翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 12-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第十二章 一七八九年七月十二日から十三日の夜にかけて起こったこと

 二人が河岸に降りると、別の集団がチュイルリー橋の上で発砲しているのが見えた。どう考えても軍隊ではない。二人は河岸の端まで走り、セーヌ川の堤に沿って下に降りた。

 チュイルリーの時計が十一時を鳴らした。

 川岸のポプラが流れに根を浸している。ビヨとピトゥは葉陰までたどり着くと茂みに隠れ、話し合いを始めた。

 ビヨ曰く、問題は安全(だと思われる)地帯に留まるべきなのか、それとも朝まで続きそうな小競り合いの真ん中に飛び込んで行くべきなのかを判断することだ。

 そうしてビヨはピトゥの答えを待った。

 ビヨの中でピトゥの評価はぐんぐん大きくなっていた。前日見せた智識にしても、先ほど見せた勇気にしてもそうだ。ピトゥの方でもそれを直感的に感じ取っていたが、驕るどころかビヨへの感謝の念をますます深めるのだった。

「ビヨさんは勇敢ですし、ボクも自分で思っていたほど臆病ではありませんでした。ホラティウスはボクらなんかとは比べものになりませんが、でも詩の文句を信じるなら、初めは武器を捨てて逃げたというではありませんか。ボクには小銃も弾薬も剣もある。ホラティウスより勇敢な証拠ですよ」【ホラティウス三兄弟のことか? 兄弟二人が殺されたのを見て、逃げるふりをして敵の三人を一人ずつ殺した。】

「結論を言え」

「結論はですね、ビヨさん、勇敢な人間は銃で撃たれて死ぬかもしれないってことです」

「で?」

「それで、ですね。農場をあとにする際、パリに大事な用があると仰っていたので……」

「そうだ! 小箱だ」

「小箱を取り返すためにいらしたんですね?」

「その通りだ。ほかに用事があるもんか」

「銃で撃たれたら目的でもない用事のせいで死んでしまうことになりませんか」

「返す返すもおまえさんの言う通りだ」

「ものを壊す音や人の叫ぶ声が聞こえますよね?」ビヨの言葉に背中を押されてピトゥは続けた。「木が紙のように千切られ、鉄が麻のようによじられているんです」

「みんな怒ってるってことだ」

「でもボクには、王様も怒ってるように見えるんです」

「王だと?」

「違いますか? オーストリア兵、ドイツ兵、帝国兵(Kaiserlicks)と仰っていたのは、国王の軍隊なんですよね。だとしたら、撃ったのは国王の命令だったってことになります。国王がそんな命令をするなんて、きっと怒っていたに違いありません」

「そいつは正しく且つ間違っている」

「そんなはずはありません。論理学の勉強をしていれば、そんな逆説言いっこないのに」

「正しく且つ間違っているんだ。そのうちわかるさ」

「そうなればありがたいですけど……」

「いいか、ピトゥ。宮廷には二つの派閥がある。庶民が大事な国王派と、外国人オーストリア人が大事な王妃派だ」

「国王はフランス人で、王妃はオーストリア人ということですよね」ピトゥがわかったような口を利いた。

「まあ待て。国王にはチュルゴーとネッケルがついていて、王妃にはド・ブルトュイユとポリニャック夫妻がついている。国王には力はない。チュルゴーとネッケルを罷免せざるを得なかったんだからな。力を持っているのは王妃の方、つまりブルトゥイユ夫妻とポリニャック夫妻の方さ。世の中が悪いのはそのせいだ。すべては赤字déficit夫人のせいなんだ、ピトゥ。赤字夫人がお怒りだ、ゆえに夫人の名の許に突撃命令が出された。オーストリア人がオーストリア女のために戦う。これほど簡単なこともない」

「でもビヨさん、『déficit』というのはラテン語で『足りない』という意味ですよね。何が足りないんですか?」

「お金に決まってるだろう! お金が足りないんだ。王妃の寵臣がお金を食い潰しているせいでお金が足りないから、王妃は赤字夫人の名を頂戴しているのさ。これでわかっただろう? お怒りになっているのは国王ではなく王妃の方だ。国王は世の中が悪くなってゆくのを苦々しく思っているだけさ」

「それはわかりました。だけど小箱はどうなったんですか?」

「そうだった! 政治の話になるとそんなつもりのないことにまで首を突っ込んじまう。まずは小箱だったな。先にジルベール先生に会ってから、政治の話に戻るとしよう。神聖なる務めだからな」

「神聖なる務め以上に神聖なるものはありませんからね」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH