翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 122・123

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第百二十二章 意思

 バルサモが出て行くところまではお伝えしておいた。

 ジェリドはバルサモを乗せて閃光のようにひた走った。苛立ちと恐怖で真っ青になっているバルサモは、揺れる鬣に身を伏せて、小さく開けた口から空気を吸い込んでいた。すいすいと進む船の船首が水を割るように、駿馬の胸先で空気が二手に分かれている。

 夢でも見ているように、木々や家々が置き去りにされてゆく。車軸の上で軋みをあげている鈍重な二輪馬車と通りがけに行き会おうものなら、重さに喘ぐ五頭の馬たちは生身の流星が飛んで来るのを見て怯え、よもやそれが自分たちと同じ種族であるとは思いもしなかったに違いない。

 バルサモはそのようにして一里近くを進んだ。頭を燃え上がらせ、目を爛々と輝かせ、音を立てて燃え上がるその喘ぎを見れば、当時の詩人なら、煙を吐く巨大な機械を火と蒸気の恐ろしい怪物たちが動かして鉄路を疾走させている光景と比較したことであろう。

 ジェリドとバルサモはほんの数秒でヴェルサイユを通過した。道を彷徨っていた幾人かの人々が、光の筋が通り過ぎるのを目撃したに過ぎない。

 さらに一里を駆けた。ジェリドは十五分もかけずに二里を征服したが、この十五分は一世紀にも匹敵していた。

 不意にバルサモはある思いに駆られた。

 逞しい足首で、鋼の筋肉を持つ駿馬を急いで止めた。

 ジェリドが後脚を折り曲げ、前脚を砂にめり込ませた。

 バルサモとジェリドは束の間息を吐いた。

 そうしながらバルサモが顔を上げた。

 手巾をびしょびしょのこめかみに押し当て、そよ風に鼻をふくらませ、闇に向かってこんなことを吐き出した。

「お前は頭がおかしいに違いない! いくら馬を走らせても、いくら思いを募らせても、雷の一撃や電気の火花ほど速く飛べるわけもないのだから。だがそれもこれも、頭上にぶら下がっている災いを避けるためにはやむを得ん。その足で駆け込まれるかもしれん、口から裏切りの言葉が飛び出すかもしれん、その足取りや言葉を止めるには、迅速な結果、一刻も早い行動、絶対的な力が必要なのだ。鎖を千切って逃げ出した奴隷を連れ戻すには、これほど離れているとはいえ、催眠の力を駆使することが必要なのだ。上手く行けば俺の手の内に戻って来るかもしれない……」

 バルサモは絶望に身をよじらせて歯軋りした。

「畜生! いくら念じても無駄だよ、バルサモ。いくら走ってももう遅い。ロレンツァはとっくに到着して、これからぶちまけるところだ。いいや、もうぶちまけた後だろう。哀れな女め! どれほどの罰を受けようとも、おまえの犯した罪に比べれば軽すぎるぞ!」

 バルサモは眉をひそめ、宙を睨み、顎に掌を当てた。「いいだろう、科学とは言葉だけのものかもしれんし実行できるものかもしれん。可能か不可能かのどちらかだ。俺はやるぞ……やってやる……ロレンツァ! 俺はおまえを眠らせてやる。ロレンツァ、何処にいようとも、眠れ、眠るんだ。それが俺の願いだ!」

「いや、違う」バルサモは力を落として呟いた。「違う、今のは嘘だ。そんなことは思っちゃいない。願うつもりはない。だが俺には意思しかない、意思がすべてなんだ。確かに望んではいるが、俺という存在の持てる力のすべてをかけて望んでいるんだ。空気を切り裂いて進め、人智を越えた俺の意思よ! 悪意のある冷淡な意思の流れを蹴散らして進め。弾丸のように壁を通り抜けて進め。何処にいようとも追いかけてゆけ。打て、叩きのめせ! ロレンツァ、ロレンツァ、眠るんだ! ロレンツァ、口を開かないでくれ!」

 バルサモは標的に向かってしばし思念を飛ばし、パリに出たらさらに勢いをつけるつもりのように、その思念を脳に焼きつけた。あらゆるものの神や支配者に命を与えられている神聖な原子を一心に込めて、以上のことをおこなうと、バルサモはまたも歯を食いしばり、拳を固め、ジェリドの手綱を取ったが、今度は膝や拍車で打つようなことはしなかった。

 バルサモは自分自身を納得させようとしているようだった。

 やがてジェリドは暗黙の命令を読み取り、緩やかに脚を進めた。さすが名馬といった手並みで静かに舗道に置いた脚は、ほとんど音も立てなかった。

 その間バルサモは虚ろな目をして放心しているような顔つきで、対策を考えていた。ジェリドがセーヴルの舗石に触れた時には、答えが出ていた。

 公園の柵まで来ると、馬を止めて、待ち人でも捜しているように周囲に目を走らせた。

 すると確かに大門の下から人影が現れ、バルサモの方にやって来た。

「お前か、フリッツ?」

「そうです」

「確認は終わったか?」

「はい」

「デュ・バリー夫人はパリとリュシエンヌどちらにいる?」

「パリです」

 バルサモは勝ち誇ったように天を仰いだ。

「ここにはどうやって?」

「シュルタンに乗って来ました」

「今は何処に?」

「あの宿屋の中庭です」

「鞍はつけてあるな?」

「つけてあります」

「よし、準備してくれ」

 フリッツはシュルタンの綱を解きに行った。忠実で気性のいいドイツ馬である。無理をさせられれば多少の不満は表すものの、胸に空気がなくなったり乗り手が拍車を休めたりしない限り、前に進むことをやめようとはしない。

 フリッツが戻って来た。

 家畜店の店員たちが税金を計算するために一晩中灯している街灯の下で、バルサモは何か書いていた。

「パリに戻ってくれ。デュ・バリー夫人が何処にいようとも、本人にこの手紙を渡すんだ。三十分やる。それからサン=クロード街に戻って、シニョーラ・ロレンツァを待っていろ。必ず戻って来る。何も言わず何の邪魔もせずに通してやるんだ。では行け、三十分後には仕事を終わらせておかなくてはならないことを忘れるなよ」

「心得ました。心配ご無用」

 こう答えてバルサモを安心させるや否や、シュルタンに拍車と鞭をくれると、いつもとは違う荒々しい合図を受けたシュルタンは、不意打ちに驚いて痛ましいいななきをあげて走り出した。

 バルサモは徐々に落ち着きを取り戻し、パリに向かって再び走り出すと、四十五分後には冷ややかな顔でパリに入った。目は穏やかというよりは物思いに沈んでいた。

 バルサモは正しかった。砂漠の申し子であるジェリドの足がどれだけ速くとも間に合わない。牢獄から逃げ出したロレンツァに追いつけるのは意思の速さだけだ。

 サン=クロード街から出たロレンツァは、大通りに行き当たり、右に曲がるとやがてバスチーユ要塞が見えた。だがずっと閉じ込められていたロレンツァにはパリのことがわからない。それに何よりも独房でしかない忌まわしい家から逃げることだけを考えていたのだ。復讐は二の次だった。

 そういうわけで、わけもわからぬまま大急ぎでフォーブール・サン=タントワーヌに駆け込んだロレンツァだったが、その時、驚いて追いかけて来た若い男に声をかけられた。

 なるほどロレンツァはローマ近郊出身のイタリア人であったので、当時の習慣や服装、それに流行から外れた特異な生活をずっと営んで来た。だからロレンツァの恰好は欧州の女というよりは東洋の女のようだった。つまりゆったりとした大げさな恰好をしており、可愛い人形さんたちとはあまり似ていなかった。人形たちときたら長いブラウスの腰を雀蜂のようにぎゅっと絞り、揺れ動く絹やモスリンの下に目を凝らしても一見すると肉体も野心も存在するようには見えないのである。

 だからロレンツァが受け入れた、もとい採り入れたフランスの流行りものは、二プスのハイヒールだけであった。この耐え難い靴ときたら足も反るしくるぶしもすぐ痛くなるしで、この神話じみた世紀にあってアルペイオスたちに追われて逃げるアレトゥーサたちに耐え難い思いをさせていた。

 つまり我らがアレトゥーサを追いかけたアルペイオスが追いつくのは容易かったのである。繻子とレースのスカートから伸びた見事な足、髪粉のつけられていない髪、頭から首まで覆ったケープから覗く異国の炎に燃えた瞳。そんなロレンツァを見て、きっと変装して仮装舞踏会か逢い引きに向かう途中に違いない、辻馬車が見つからず歩いて郊外の家まで行くつもりなのだと考えた。

 そこで男はロレンツァのそばまで寄って帽子を取った。

「お待ちなさい! そんな歩きづらい靴を履いていては、とても遠くまでは行けませんよ。馬車のあるところまで腕を貸して差し上げますから、どうかご案内させて下さい」

 ロレンツァは慌てて振り返り、たいていの女性には無礼に感じられそうな申し出を口にした男を、黒く澄んだ目で見つめ、立ち止まった。

「お願い出来ますか」

 若い男が慇懃に腕を差し出した。

「どちらまで?」

「警察長官の邸まで」

 若者が震え上がった。

「ド・サルチーヌ氏のところに?」

「名前は知りません。ただ警察長官とお話ししたいんです」

 若者は考え込み始めた。

 若くて美しいご婦人が、異国風の服装をして、夜の八時に腕に小箱を抱えてパリの街路を走り、警視総監の邸をたずねていながら、そこに背を向けているのが疑わしい。

「警視総監の邸はここらへんではありませんよ」

「では何処に?」

「フォーブール・サン=ジェルマンです」

「フォーブール・サン=ジェルマンにはどうやって行けばいいのでしょう?」

「ここからなら――」相変わらず丁寧とはいえ平板な態度に変わっていた。「馬車を拾った方がいいでしょう……」

「馬車。仰る通りね」

 若者はロレンツァを大通りまで連れて行くと、辻馬車を見つけて声をかけた。

 御者が合図に応えてやって来た。

「どちらまで、マダム?」

「ド・サルチーヌ氏の邸まで」若者が答えた。

 若者は最後まで礼儀を忘れずに、いや、驚きを隠せずに扉を開け、ロレンツァにお辞儀して乗り込むのに手を貸してから、馬車が遠ざかってゆくのを夢か幻でも見ているように見つめていた。

 御者はその恐ろしい名前には一目置いていたので、馬に鞭をくれて目的地に向かって走らせた。

 ロレンツァがロワイヤル広場を通り、アンドレが催眠状態の中で見聞きしたロレンツァの行動をバルサモに知らせていたのは、こうした時であった。

 二十分後、ロレンツァは邸の門前にいた。

「待っていましょうか?」御者がたずねた。

「お願い」ロレンツァは機械的に答えた。

 そして軽やかに、豪華な邸の大門をくぐった。

 
 

第百二十三章 ド・サルチーヌ氏の邸

 中庭に入ると、指揮官代理や兵士に囲まれていた。

 ロレンツァは近づいて来た近衛兵に話をして、警視総監に案内を乞うた。近衛兵がスイス人衛兵にロレンツァを引き渡すと、スイス人衛兵はこの美しく風変わりで華やかな服装をして立派な小箱を抱えた女性を見て、無意味な訪問ではなさそうだと判断し、大階段を上らせて控えの間に通した。ここを訪れる者なら誰でも、スイス人衛兵の鋭い審査の後、昼夜を問わずド・サルチーヌ氏に釈明や密告や請願を届けることが出来た。

 最初の二つの訪問理由が最後のものより喜ばれることは言うまでもない。

 ロレンツァは取次にたずねられても、たった一言しか答えなかった。

「ド・サルチーヌ氏ですか?」

 取次の黒服や鉄鎖と、警視総監が身につけている刺繍入りの服や灰色の鬘を間違えられたことに、取次は驚きを隠せなかった。だが大尉に間違われて腹を立てる中尉などいないし、ロレンツァの外国風のアクセントにも気づいていた。それに力強く揺らぎのない瞳は狂人のものではない。どうやら大事そうに腕に抱えている小箱に、何か重要なものを入れて運んで来たのだろうと見当をつけた。

 だがド・サルチーヌ氏は慎重で疑り深い人間であったし、イタリア美女のような魅力的な餌を撒いて罠を掛けられたこともこれまでに何度もあったので、厳重な警戒態勢を敷いていた。

 そこでロレンツァは半ダースもの秘書や従僕から、確認や尋問や疑いを向けられた。

 いろいろとやり取りをした結果わかったのは、ド・サルチーヌ氏は帰っていないので、待たなくてはならないということだった。

 そこでロレンツァはむっつりと黙り込み、広々とした控えの間の飾りのない壁に目を彷徨わせた。

 ついに呼び鈴が鳴った。馬車が中庭に乗り入れられ、やがてド・サルチーヌ氏が待っている旨を別の取次が伝えた。

 ロレンツァは立ち上がり、二つの広間を横切った。そこには疑わしい顔つきをしてロレンツァ以上に変わった恰好をした人々が溢れていた。やがて、幾つもの蝋燭が灯された八角形の大きな執務室に案内された。

 五十代前半、部屋着姿、髪粉と巻き毛がふんだんにくっついている大きな鬘をかぶった男が、背の高い家具の前に坐って仕事をしていた。家具の上部は洋服箪笥のようになっており、そこに嵌められた二枚の鏡板を使えば、部屋に入って来た人々のことを仕事を続けながら見ることが出来るので、訪問者が取り繕った顔を作る前に表情を観察することが出来た。

 家具の下部は書き物机になっている。奥には紫檀の抽斗が並び、そのいずれにも文字合わせ錠がついていた。ド・サルチーヌ氏はそこに書類や暗号を仕舞い、自分の生きている間は誰にも読めないようにしていた。本人にしか抽斗を開けることは出来ないので、死後は誰にも読むことは出来なくなる。開けるための暗号は、ほかの秘密にも増して厳重に抽斗に仕舞ってあった。

 この書き物机、というよりは洋服箪笥と言うべきか、上部の鏡の下には十二の抽斗があり、外からはわからない仕組みでこちらも施錠されていた。これは化学や政治の秘密を仕舞うためにわざわざ摂政が作らせたもので、大公からデュボワに、デュボワから警視総監ドンブルヴァル氏(M. Dombreval)に譲られたものである。そして後者からド・サルチーヌ氏がこの家具と秘密を引き継いだのである。ただしド・サルチーヌ氏は寄贈者が亡くなるまでは家具を使うことに同意しなかったし、その時でさえ錠前の並びをすっかり変えさせてしまっていた。

 この家具のことは世間でも評判になり、厳重に閉ざされているのはド・サルチーヌ氏が鬘を仕舞うためにほかならない、と噂された。

 当時山ほどいた批判者たちは、もし羽目板を透視できたならば、抽斗の一つにあの条約が見つかるに違いないと取り沙汰していた。忠実な警官であるド・サルチーヌ氏の仲立ちでルイ十五世が小麦に投機していたというあれである。

 要するに、ロレンツァが青ざめた深刻な顔で小箱を抱えて近づいて来るのを、警視総監氏は鏡に写して見ていたのだ。

 部屋の真ん中まで来ると、ロレンツァが立ち止まった。その服装、その姿形、その歩き方に、総監は強い印象を受けた。

「どなたかな?」鏡を見たまま振り返らずにたずねた。「何のご用でしょうか?」

「こちらにいらっしゃるのは警視総監のド・サルチーヌ氏でしょうか?」

「如何にも」ド・サルチーヌ氏は簡潔に答えた。

「確かですか?」

 ド・サルチーヌ氏が振り返った。

「あなたがお探しの人間が私であるという証拠に、監獄に放り込まなくてはなりませんか?」

 ロレンツァは返事をしなかった。

 母国の女に相応しい気品に溢れた態度で周囲に目を走らせ、ド・サルチーヌ氏から勧めてもらえなかった椅子を探した。

 その視線だけで充分だった。ダルビー・ド・サルチーヌ伯爵はそれほど気高い男だったのである。

「お坐り下さい」と、出し抜けに椅子を勧めた。

 ロレンツァは椅子を引き寄せ腰を下ろした。

「では手早くお話し下さい。ご用件は?」

「あなたに保護していただきたいんです」

 ド・サルチーヌ氏は持ち前の皮肉な目で眺めた。

「ははあ!」

「閣下、私は家族の許から攫われ、偽りの結婚によって三年前からある男に虐待されて来たんです。死んでしまいそうなほど苦しい毎日でした」

 ド・サルチーヌ氏はロレンツァの気高い顔立ちを見つめ、歌うようにまろやかな声の響きに感銘を受けた。

「ご出身は?」

「ローマです」

「お名前は?」

「ロレンツァ」

「ロレンツァ何ですか?」

「ロレンツァ・フェリチアーニ」

「ご家族のことは存じませんな。ドモワゼルでよろしいですね?」

 この時代、ドモワゼルとは良家の子女を意味する。今日の女性たちは結婚しただけで威厳を覚え、マダムと呼ばれることしか考えない。

「ドモワゼルです」

「それで、ご用件とは?……」

「私を監禁した男に裁きをお願いします」

「何とも言えませんな。あなたはその男の妻なのでしょう」

「少なくとも当人はそう言ってます」

「言っているのは当人だと?」

「ええ。私にはそんな記憶はありません。眠っている間に婚姻が交わされたんです」

「よほど眠りが深いんでしょうな」

「何ですか?」

「やはりこちらでは何にも言えません。弁護士にご相談下さい。家庭の問題に巻き込まれるのはご免こうむりたい」

 そう言うと、ド・サルチーヌ氏は出て行くように合図をした。

 ロレンツァは動こうとはしなかった。

「どうしたんです?」ド・サルチーヌ氏は驚いてたずねた。

「まだ話は終わってません。ここに来たからには、つまらないことで不満を洩らしているわけではないことをわかっていただかなくてはならないんです。ここに来たのは復讐するためです。私が何処の生まれかは申し上げました。故国くにの女たちは復讐を成し遂げこそすれ、不満など洩らしません」

「それはそれとして、端的にどうぞ。私の時間は貴重なのです」

「保護していただきたいと申し上げました」

「誰から保護せよと?」

「復讐するつもりの男からです」

「では力のある男なのでしょうな?」

「国王よりも力のある男です」

「どうやら話をする必要がありそうだ……お説によれば国王よりも力があるそうだが、そんな男からあなたを保護し、何やら犯罪らしき行為のために擁護の手を差し伸べるとでも? 復讐しなくてはならないというのなら、おやりなさい。関わるつもりはない。ただし罪を犯すというのなら、止めなくてはならない。それから話をするとしましょう。そういう段取りで如何です」

「いいえ、あなたには止めることは出来ません。出来ませんとも。私が復讐を果たすことが、あなたや国王やフランスにとっても大変な意味を持つのですから。この男の秘密を明かすことこそが復讐なんです」

「なるほど! 秘密があるのですか」ド・サルチーヌ氏は思わず興味を示した。

「大変な秘密です」

「どういった方面の秘密でしょうか?」

「政治に関することです」

「お話し下さい」

「では、保護していただけるのですね?」

「どのような種類の庇護がお望みですか?」警視総監は冷たい笑みを見せた。「お金? それとも愛情?」

「私の望みは修道院に入ることです。そこで人知れず引き籠もって生を送ることです。修道院を墓として、俗世間の誰にも暴かれずに過ごすことです」

「うん、難しい要求ではない。修道院に入れますよ。お話し下さい」

「約束して下さいますね?」

「そう申し上げたと思いましたがね」

「では、この小箱をお取り下さい。国王や王国の安全を脅かすような秘密が入っております」

「どのような秘密かご存じですか?」

「形だけですが、秘密が存在することは知っています」

「そして重要であることも?」

「恐ろしいということをです」

「政治上の秘密と仰いましたな?」

「秘密結社があるとお聞きになったことはありませんか?」

「メーソンの結社ですか?」

「目には見えない結社です」

「聞いてはいますが、信じてはおりません」

「この小箱を開けていただければ、お信じになるはずです」

「ふむ!」

 ド・サルチーヌ氏は鋭く叫び、ロレンツァの手から小箱をつかんだが、不意に考え込むと、机の上に小箱を置いた。

「いや――」疑わしげに呟き、「やはりあなたがご自分でお開けなさい」

「でも鍵がありません」

「鍵がない? 王国の安全を仕舞い込んだ小箱を持って来ながら、鍵を置いて来たとは!」

「では錠を開くのは難しいのでしょうか?」

「いや。開け方を知っていれば何と言うことはありません」

 それからすぐに話を続けた。

「ここに万能鍵がある。一つお貸ししますから、ご自分でお開けなさい」話している間も、ロレンツァから目を離さなかった。

「お貸し下さい」

 ド・サルチーヌ氏はいろいろな形状の鍵のついた鍵束をロレンツァに手渡した。

 手渡す時にロレンツァの手に触れたが、それは大理石のように冷たかった。

「しかしどうして鍵を持って来なかったのです?」

「持ち主が絶えず身につけていましたから」

「その国王より力を持っているという小箱の持ち主は何者なんです?」

「あの人はあの人、それしか言えません。あの人がどれだけの時間を過ごして来たのか知っているのは永遠のみ。あの人が成し遂げたことを目に出来るのはただ神だけです」

「だが名前は? 名前です」

「名前なら何度も変えていました」

「ひとまずあなたがご存じの名前は?」

「アシャラ」

「住まいは?」

「サン=……」

 俄にロレンツァが震え出し、手に持っていた小箱と鍵を取り落とした。答えようとしたが、口元が引きつるばかりだった。口から出かかっている言葉を締めつけようとでもするように、両手を喉元に当てた。それから震える腕を掲げたかと思うと、一声もあげずに、絨毯の上に倒れ込んだ。

「いったいどうしたんだ? しかし本当に綺麗なご婦人だ。ふん、ふん、どうやらこの復讐には嫉妬が絡んでいるな!」

 すぐに呼び鈴を鳴らして抱え上げた。目は見開かれ、口唇は動かず、とうにこの世から旅立ってしまったように見える。

 従僕が二人やって来た。

「こちらのご婦人を慎重に運んでくれ。隣の部屋がいい。意識を回復させてくれ。だが乱暴はいかん。さあ行け」

 従僕たちが指示に従ってロレンツァを運び出した。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH