いたしました」

 ルソーは顔を火照らせてお辞儀をした。テレーズは食堂の隅でポケットに手を突っ込んだまま、好ましい目つきでフランス大公女の使いに見とれていた。

「妃殿下がわたしに……どういうことでしょうか? いや、それよりもどうか椅子にお掛け下さい」

 ルソー自身も腰を下ろし、ド・コワニー氏もそれに倣って藁椅子に腰掛けた。

「こういう事情なのです。陛下が先日トリアノンで正餐をお召し上がりになった折り、あなたの音楽に好感をお示しになり、幾つかの節を口ずさんでいらっしゃいました。陛下のお気に召すものをお探ししていた王太子妃殿下は、トリアノンの舞台であなたのオペラを上演すれば国王もお喜びになるのではないかとお考えになり……」

 ルソーが深々と頭を下げた。

「それでこうして王太子妃殿下のお申しつけにより、お願いに参ったという……」

「ああ、待って下さい」ルソーが遮った。「わたしの許可など必要ありませんよ。あれに含まれている曲やアリアは、上演する劇場のものです。お願いするなら俳優ですが、俳優たちもわたしと同じく反対などすまいと思いますよ。大喜びで陛下や殿上人の御前で歌い演じることでしょう」

「正確に申しますと、ここに参ったのはそのためではありません。王太子妃殿下は国王陛下に滅多にないような娯楽を提供なさりたがっておいでです。陛下はあなたのオペラはすべてご覧になっていらっしゃいますし」

 ルソーはまたも深々と頭を下げた。

「好んで口ずさんでいらっしゃいます」

 ルソーが口元を引き締めた。

「大変光栄なことです」と呟いた。

「それでなのですが、宮廷の貴婦人の方々は優れた音楽家であり歌も大変お上手で、貴族の方々も如才なく音楽をたしなんでいらっしゃるので、妃殿下はあなたのオペラのいずれかをお選びになったうえで、貴族の男女に演じてもらい、主役は殿下ご夫妻が務めたいとお考えなのです」

 ルソーは腰掛けから飛び上がった。

「身に余る光栄です。どうか感謝の言葉を妃殿下にお伝え下さい」

「いやいや、まだ話は終わっておりません」ド・コワニー氏が微笑んだ。

「そうでしたか!」

「集まった劇団が何処よりも豪華なのは間違いありませんが、如何せん経験がほとんどありません。指導者の判断や助言が不可欠なのです。王家専用席のやんごとなき観客や、高貴な俳優に相応しい舞台になることでしょう」

 ルソーが立ち上がって頭を下げた。これはお世辞に気をよくしたもので、ド・コワニー氏に対して恭しくお辞儀をした。

「そのために妃殿下は、あなたにトリアノンに来ていただいて、稽古をつけて欲しいと仰っております」

「え……よもや妃殿下がそんなことを……わたしがトリアノンに?」

「どうでしょうか……?」ごくさり気なくド・コワニー氏がたずねた。

「あなたは見識も智性もお持ちで、誰よりも頭の切れる方だとお見受けします。どうか率直にお答え下さい。哲学者ルソー、追放者ルソー、人間嫌いルソーが宮廷に伺ったら、笑いものにされるのではないのですか?」

「愚かな者たちが嘲笑や中傷であなたを責め立てたからといって、王国第一と目される紳士でもあり著述家でもある方が眠りを妨げられる理由がわかりません」ド・コワニー氏は淡々と答えた。「そうした弱いところをお持ちなのでしたら、しっかりとお隠しになって下さい。人々の笑いを誘うのはその弱さにほかなりません。口さがない人々も口には気をつけざるを得ないことは、あなたもお認めになるでしょう。何しろことは王太子妃殿下、つまり将来のフランス王家の後継者であられる方の楽しみや希望に関わることなのですから」

「そうですね」ルソーが言った。「確かにそうです」

「建前上遠慮なさっているのですか?」ド・コワニー氏が微笑んだ。「国王に厳しかった以上、自分に甘くするわけにはいかないと? ああ、ルソーさん、あなたは人類を啓蒙して来ました。ですが人類を憎んでいるわけではないのでしょう?……それに無論、皇室出身のご婦人でしたら話が別なのではありませんか」

「親切なお言葉、痛み入ります。ですがわたしの立場をお考え下さい……隠退して一人きりの……つまらない人間です」

 テレーズが顔をしかめた。

「つまらない人間ねえ……気難しいったらありゃしないんだから」

「わたしが何をしようと、国王陛下や王女殿下の目からすれば、わたしの顔や物腰にいつまでも不愉快な痕跡を見つけるのに違いありません。喜びと満足しか求めてない方たちなのですから。そんなところでわたしは何を言い、何をすればいいのでしょう?……」

「ご自分を信じられないようですね。ですがそうすると、『新エロイーズ』や『告白』を書いた方には、話をするにしても行動するにしても、我々と同じだけの才能しかないと仰るのですか?」

「はっきり申し上げますが、無理です……」

「王家の辞書には『無理』という言葉などありません」

「それがわたしが家に閉じこもっている理由ですよ」

「どうか、妃殿下に喜んでいただくという任務が無謀なものではなかったと証明させて下さい。耐え難い無念の思いを忍んで恥ずべき敗者としてヴェルサイユに戻らなくてはならないようなことをさせないで下さい。そんなことがあれば、居たたまれなさのあまり、すぐにでも亡命するしかありません。どうかルソーさん、あなたの著作に多大な感銘を受けた人間のために、寛大な心をお見せ下さい。たとい国王に頼まれても心を閉ざすのだとしても、どうか今回は寛大な心を」

「あなたのお気持には心を打たれました。あなたの言葉には抗い難い説得力が、あなたの声には人を感動させる不思議な力がある」

「承知していただけましたか?」

「いえ、それは……やはり駄目です。こんな健康状態では、旅には耐えられません」

「旅? 何を仰るのですか! 馬車で一時間十五分ですよ」

「あなたや、元気な馬とってはね」

「しかし宮廷中の馬を自由に使えるのです。それに妃殿下から言づかっておりますが、トリアノンにお部屋をご用意しております。夜分遅くにパリに帰らせることは望まれていらっしゃいません。それに王太子殿下はあなたのご本をすべて暗記していらっしゃり、自分の宮殿にルソー氏の過ごした部屋があるのだと触れ回りたいと洩らしていらっしゃいました」

 テレーズが感嘆の声をあげた。ルソーにではなく、王太子に、であったが。

 ルソーはこの厚意にいよいよ抗えなかった。

「これは折れざるを得ませんね。これほどの攻撃を受けたことはありませんでしたよ」

「心をつかむことは出来ますが」ド・コワニー氏は答えた。「あなたの智性を乗っ取ることは出来ますまい」

「では参りましょう。殿下のお申しつけを受けたいと思います」

「ありがとうございます。個人的に感謝の気持をお伝えいたします。妃殿下のお気持については差し控えさせて下さい。ご自身の口からお伝えしたいことを先回りしてお伝えしてしまっては、ご機嫌を損ねてしまわれるでしょうから。それに口説きたいほど若く美しい女性に感謝するのはむしろ男の方ではありませんか」

「まったくですね」ルソーも微笑んだ。「しかし老人にも若い娘さんと同じ特権があるんですよ。どちらも人から頭を下げられるんです」

「それでは時間を仰っていただけますか。馬車を迎えに寄こします。と申しますか、手ずからお迎えにあがらせていただきます」

「いやいや、お構いなく。トリアノンには参りますよ。ですが、わたしの好きなように行かせてもらえませんか。もう世話を焼いていただかなくても結構ですよ。ちゃんと参りますから、お時間を教えて下さい」

「ご案内を務めさせてはいただけないのですか。確かにそれに相応しいほどの人間ではありませんし、あなたほどのお名前でしたらそれだけで前触れの効果もあるには違いありません」

「そういうわけではないんです。あなたは宮廷の人間ではありませんか。わたしが何処にも属さない人間であるように……あなた個人のお申し出を断るのではなく、気兼ねなくいたいだけなんです。散歩にでも行くようにお伺いしたいんです。要はこれが……ぎりぎりの妥協点です」

「わかりました。どんなことであれお気に召すよう努力いたします。稽古は今晩六時に始まります」

「そうですか。では六時十五分前に、トリアノンに参ります」

「失礼ですが手段は?」

「それはこちらの問題です。わたしの馬車はこれですよ」

 ルソーは足を上げた。まだまだ引き締まっており、誇示するように靴を履いていた。

「五里ですよ!」ド・コワニー氏は唖然とした。「へとへとになって、夜には身体が動かなくならないようお気をつけ下さい!」

「その場合にも馬車と馬がありますから。同胞の馬車、庶民の馬車、空気や太陽や水と同じく、わたしのものでありまた誰のものでもある、十五スーしかかからない馬車ですよ」

「まさか! 乗合馬車ですか! ぞっとさせないで下さい」

「あなたには座席が固すぎると感じるかもしれませんが、わたしには浮気者の寝床のような坐り心地に感じられるのです。羽毛か花びらでも入っているのかと思うほどですよ。ではまた夕方に」

 ド・コワニー氏はこうして追い払われたと感じながら部屋を出た。感謝の言葉、少なからぬ簡潔な指示、仕事を引き受けてくれたことへの返礼をたっぷりと述べた後で、暗い階段を降りた。それをルソーは踊り場から、テレーズは階段の途中で見送っていた。

 ド・コワニー氏は通りに待たせておいた馬車に乗り込み、わずかに微笑みながらヴェルサイユへの道を戻った。

 テレーズが不機嫌に扉を閉めたのを見て、嵐になりそうな予感をルソーは感じた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH