翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 07-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第七章 長い足の踊るには醜かれど走るには役立てると明らかにされし次第

 納屋には何人もの聴衆が詰めかけていた。以前に申し上げた通り、ビヨ氏は雇い人たちに敬意を払っており、叱ることもしばしばなれど、滞りなく食べさせ、滞りなく給金を支払っていた。

 だからビヨ氏の誘いとあらばこうして人が集まって来る。

 もっとも、この当時は人々が奇妙な熱に浮かされていた時代であり、事を起こそうとする国民は決まってそうした熱に罹っていた。聞き慣れないどころかまるで知らぬような新しい言葉が、それまで口にしたこともない人間の口から飛び出していた。自由、独立、解放。些か不思議なことに、この言葉を耳にするようになったのは庶民の間ではなく、まずは貴族の口からであり、それに呼応した庶民の声は所詮こだまであった。

 焼けつくまでに照らすその光は西からやって来た。アメリカから昇ったその太陽は、運行を終えると、フランスを焼け野原に変え、血文字で書かれた共和国という言葉をその火で照らして怯えた国民に読ませる定めであった。

 ゆえにこうした集会では、政治問題について議論されることも、想像以上に珍しくなかった。人々が何処からともなく現れ、まだ見ぬ神の使徒となって、ほぼ人知れず、町や村を駆け巡り、自由という言葉を撒き散らした。そうなってみて初めて、盲政府も目を開け始めることになる。国家と呼ばれる斯かる巨大機関を率いる者たちは、何が故障の原因かもわからぬながらに何処かの部品が障害を起こしたのを感じていた。叛乱は既に脳を侵しており、腕や手に広がるのも時間の問題だった。目にこそ見えぬが、存在し、実感できる、脅威であった。幽霊のように捕らえがたく、目にしてもその手でつかむことは出来ぬだけに、いっそう脅威ともなるのであった。

 ビヨに雇われている二十数人の作男が納屋に集まっていた。

 ビヨがピトゥの後から入って来ると、作男たちは帽子を取って振りかざした。主人の合図で死ぬことさえも厭わぬに違いない。

 ビヨから説明があり、ピトゥが読むのがジルベール医師の著作である旨が告げられた。ジルベールの名は村中に知れ渡っていた。村に幾つも地所を持っており、ビヨの農場はその筆頭であった。

 ピトゥは用意されていた樽に上がり、その即席の演壇上で朗読を始めた。

 ご存じの通り、庶民というものは――はっきり申さばおしなべて男というものは――理解できぬものにこそ耳を傾ける。この本の言葉はどれも、田舎人の心には穿たれなかったし、ビヨにも理解できなかった。だが難解な言葉の中にも、曇天に電気を湛えてきらめく稲光のように、光を湛えた言葉があった。独立、自由、平等。ほかには何もいらなかった。拍手が巻き起こり、「ジルベール先生、万歳!」の声が響き渡った。三分の一ほどまで読まれていた。三度目の日曜日には読み終わるだろう。

 次週の集いにも誘われた聴衆は、また集まることを約束した。

 つつがなく読み終えられた。成功こそ最大の褒美である。本に向けられた喝采も一部は読み手に届けられたものであったし、その智識に圧倒されてビヨ氏にさえピトゥへの敬意が生まれていた。ピトゥは肉体的には人並み以上であったが、これで精神的にも一回り大きくなっていた。

 足りないものは一つだけ。カトリーヌ嬢がその勇姿を見届けてくれなかったことだ。

 だが医師の本がもたらした反応に酔いしれていたビヨ氏は、その成果を妻や娘とも分かち合いたがった。ビヨ夫人は無反応だった。先を見通せない女なのだ。

 だがカトリーヌは悲しげな笑みを浮かべた。

「まだ何かあるのか?」ビヨ氏がたずねた。

「パパのことが心配なの」

「凶鳥は使わないのか? 俺は梟より雲雀がいいね」

「パパが見張られてるから伝えてくれるよう頼まれたんだってば」

「誰がそんなことを?」

「友達」

「友達? 忠告痛み入るね。その友達の名前を聞かせてもらおうか。何処のどいつだ?」

「もの知りな人」

「だから誰なんだ?」

「イジドール・ド・シャルニーさん」

「あのめかし屋が何だって言うんだ? 俺の考え方にご忠告申し上げるだと? あいつの服の着方に俺がご忠告申し上げたことがあったか? 言われたらには言い返さなきゃならんようだな」

「怒らせようと思ってこんなこと言ったんじゃないの。親切から教えてくれたのに」

「ならこっちもお礼をしなくちゃな。伝えてくれ」

「何を伝えれば?」

「お仲間たちは気をつけろってことだ。国民議会じゃ貴族のお歴々はやり玉に挙げられているし、寵臣寵姫のことが議題に挙げられるのもしょっちゅうだ。お兄さんのオリヴィエ・ド・シャルニーによろしく伝えてくれ。あっちでオーストリアと仲良くしてるそうじゃないか」

「何でもご存じのようだから、勝手にするといいわ」

「それで――」朗読の成功で自信を深めていたピトゥが呟いた。「イジドールさんはどうしてそんなことを?」

 カトリーヌには聞こえなかったのか、聞こえぬふりをしたのか、話はそこでお終いになった。

 昼食はいつも通りに摂られたが、昼食をこれほど長く感じたのはピトゥには初めてだった。自信に溢れたピトゥはカトリーヌ嬢と腕を組むのを見て欲しくてじりじりしていた。ピトゥにとって今日この日曜日は記念日であった。七月十二日のことは忘れまいと心に誓った。

 三時頃になってようやく人がいなくなった。カトリーヌは可愛かった。黒い瞳に金の髪、水汲み用の泉に影を落とす柳のように細くしなやか。女らしさをひときわ輝かせるような色気を、生まれながらに纏っていた。手製の帽子が驚くほどに似合っている。

 ダンスはいつも七時にならないと始まらない。四人のヴァイオリン弾きが壇上に上がり、コントルダンス一曲につき六ブランで、野外舞踏会上に案内していた。差し当たり六時までは、アンジェリク伯母の話にあったあのスピール小径をぶらついている人や、近隣の若者たちがドルレアン公閣下のポーム教師長ファロレ氏(maître Farolet, paumier en chef)の許でポームに興じているのを眺めたりしている人がいた。ファロレ氏は神託を授かりし如くに、陣取チェルス打撃権シャス、ポイントの判断を下し、年齢と功績に相応しい称讃を手にしていた。[*1][*2]

 さしたる理由があったわけではないが、ピトゥとしてはスピール小径から離れたくはなかったかもしれない。だがカトリーヌが驚くほど小粋な女に化けたのは、何もブナ小径の木陰でじっとしていたいからではなかった。

 女とは心ならずも木陰に追いやられた花のようなものだ。我先にと光を目指し、香りに満ちた花冠を必ずや太陽の下で花開かせる。太陽が花をしぼませ、枯れさせるものだとしても。

 詩人曰く、身を潜めるほど慎ましいのは菫だけ。もっとも菫とてその美しさの無為に散るのを嘆いてはいるのだ。

 カトリーヌに腕を引かれて、ピトゥたちはポーム場までたどり着いた。無論ピトゥも引っ張られるのに抵抗していたわけではない。ピトゥの方も空色の外着や洒落た三角帽を早く見せたいのは、カトリーヌがガラテイア風の帽子ボネや玉虫色の胴衣を見せたいのと同じだった。[*3]

 我らが主人公を何よりも嬉しがらせたのは、一時的にせよカトリーヌ争奪戦で優位に立てたことだ。これほど着飾ったピトゥを見た者など絶無ゆえ、会ってもピトゥだとは気づかれぬどころか、都会からやって来たビヨ家の親戚か何かか、果てはカトリーヌの婚約者に間違われたりもしたのだ。だが早く正体を明らかにしたい衝動が頭をもたげたので、勘違いも長くは続かなかった。友人に会うたびお辞儀をし、知り合いに会うたび帽子を取っていると、村人たちもようやくフォルチエ神父の生徒に気づき、どよめきが起こった。

「ピトゥだ! アンジュ・ピトゥを見たかい?」

 騒ぎはアンジェリク嬢にまで届いた。だが甥だと言って騒がれているのが颯爽とした少年だと聞き、外股で胸を張って歩いているからには、いつも内股で背を丸めているピトゥではないと確信し、あり得ないと言って首を振った。

「見間違いだよ、あの出来そこないじゃあない」

 カトリーヌとピトゥはポーム場にやって来た。その日はソワッソンとヴィレル=コトレの試合があったため、球戯場は盛り上がりを見せていた。二人は土手の一番下に張られたロープのそばに腰を落ち着けた。その場所がいいとカトリーヌが選んだのだ。

 やがてファロレ氏の声が聞こえた。

「両者コートチェンジ」

 言葉通り選手は移動していた。つまり自分の陣地シャスを守り、敵のポイントを奪いに行った。選手の一人が移動しながらカトリーヌに微笑みかけると、カトリーヌもお辞儀を返し、頬を赤らめた。その瞬間、自分の腕に添えられたカトリーヌの腕に震えが走るのをピトゥは感じた。

 感じたことのない苦悶がピトゥの心を抉った。

「シャルニーさんですか?」

「ええ。知ってたの?」

「知りませんでした。でも、そうじゃないかと」

 その若者がシャルニー氏だということは、前日カトリーヌから聞いたことを考えればわかった。

 カトリーヌに挨拶をしたのは二十三、四歳の顔立ちと身体つきのよい貴公子であった。身なりといい身ごなしといい洗練されていて、揺籃より授けられた貴族教育が板についている。幼年期より貴族教育を施されていればかくあるべしといった立ち居振る舞いを、完璧に体現していた。そしてまたその時々に応じた服装を見事に着こなしていた。狩猟服はその趣味の良さが引き合いに出され、剣道着は聖ゲオルギウスさえ手本にしそうなほどで、乗馬服は特別仕立てというわけではないのだが着こなしのおかげでそう見えていた。

 この日、我らがシャルニー伯爵の次弟シャルニー氏は、朝に整えたままの髪に、明るい色の細身のズボン姿、これが細く逞しい太腿やふくらはぎを引き立てている。赤い踵の靴か折り返しブーツの代わりに、お洒落なポーム・サンダルが革紐で結ばれ、白いピケ織りの上着がコルセットで締めたように胴にぴっちり馴染んでいる。土手の上では召使いが金筋つきの緑の外着を携えていた。[*4]

 動き回っているシャルニーは若く爽やかな魅力に溢れていた。二十三歳にして夜更かし、夜遊び、日の出まで賭け事に興じていたがため、普段はそんなものはとっくに失われていたのだが。

 カトリーヌも気づいたはずのこうした長所を、ピトゥが見逃すはずもない。シャルニー氏の手足を見て、靴屋の息子に勝った時に感じた自信も萎え、神様も身体を構成する部品をもっと上手く組み立ててくれたら良かったものを、と感じずにはいられなかった。

 ピトゥの足、手、膝の余りで綺麗なふくらはぎを作ることだって出来たはずだ。ところが肉はあるべきところにはなく、細くあるべきところに密集し、丸くあるべきところはすかすかだった。

 自分の脚を見る寓話の鹿のように、ピトゥは自分の足を見つめた。[*5]

「どうしたの?」

 カトリーヌにたずねられたが、ピトゥは答えず首を振って溜息をついた。

 一セットが終わった。シャルニー子爵がセット間の空いた時間を使ってカトリーヌに会いに来た。子爵が近づくにつれ、カトリーヌの頬が染まり、腕の震えるのがピトゥにもわかった。

 子爵はピトゥにお辞儀をし、当時の貴族にとっては中流娘やお針子もお手のもの、たるくだけた調子でカトリーヌの機嫌を伺い、ダンスに誘った。カトリーヌが受諾すると、子爵の顔が感謝でほころんだ。次のセットが始まり、呼ばれた子爵はカトリーヌに挨拶して、受諾してもらえたことに安心した様子で遠ざかった。

 子爵がピトゥに優越感を抱いているのが、ピトゥには痛いほどわかった。その口振り、笑い方、歩き方、立ち去り方。

 シャルニー氏の何気ない所作をひと月真似てみたところで、戯画にしかなり得ないことはピトゥ自身にもよくわかった。

 ピトゥの心は憎しみを知り、これ以来シャルニー子爵が大嫌いになった。

 選手たちが召使いを呼んで上着を受け取るまで、カトリーヌはポームを観戦し続けていた。試合が終わるとカトリーヌはダンスに向かった。残念なことに、その日はすべてがピトゥの思惑とは裏腹に進んでゆくらしい。

 カトリーヌの腕がピトゥの腕から離れ、真っ赤になってパートナーと輪の中に進んでゆくのを見て、ピトゥはこれまでになく気分が悪かった。冷や汗が額に浮かび、目に霞がかかった。手を伸ばして手すりをつかんだ。膝が強張り、今にも崩れ落ちそうだった。

 ピトゥの胸に飛来した気持のことなど、カトリーヌは考えもしなかったはずだ。カトリーヌが感じていたのは嬉しさと誇らしさだ。近隣一のパートナーと踊るのは、嬉しかろうし、誇らしかろう。

 ピトゥとしても、ポーム選手としてのシャルニー氏は渋々認めていたのに引き替え、ダンサーとしては正当に評価せざるを得なかった。当時はまだダンスをせずに散歩するという流行は訪れていなかった。ダンスは教養の一環であった。国王のカドリールにて初めに披露したダンスで成功したド・ローザン氏を引き合いに出すまでもなく、貴族たちは足を伸ばし爪先を前に出すそのステップを真似て、首尾良く宮廷に出入りしていた。この点において子爵は優雅で完璧なお手本であり、国王でも俳優でもない身でも、ルイ十四世のように舞台で喝采を浴びることさえ出来ただろう。

 ピトゥは改めて自分の足を見つめてみた。大きな変化でも起こらない限り、シャルニー氏が勝ち得ているような栄誉を望むことは断念しなくてはなるまい。

 ダンスが終わった。カトリーヌには一瞬の出来事であったが、ピトゥには一世紀にも思える時間だった。パートナーの腕を取って戻って来たカトリーヌにも、顔つきが変わっていることを気づかれた。顔からは血の気が引き、額には汗が流れ、嫉妬に苛まれた目には涙が浮かんでいる。

「どうしたの、ピトゥ?」

「あなたとダンスなんて出来ませんよ、シャルニーさんのダンスを見せられてしまったら」

「そんなことで落ち込まないで。踊りたいように踊ればいいでしょう。キミとダンスするのも楽しみにしてたんだから」

「慰めてくれるのはありがたいけれど、自分のことはよくわかってます。こちらの方と踊る方が楽しいに決まってますから」

 カトリーヌは何も言えなかった。嘘をつきたくなかったのだ。それでも、よく出来た人間だったので、ピトゥの心にこれまでとは違った感情が生まれていることに気づいて、出来るだけ優しく接した。だがいくら優しくされても、消え去った喜びも明るさもピトゥには戻らなかった。ビヨ氏は正しかったのだ。ピトゥは男になりつつあった――そのために苦しんでいた。

 カトリーヌはまた五、六回ダンスをし、シャルニー氏と二度目を踊った。ピトゥも今度は前ほど苦しまずに表面上は落ち着いて見ていられた。カトリーヌたちが動くのを目で追い、口唇の動きから何を話しているのか読み取ろうとし、動きの中で手が触れ合えば、手が触れているだけなのか握り合っているのかを見極めようとした。

 カトリーヌはシャルニー氏ともう一度だけ踊りたかったのだろう。ダンスが済むとピトゥに向かい、そろそろ家に帰ろうと声をかけた。ピトゥの返事はつれないものだった。おまけに、歩いている間も時々カトリーヌが呼び止めねばならないほど大股でずんずん進み、一切口を利こうとはしなかった。

 

[註釈]

*1. [六ブラン]
 1ブラン=10ドゥニエ。1スー=12ドゥニエ、1リーヴル=20スー=240ドゥニエ。なので、1ブラン≒0.83スー≒0.042リーヴル。[]
 

*2. [陣取、打撃権、ポイント]
 それぞれ tierce, chasse, quinze。有利なポジションを得ること、スマッシュ権のようなものを得ること、15点得ること。
 ※【ポームのルール】ボールが二バウンドする前にレシーブできないと相手に「chasse」権。バウンド地に目印をつけ、コートチェンジ(passer)する。権利を手にした者は目印の向こうで二バウンド目するようにボールを打つ。二バウンド目が手前の場合、相手に15ポイント。それを防ぐには二バウンド目する前にボールを打ち直さなくてはならない。それが出来なければ相手は労せずポイントを獲得できる。「chasse」を打てるのは、中央のロープ(ネットの前身)と自陣のあいだ、もしくはサーヴ地点から敵陣の端までであり、前者の場合はロープの上を越えなくてはならず、後者の場合はロープの下でよいうえに地面を転がしてもよい。[]
 

*3. [ガラテイア風の帽子《ボネ》]
 bonnet à la Galatée。ガラテイアとはギリシア神話に登場する、1.アーキスとポリュペーモスに愛される女、2.ピグマリオンの妻(彫像)。ガラテイア風のボンネットとはどういうものなのかは特定できませんでした。さまざまな芸術家が絵や彫刻を造っているので、いずれかに影響を受けたものか。時代的には Charles de la Fosse「Le Triomphe de Galatée」や Jean-Baptiste Deshays「Pygmalion et Galatée」などに描かれたガラテイアが、花でできた冠のようなものを頭に巻いているので、これを模してボンネットの縁取りなどに花飾りをつけたものか?。ガラテイア風というシニヨン風の髪型もあったが、これは時代も下るので違う。[]
 

*4. [赤い踵の靴]
 宮廷人の印。[]
 

*5. [寓話の鹿]
 『ラ・フォンテーヌ寓話集』より、6-9「水に映った自分の姿を見るシカ」。水に映った姿を見た鹿は、立派な角に比べて細い脚を厭った。だが猟犬に追われて逃げるとき、角が邪魔になって必死に走る脚の歩みを妨げた。[]
 

スポンサーサイト

コメント

東様

お疲れ様です。7章、素晴らしく、吹き出しながら読ませていただきました(≧3≦)!ピ、ピトゥ・・・
これが事の発端で、これがずっと彼の心の奥底にあったんだな・・・と私には非常に鮮烈な内容でした。

現在私の友人が『王妃の首飾り』を読書中で、友人は東様の『ジョゼフ・バルサモ』から順を追って読んでいるので、『アンジュ・ピトゥ』も楽しみにしていました!

さて、私の方は『四十五人』(抄訳版)を読了したのですが、もうびっくりするほど中途半端な終わり方で、「デュマ先生、これは続きを書くおつもりだったんですかね?」っていうくらいでした。年代でいくと、前に『ジョゼフ・バルサモ』を書き上げ、『四十五人』の後に『二十年後』、『ブラジュロンヌ子爵』と長編大量産期になっているので、もう気もそぞろになっていたんでしょうか?とにかく、結末が明らかにならない点がいくつか残されて、ものすごく悶々としてしまいました・・・デュマの作品が翻訳されない理由の1つはこれかもしれないと思えたほどです。

そして、英語の完全版と思われるものを今読み直して、翻訳し直しているのですが、ちょっと不安に思い、フランス語原文とざっと突き合わせをしながら(同じような単語がある文になっているかどうか)、見ているのですが、今見ている英文テキストはかなり原文に忠実なのですが、それでも省略されていた内容を見つけてしまい、愕然でした・・・とはいえ、一からフランス語で読むと言うことは私には不可能なので、このまま比較方法で進めるしかないという感じではあります。

そして東様がご指摘の通り、私が読んでいた抄訳版の強引な改稿ぶりとあまりにも甚だしい誤訳に唖然です・・・実はあまりにも誤訳が激しいので、出版社にクレームをつけてしまいました。でも返ってきた答えはオンデマンド印刷なので、昔の作品だと間違っているのが直せていない状態だってだけでした。英語のネイティブはこんな本を読んで、おかしいと思わないのか?日本人の私でさえ、「これちょっとおかしいんじゃあ?」って思えることを・・・と思ってしまいました。
【2013/05/04 16:13】 URL | マトリョーシカ #-[ 編集]
マトリョーシカさま

 いつもありがとうございます。

> もうびっくりするほど中途半端な終わり方で、……

 ええ。。。『45人組』って三部作の最後ですよね。それが中途半端ってことは、永遠に中途半端……それはなかなか翻訳出版されづらいですよね。『アンジュ・ピトゥ』も終わりが中途半端ですし、もしかするとこちらも危なかったのかもと考えると……続きの『シャルニー伯爵夫人』が書かれてくれてよかったです。年表を見てみると、マケとの最後の共同作品が1851年なので、そこらへんも影響したのかどうか。コンビが続いていたらもしかしたら……と夢想してしまいます。佐藤賢一さんあたりが続編を書いてくれないものでしょうか(^^

> 実はあまりにも誤訳が激しいので、出版社にクレームを……

 それは勇ましい(^_^)。
 とはいえ、誤訳・悪訳・翻案であれ、翻訳自体が少ない日本の現状よりはよっぽどうらやましいですよ。大衆小説だとなかなか大学の先生も手がけてくれないでしょうし。。。
【2013/05/08 21:59】 URL | 東 照《あずま・てる》 #-[ 編集]
Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH