翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 01-1 アレクサンドル・デュマ

 ようやく『アンジュ・ピトゥ』の翻訳に取りかかりました。今回は舞台となるヴィレル=コトレの紹介部分。面白い部分になるまではもうちょっとお待ちください。

 

第一章 読者がこの物語の主人公及びその生まれ故郷と顔見知りになる次第

 ピカルディとソワッソネ(Soissonnais)の国境《くにざかい》、我らが王たちの忘れ形見であるイル=ド=フランスと名づけられた国土上、南北に広がり五十アルパンの森を形作っている巨大な三日月の中央に、聳えているのが、フランソワ一世とアンリ二世が造らせた大庭園の陰に埋もれている、ヴィレル=コトレという小都市だ。その都市出身の著名人シャルル=アルベール・ドゥムースチエは、この物語の始まる時代には、刊行と同時に奪い合う当時のご婦人たちを満足させるために、その地で『神話についてのエミリーへの手紙』を執筆していた。

 王家の城館があろうとも二千四百人の住民がいようとも町と呼びたがる人々よ、この小都市の文化的側面をさらにはっきりさせておこう。この小都市はラシーヌが生まれたラ・フェルテ=ミロンから二里、ラ・フォンテーヌが生まれたシャトー=チェリー(Château-Thierry)から八里のところにある。

 さらには『ブリタニキュス』と『アタリー』の著者【※ラシーヌのこと】の母親もヴィレル=コトレの出身だと書き留めておくことにしよう。

 王家の城館と二千四百人の住民に話を戻そう。

 この城館はフランソワ一世によって着工され、アンリ二世によって完成された。(フランソワ一世の紋章である)火蜥蜴《サラマンダー》を戴き、カトリーヌ・ド・メディシスの頭文字と組み合わされディアーヌ・ド・ポワチエの三つの三日月【アンリ二世の愛妾ディアーヌの紋章】に囲まれたアンリ二世の頭文字が掲げられている。デタンプ夫人と騎士王(=フランソワ一世)に密かな逢瀬を提供し、モンテソン夫人とルイ=フィリップ・ドルレアン【オルレアン公ルイ=フィリップ一世】の密会を助けもしたが、オルレアン公が亡くなってからは人の気配もめっきり減った。その息子フィリップ・ドルレアン、後のフィリップ・エガリテによって、君主の住まいからただの狩猟小屋に格下げされてしまったからだ。

 ルイ十四世の弟ムッシュー【オルレアン公フィリップ一世。ルイ=フィリップ・ドルレアン(ルイ=フィリップ一世)の曾祖父】即ちアンヌ・ドートリッシュ【ルイ十三世妃、ルイ十四世とフィリップ一世の母】の第二子がチャールズ二世の娘マダム・アンリエット・ダングルテールと結婚した際に、ルイ十四世から与えられたのがヴィレル=コトレの城館と森だというのは周知の通りである。

 二千四百人の住民についても、約束通り一言申し上げるならば、二千四百の個人が寄せ集められた町の例に洩れず、それは一つの集合体であった。

 一、少数の貴族たち。夏は周辺の城館で過ごし、冬はパリで過ごしていた。王家の真似をして町には仮住まいしか持たなかった。

 二、多数の有産者たち。天候にかかわらず夕飯を終えると傘を手に家から出て散歩するのが日課だった。町から四分の一里のところにある森と、公園との境にある、大きな堀が、分け隔てなく散歩道の終わりを告げている。その景色を見た喘息持ちが、さして息切れもせずに長い道のりを端から端まで歩き通したことに感激し、胸から喜びの声を絞り出したからでもあろうか、そこはル・ハハと呼ばれていた。

 三、大多数の職人たち。一週間休みなく働いているため、財産に恵まれた同郷者が毎日たしなんでいる散歩を楽しむのは日曜だけだ。

 四、最後に、少数の貧乏な無産者たちには、日曜日すらない。貴族はたまた有産者さらには職人にまでも雇われて六日にわたって働いた後には、森に分け入り枯れ木や折れ枝を拾い集める。無一文にとっては木楢も麦穂に等しい。嵐が過ぎれば、(公の素晴らしい領地である森の)暗く湿った大地に木片がばらまかれている。

 万が一ヴィレル=コトレ(仲介網の村Villerii ad Cotiam-Retiæ)が歴史的に重要な都市であったならば。村から町へ町から都市へと移り変わるその変容を、考古学者が引きも切らずに追い求めるような都市であったならば。既にお伝えしたような最前の変化を追うような都市であったならば――。この村の始まりがパリ-ソワッソンを結ぶ道の両端に建てられた二列の家であったという事実を、考古学者たちも正確に書き留めていたはずだ。さらにはこうも伝えていたであろう――美しい森のはずれという立地条件のために住民が増え、初めの道から伸びて星の光のように拡散しているほかの道は、連絡を絶やしてはならないような近隣の小村に連なり、中心地――即ち地方でラ・プラスと呼ばれるような場所、やがて町となる村に聳える立派な家並の周辺地――そんな中心地になることになる地点に向かっている、と。そしてその中心地には今では四組の文字盤のある噴水が設置されている。最後に考古学者は正確な日付を明らかにすることだろう――住民にとって何よりも必要なささやかな教会のそばに、国王にとって最後の気まぐれの産物であるあの大きな城館の煉瓦壁が現れ始めた日のことを。前述した通り持ち主が王族から大公家へと移り変わったその城館は、今日では醜く侘びしい、セーヌ県に暮らす乞食の溜まり場となっていた。

 だがこの物語のあった時代には、王制はぐらついてはいたものの現在(倒れている)ほどにはまだ倒れてはいなかったし、城館にはもはや大公が住んでいなかったのは事実とは言えまだ乞食の住処にもなってはいなかった。完全な無人状態といってよく、いる人間といえば維持管理に不可欠な門番、ポーム教師、礼拝堂の司祭といった面々だけであった。城館の窓の一面は公園に面しており、ほかの面は貴族的に城館広場と呼ばれている第二広場に面している。閉められた窓が侘びしさと寂しさを倍増させていた。そのはずれに建っている小さな家について幾つか言葉を費やすことをお許しいただきたい。

スポンサーサイト

コメント

東様

『アンジュ・ピトゥ』の翻訳に入られたんですね~!!ものすごくうれしいです(≧▽≦)!!また毎週土曜日の楽しみができました!しかも続編『アンジュ・ピトゥ』だなんて・・・

私の方は結局『シャルニー伯爵夫人』の英訳版を購入しました。しかし、最初に購入したお店から届いた1巻はなぜか34章しかなく、「これは希望していたものではない」旨をお店側に伝えたところ、amazonのなかみ検索機能から1巻の完全訳だろうと思われるものを探し当ててもらったのですが、それはそのお店では取り扱いがないということで、結局は1巻のみamazonで再手配となり(しかもなかみ検索の内容と実物の内容が異なる事例が散見したので、カスタマーセンターに連絡をして、なかみ検索の目次と実物が合っているか確認までしてもらったうえでの購入になりました(苦笑))、早ければ明日到着するようです。

私の英語力で一体どこまでいけるのか甚だ疑問なのですが、とりあえずいけるところまで進めてみたいと思っています。『アンジュ・ピトゥ』を抜いて読むことになるので、登場人物とか何かわからない場合にまた東様を頼ってしまうこととなってしまうかと思います。その際には大変恐縮なのですが、ご指導よろしくお願いします。(『アンジュ・ピトゥ』のネタバレになりそうな時はその旨をお知らせいただければと思います。私を含めこれから『アンジュ・ピトゥ』を楽しみに読む読者のためにも。)

東様翻訳の『ジョゼフ・バルサモ』を『王妃の首飾り』と共に先日友人に貸し出しました。さすがに「A4横ファイルでは会社に持っていくわけにもいかず、会社ではネットで読むわ~」と言っていました。「でもいかにもマトちゃん好みっぽい気がした」というコメントが早くも届きました(笑)。

マトリョーシカ
【2012/11/10 20:31】 URL | マトリョーシカ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/14 16:25】 | #[ 編集]
マトリョーシカさま

 自分も初めて読んだときにはあれにはびっくりしました。
事情を知りたくてどんどん先まで読み進めていったことを覚えています。

 アンジュ・ピトゥ、今週はあまり訳せませんでした。
もうちょっと頑張らねば。。。
【2012/11/17 09:42】 URL | 東 照 #-[ 編集]
Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH