翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『ジョゼフ・バルサモ』 124

アレクサンドル・デュマ『ジョゼフ・バルサモ』 翻訳中 → 初めから読む

第百二十四章 小箱

 一人になったド・サルチーヌ氏は、物の価値をわかっている人間らしく小箱をためつすがめつした。

 それから手を伸ばして、ロレンツァが落とした鍵束を拾った。

 一つずつ試してみたが、どれも合わない。

 そこで抽斗からほかに三つか四つ鍵束を取り出した。

 これらの鍵束にはありとあらゆる種類の鍵があった。家具の鍵や小箱の鍵ももちろんある。ごく普通の鍵から極小の鍵まで、ド・サルチーヌ氏なら世に知られたあらゆる鍵の見本を持っていそうだ。

 二十、五十、百……幾つも小箱に試してみたが、鍵が回ることすらなかった。この錠は見せかけなのではないか、ということはこの鍵束も玩具でしかない。

 そこで抽斗から鑿と槌を取り出し、ゆったりとしたレースの袖口から白い手を伸ばし、小箱の番人である錠前を跳ね飛ばした。

 すると紙の束が姿を見せた。悪意のある仕掛けが飛び出したり命に関わる毒の香りが立ちのぼったりして、フランスの中枢を担っている役人を亡き者にするつもりなのではないかという恐れは、杞憂に終わった。

 最初に目に飛び込んで来たのは、どうやら筆跡を隠しているらしき次のような文章だった。

 親方マスター、バルサモの名を捨てるべき頃合いです。

 署名の代わりにL・P・Dの三文字があるだけだ。

 ド・サルチーヌ氏は鬘の巻き毛をいじった。「この筆跡に見覚えはなくとも、この名前には聞き覚えがある。バルサモか、Bの項目を見てみよう」

 二十四の抽斗の一つを開けて、小さな名簿を取り出した。アルファベット順に細かい字で三、四百の略号が並び、その前後に夥しい覚書が記されている。

「これか! バルサモの項目は随分と長いな」

 目に見えて不満を表しながらそのページを読んだ。

 やがて名簿を抽斗に戻し、再び小箱の中身に取りかかった。

 それほど経たずして、目の色が変わった。やがて幾つもの名前や数字が書き込まれた紙切れが見つかったのだ。

 これは重要だと直感した。余白いっぱいに鉛筆で記号がつけられている。ド・サルチーヌ氏は呼び鈴を鳴らした。召使いが現れた。

「大急ぎで大法官府の助手を呼んでくれ。時間を節約するために、事務室から広間を通って来てもらいなさい」

 従僕が立ち去った。

 十分後、事務員が到着した。手に羽根ペンを持ち、帽子を脇に挟み、大きな名簿を反対脇に抱え、制服の袖の上に古びた黒サージの袖を重ねている。ド・サルチーヌ氏は鏡の中にその姿を認めて、肩越しに件の書類を手渡した。

「内容を読み取ってくれ」

「かしこまりました」

 解読を任されたのは、痩せた小男だった。口唇は薄く、考え込む時には眉を寄せ、上と下が尖った青白い顔をして、顎の線は細く、額は後退し、頬骨が張り、目は落ち窪んで生気がなかったが、それが時折り輝いた。

 ド・サルチーヌ氏はラ・フイヌと呼んでいた。

「坐ってくれ」手帳、暗号表、覚書、羽根ペンをもてあましているのを見かねて声をかけた。

 ラ・フイヌはちょこんと腰掛けに坐り、足を閉じて膝の上で何か書きつけながら、真剣な顔をして辞書や覚書をめくり始めた。

 五分後には、以下の文章を書きあげていた。

 § 三千人の同胞をパリに集めること。

 § 三つの交友会と六つの支部を作ること。

 § 大コフタに護衛をつけ、四つの住居を用意し、そのうちの一つは王家に設えること。

 § 警察対策として五十万フラン用意すること。

 § 文学と哲学の精華を残らずパリの第一交友会に登録すること。

 § 役人を買収するか官職を買うこと、特に警視総監については買収、暴力、陰謀の如何なる手段を用いても確保すること。

 ラ・フイヌはここでいったん書くのをやめた。考え込んだわけではない。そうしないように普段から気をつけていた。考え込むのは犯罪も同然だ。そうではなく、ページが埋まったのでインクが乾くまで待たなくてはならなかったのだ。

 ド・サルチーヌ氏は我慢できずに手から紙をもぎ取り読み始めた。

 最後の文章を読んで、顔に恐怖を浮かべ、青ざめた顔が鏡に映っているのを見て青ざめた。

 その紙は返さずに、真っさらな紙を手渡した。

 ラ・フイヌは再び解読の結果を書き留め始めた。あまりにも易々と解いているものだから、暗号製作者ならぞっとするに違いない。

 ド・サルチーヌ氏はそれを肩越しに覗き込んで読んだ。

 § バルサモの名前はパリで捨てること。大分知られて来てしまった。代わりにド・フェ……

 後半はインクの染みで潰れてしまっている。

 見えない部分に何という単語が隠されているのか考え始めた瞬間、外で呼び鈴が鳴り響き、従僕が来客を告げた。

「ド・フェニックス伯爵です!」

 ド・サルチーヌ氏は声をあげ、鬘が乱れるのも気にせずに頭の上で手を組むと、大急ぎでラ・フイヌを隠し扉から追い出した。

 それから机に戻って従僕に返事をした。

「入ってもらいなさい!」

 数秒後、鏡の中に険しい顔をした伯爵の姿が見えた。デュ・バリー夫人の認証式でちらっとだけ見たことがある。

 バルサモは躊躇うことなく部屋に入って来た。

 ド・サルチーヌ氏は立ち上がり、素っ気なくお辞儀すると、足を組んでわざとらしく椅子にもたれかかった。

 一目見ただけで訪問の理由も目的も見当がついた。

 バルサモの方でも、机の上の小箱の蓋が開いて中身が空けられていることに、一瞬で気づいていた。

 小箱に目を走らせたのは一瞬とはいえ、警視総監の目を盗むことは出来なかった。

「このたびはどういったご用件でご訪問いただいたのでしょうか、伯爵殿?」

「閣下」バルサモは愛想よく微笑んだ。「私はこれまで、欧州の君主、大臣、大使の方々にご紹介いただく名誉を授かって参りました。しかしながらあなたに紹介して下さる者がおりませんので、自ら紹介に与りに参ったという次第です」

「それはまた、実にいい頃合いにいらっしゃいました。あなたからおいでいただかなくとも、こちらにいらっしゃるようお呼びしようと思っていたところでした」

「へえ! そいつは恐ろしい偶然ですね」

 ド・サルチーヌ氏はにやりと笑って一揖した。

「何かお役に立てることでもあるのでしょうか?」バルサモがたずねた。

 その言葉には昂奮や不安の影もなく、微笑みをたたえた顔には一点の曇りもよぎらなかった。

「伯爵殿は幾つも旅をなさっているとか?」

「幾度となく」

「なるほど!」

「もしや地理に関する情報をお求めでしたか? あなたほどの方でしたら、フランスのみならず、欧州や、全世界……」

「地理ではありません、伯爵殿。むしろ道徳と言った方が正確かと」

「遠慮なさらずとも結構。いずれにしましても、何なりとお聞きしましょう」

「いいでしょう。非常に危険な人物を探しているものとお考え下さい。その男は無神論者であるうえに……」

「ほう!」

「謀反人であり」

「ほほう!」

「偽造犯であり」

「むう!」

「姦通者であり、贋金造りであり、偽医者であり、いかさま師であり、結社の首領なのです。この名簿にもこの小箱の中にも、至るところにその人物の記録があるのですよ」

「ああなるほど、わかりますよ。記録はあるが、本人は見つからないというわけだ」

「如何にも」

「しかし重要なのは本人の方ではありませんか」

「そうですな。だがもうすぐ捕まえてご覧にいれますよ。いやそれにしても、如何にプロテウスでもこの怪人ほど様々な姿はしていないでしょうし、ゼウスといえどもこの旅人ほど多くの名前は持ってはおらぬでしょうな。エジプトではアシャラ、イタリアではバルサモ、サルディニではソミーニ、マルタではダンナ侯爵、コルシカではペレグリーニ侯爵、そして……」

「そして……?」バルサモがたずねた。

「この最後の名前がよく読み取れないので、ご協力いただけないかと考えておるのですよ。何しろあなたは旅行中に、今名前を挙げた国々でこの男に会っているに違いないのですから」

「少し手がかりをもらえますかね」バルサモは平然としていた。

「いいでしょう。お知りになりたいのは見た目の特徴でしょうね、伯爵殿?」

「ええ、お願いします」

「わかりました」ド・サルチーヌ氏は探るような目でバルサモを睨んだ。「この男はあなたぐらいの年齢で、あなたぐらいの体格で、あなたのような顔立ちをしています。ある時は金をばらまく大領主、ある時はこの世界の理を探るいかさま医師、ある時は国王の死と王権の転覆を密かに誓う秘密結社の構成員」

「曖昧ですね」

「曖昧?」

「その特徴に適う男にいったいどれだけ会ったと思っているんですか」

「ああ、なるほど!」

「そういうことです。協力を望まれるのでしたら、もっと詳細に教えていただかないと。例えばそうです、この男が暮らしている国は主に何処なんです?」

「あらゆる国ですよ」

「いやしかし今現在は?」

「今現在はフランスです」

「フランスで何を?」

「巨大な陰謀を指揮しています」

「それこそ手がかりだ。それがどんな陰謀なのかがわかれば、糸を手繰って、可能性をしらみつぶしに当たることで、その男を見つけられますよ」

「異論はありませんな」

「異論はない? だったらどうして人の意見など求めるんです? 無意味だ」

「まだ迷っているからですよ」

「いったい何を?」

「つまりですな……」

「ええ」

「この男を逮捕すべきか、否か」

「逮捕すべきか否か?」

「そうです」

「逮捕しない理由がわかりませんね、警視総監殿。陰謀を企てていると言うのなら……」

「それは事実です。だが名前や肩書きによって守られているとしたら?」

「そういうことですか。それにしてもその名前や肩書きというのは? 捜索に協力するにはそれを教えていただかないと」

「それは既に申し上げました。隠し名は知っているのです。だが……」

「だが通り名がわからない、と?」

「その通り。それがわからないと……」

「それがわからないと、逮捕が出来ないと?」

「すぐには無理です」

「なるほどね、サルチーヌ殿、先ほどあなたが言われたように、ちょうどこの瞬間ここに来たのは運が良かったようですね。どうやらおたずねの点でお役に立てそうな気がします」

「あなたが?」

「ええ」

「つまり名前を教えていただけるのですか?」

「ええ」

「現在使っている通り名を?」

「ええ」

「では名前をご存じなんですな?」

「間違いなく」

「教えていただけますか?」どうせでたらめだろうと思いながらド・サルチーヌ氏はたずねた。

「ド・フェニックス伯爵」

「何ですって? それはあなたが名乗った名前では……?」

「如何にも。私はそう名乗りました」

「あなたの名前なのですか?」

「私の名前です」

「つまり、このアシャラ、ソミーニ、ダンナ侯爵、ペレグリーニ侯爵、ジョゼフ・バルサモというのは、あなたなのですか?」

「いけませんか」バルサモは悪びれずに答えた。「この私ですよ」

 ド・サルチーヌ氏はこの厚かましい告白を聞いて眩暈を覚え、頭を冷やすのにしばらくの時間が必要だった。

「予想はしていましたよ。あなたのことは存じ上げていましたし、バルサモとド・フェニックス伯爵が同一人物なのはわかっていました」

「凄い! たいした政治家ですよ、あなたは」

「そしてあなたはたいした考えなしですな」ド・サルチーヌ氏は呼び鈴に近づいた。

「考えなし? どうしてまた?」

「これからあなたを逮捕するからです」

「そいつは参った!」バルサモは呼び鈴と警視総監の間に立ちふさがった。「逮捕するんですか?」

「悪あがきを! どうやって逃げるつもりです? お聞かせ願いたいものですな」

「聞いてるんですかね?」

「無論」

「ああ、警視総監殿、あなたの頭を吹っ飛ばすつもりなんですよ」

 バルサモはポケットから金で象眼された拳銃を取り出した。ベンヴェヌート・チェリーニの手になる仕事のようだ。ゆっくりと狙いを定められて、ド・サルチーヌ氏は青ざめて椅子に坐りこんだ。

「さて」バルサモはそばまで別の椅子を引き寄せて腰を下ろした。「では腰を据えて、ちょっとお喋りをしようじゃありませんか」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH