翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 09-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第九章 パリ街道

 ピトゥに話を戻そう。

 ピトゥを突き動かしていたのは世にも力強い二つの原動力であった。恐怖と愛情。

 恐怖はピトゥに囁いた。

「捕まったら殴られるぞ。心しろよ、ピトゥ!」

 それだけ言われれば充分だった。ピトゥは鹿のように走った。

 愛情はカトリーヌの声で囁いた。

「早く逃げて、ピトゥさん!」

 だからピトゥは逃げていた。

 恐怖と愛情に背中を押されて、ピトゥは走るのではなく、飛んでいた。

 やはり神は偉大でり、無謬であった。

 瘤のようだと思っていた長いふくらはぎも、ダンスをするには不格好な盛り上がった膝も、大地を走るのにはうってつけだった。ピトゥの心臓は恐怖でふくれあがり、一秒間に三度も脈打っていた!

 シャルニー氏の小さな足、小振りな膝、見目よく収まっているふくらはぎでは、こんな風には走れまい。

 泉に映る脚を嘆いたあの鹿の寓話を思い出していた。自分には鹿とは違い細い足の代わりになるようなものが額にない。それでも、棒きれを嫌ったことを後悔していた。

 この「棒きれ」という呼称は、鏡に映った足を見ていた時、ビヨ夫人から頂戴した。

 こうしてピトゥは森を駆け巡った。ケヨル(Cayolles)を右に行き過ぎ、イヴォール(Yvors)を左に行き過ぎ、藪が途切れるたびに振り向いて、目を凝らした。いや正確には耳を澄ませたと言うべきだろう。もうしばらく、追っ手の姿を見ていない。ピトゥの速さの紛れもない証拠である。追っ手とピトゥの間に開いた距離は果てしなく、それもどんどん開く一方であった。

 アタランテーよ、その婚姻のなかりせば! ピトゥが競走していたならば、金の林檎三個を用いるような策を弄せずとも、必ずやヒッポメネスより速く走れたものを。

 実のところはパ=ドゥ=ルー氏たちは得るものを得てピトゥのことは打ち捨てていたのだが、ピトゥにはそれを知るよしもない。

 実際の人間から追われなくなってからも、ピトゥは影に追われていた。

 黒服たちはそれを確信していたから、手をわずらわせるまでもなかったのである。

「逃げろ、逃げろ!」部下たちはポケットに手を入れ、パ=ドゥ=ルー氏からもらった報酬をじゃらじゃらと鳴らしていた。「逃げるがいいさ。その気になりゃいつでも見つけられるんだ」

 虚栄心からではなく参考までに言っておくと、この言葉は真実であった。

 とにかくピトゥは走り続けていた。パ=ドゥ=ルー氏の部下の言葉が聞こえたわけではなかろうが。

 猟犬をまこうとする獣のように足取りを散らし、かのニムロドでさえ見分けられぬような網の目の中に足跡を紛らせると、ヴィレル=コトレからパリに向かう道に出るには右に曲がってゴンドルヴィル荒野の辺りに出なければならないと閃いた。

 そうと決まれば木立を抜け出して、右に舵を取ると、十五分後には黄砂と緑樹に囲まれた道が見えた。

 農家を発って一時間後には、国道にに出ていた。

 一時間で四里半ほど走ったことになる。これは馬をトロットで走らせたのにほぼ等しい。

 後ろを見遣ったが、路上には何も見えない。

 前を眺めると、二人の婦人が驢馬に乗っていた。

 ピトゥはジルベール少年の版画を見て神話に親しんでいた。当時神話は常識であった。

 オリュンポスの神話は教養の一部であった。版画を見て、ピトゥは神話を学んだ。そこではゼウスが牡牛に化けエウロペを誘惑し、白鳥に化けてテュンダレオスの娘レダと交わっていた。幾多の神々が変幻自在の姿態を見せていた。だがしかし、警官が驢馬に化けているのを見たことはない。ミダス王が変えられたのは耳だけであり、王は王のまま、意のままに金を生み出し、毛皮をそっくり買えるほどの財を得たのだった。

 目にしたもの――もとい目にしなかった警官の姿に安心すると、ピトゥは野原に取って返し、真っ赤な顔を袖で拭って三葉の真ん中に寝そべり、気持ちよく汗をかいて過ごした。

 だが苜蓿と花薄荷の甘い香りを嗅いだところで、ビヨ夫人の肉料理や黒パンを思い出さぬわけにはいかなかった。しかもカトリーヌが食事のたびに――つまり一日に三度も――取り分けてくれたのだ。

 あのパンは一重量リーヴル四スー半という高価なものだった。現代に換算すれば九スーは下るまい。フランス全土で不足していたこのパン、手に入った時には菓子パン代わりにもされていた。ポリニャック夫人がパリ民衆に向かって小麦粉がなければ代わりに食べればいいとのたまったあの菓子パンである。

 だからこそピトゥは悟った。カトリーヌ嬢こそ世界一寛容な姫君であり、ビヨ氏の農家こそ世界一豪華な宮殿である、と。

 ピトゥはヨルダン川のほとりのイスラエルの人々のように、東即ちビヨ家の方に乾いた目を向け、溜息をついた。

 もっとも、溜息も悪いことではない。がむしゃらに走って来た人間には、呼吸を整えることも必要だ。

 溜めた息を吐いて深呼吸すると、呼吸と共に困惑も甦って来た。

「あれほど短い間にどうしてあれだけのことが起こったんだろう? 後何年生きたって、この三日間ほど様々なことが起こるとは思えないのに。不機嫌な猫の夢を見たからかな。

 それですっかり説明がつく、とうなずいた。

 だがピトゥはすぐに考え直した。「全然論理的じゃないや。フォルチエ神父ならもっと論理的に考えるぞ。非道い目に遭っているのは猫の夢を見たせいじゃない。夢は虫の知らせを囁いてしかくれないんだ。

「つまり、誰だかが言っていたように、『見た夢に注意せよ』。Cave, somniasti。

「somniastiだって? また破格をやっちゃった。音を飛ばしてばっかりだ。文法的には somniavisti と言わなくちゃ。

「でも凄いや」ピトゥは鼻高々だった。「もう習ってないのにちゃんとラテン語がわかるぞ」

 こうして自画自賛してから、ピトゥは再び先を急いだ。

 危険が去ったからといって足取りをゆるめようとはしなかったので、一時間で二里は歩くことが出来た。

 つまり旅を再開して二時間後には、ナンテュイユを越えてダマルタンに向かっていた。

 と、オーセージ族にも劣らぬピトゥの耳に、舗道を蹴る馬の蹄の音が届いた。

 ピトゥはウェルギリウスの詩を一語ごと区切って口ずさんだ。

『蹄・が・大地・を・揺るが・す』

 ピトゥは目を凝らした。

 だが何も見えない。

 レヴィニャン(Levignan)でやり過ごした、あの驢馬だろうか? いいや、あれは詩にある通り、鉄の爪が舗石を叩く音だ。アラモンにもヴィレル=コトレにも蹄鉄を履いた驢馬なんてサボおばさんの驢馬しかいない。それだってサボおばさんがヴィレル=コトレとクレピー間の郵便業務を担当しているからだ。

 そこで物音についてはひとまず措いておき、改めて考えに耽った。

 あの黒服たちは何者だろう? ジルベール医師のことを聞いて回り、ピトゥの手を縛り、ピトゥを追いかけ、追いつけなかったあの男たち。

 何処から来たのだろう? この辺りじゃ見かけたことがない。

 一度も会ったことのない見ず知らずのピトゥにどうやって目をつけたのだろう?

 こっちは向こうのことを知らないのに、どうして向こうはボクのことを知っていたんだろう? どうしてカトリーヌさんはパリに行けと言ったんだろう? 旅のたしにと四十八フランのルイ金貨をくれたのはなぜだろう? パンにすれば二四〇重量リーヴル分、少し量を抑えれば三か月分近くだ。

 八十日も農家を留守にしてもかまわない、或いは留守にしなくてはならない、と考えていたのだろうか?

スポンサーサイト

コメント

東様

翻訳お疲れ様です。
何と『アンジュ・ピトゥ』ではあの名台詞はマリー・アントワネットではなくポリニャック夫人が言ったことになっているんですね?

さて、『或医師の回想』シリーズとは全然関係ないことなのですが、もしご存知でしたら教えていただきたいのですけれども、それはフランスのお風呂事情です。昔フランス人が宗教的な理由によりお風呂に入らない習慣だったことは有名ですが(マリー・アントワネットはお風呂好きで有名ですが。『シャルニー伯爵夫人』でも入っていましたね(笑))、一般庶民には日本で言うところの銭湯のようなものがあったのでしょうか?

と言うのも『四十五人』に出てくる登場人物のフルニション夫妻がサン・トノレ通りで風呂の家、(un maison de bains)にいたのをビュッシー通りに引っ越してホテルを開いたとあり、この風呂の家って銭湯ということなのか、単にこの時代には珍しく本当に風呂があった家に住んでいたというだけのことなのか、ちょっと判断がつかない状況です。海岸っぷちの家なら海の家みたいなのを想定しますが、パリのサン・トノレ通りではそんなわけないので、「何だろう、これ・・・??」と謎に思っています。

一応調べてみたんですが、あまりそういう情報がなく、またしても東様にお伺いしてしまった次第です・・・いつもすみません。

よろしくお願いいたします。
【2013/05/27 19:47】 URL | マトリョーシカ #-[ 編集]
マトリョーシカさま

図書館に行く時間が取れないので手持ちの本のなかからそれらしいのを当たってみたところ――鹿島茂『怪帝ナポレオン三世』によると、施策として庶民向けの公衆浴場が作られたのが第二帝政時代。真城七子『宮廷マダムの作法』によると、「少し前までは(中略)水を避けていたものだったけれど、今では(中略)裕福な家庭であれば、浴室はどの邸にも置いてあるのが一般的」。――とありましたが、アンリ三世時代の「maison de bains」が具体的にどのようなものなのかは、わかりませんでした。お役に立てず申し訳ありません。
【2013/06/01 23:25】 URL | 東 照《あずま・てる》 #-[ 編集]
Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH