翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 20-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第二十章 セバスチャン・ジルベール

 プランシュ=ミブレー街(rue Planche-Mibray)の端で辻馬車を見つけたので、ジルベール医師は馬車を停めて乗り込んだ。【現在のサン=マルタン街の一部。ジェーヴル河岸とヴィクトリア通りの間の区域。ヴァンリー街を西に真っ直ぐ進むと、ちょうど rue Planche-Mibray と rue des Arcis の境目にぶつかる。coin de la rue Planche-Mibray とはその境目のことだろう。】

 ビヨとピトゥも隣に腰を下ろした。

「ルイ=ル=グラン学校(collège Louis-le-Grand)まで!」ジルベールは馬車の奥に腰を据えてじっくりと考え込み始めた。ビヨとピトゥはこういう時には邪魔しないようにしていた。【サン=マルタン街を南下し、ノートル=ダム橋を渡ってそのまま真っ直ぐ進めば、サン=ジャック街の左手(東側)に collège Louis-le-Grand がある。】

 ポン=ト=シャンジュを渡り、シテ街、サン=ジャック街を進むと、ルイ=ル=グラン学校に到着した。【Pont-au-Change は、ノートル=ダム橋の一本向こう、サン=マルタン街の一本向こうのサン=ドニ街から通じる橋である。rue de la Cité は、ノートル=ダム橋から通じてシテ島を貫きサン=ジャック街に通ずる通りである。】

 パリ中がおののいていた。最新の報せが駆け巡っていた。グレーヴで虐殺がおこなわれたという噂が、バスチーユを奪い取ったという輝かしい物語と一緒くたになっていた。心に感じて洩れ出した魂の輝きが様々な表情となって人々の顔に浮かぶのが見えた。

 ジルベールは窓に顔を向けることも、口を利くこともなかった。喝采する民衆というものには馬鹿げた側面がある。ジルベールは己が凱旋をそちら側から見ていた。

 こぼれて撥ねた血の滴を、流さずに済む方法が何かあったはずだ。

 ジルベールは学校の門前で馬車を降り、ビヨにもついてくるよう合図した。

 ピトゥは辻馬車でおとなしくしていた。

 セバスチャンはまだ医務室にいた。ジルベール医師到着の報せに、校長自ら案内に立った。

 如何に目が曇っていようと、父子の性格を承知していたビヨは、目の前で繰り広げられている光景を注意深く観察した。

 セバスチャンは落ち込んでいると弱々しく苛立ち神経質になりながらも、嬉しい時には穏やかで控えめな姿を見せた。

 真っ青な父を見て、言葉を失った。口唇がぷるぷると震えた。

 やがて悲鳴にも似た歓声をあげて父の首にかじりつき、無言のうちに両腕できつく抱きしめた。

 ジルベール医師も同じく無言の抱擁で応えた。ただしその後、嬉しいというよりは悲しそうな微笑みを浮かべて、長々と息子を見つめた。

 ビヨが熟練した観察眼の持ち主であれば、この父子の間には不幸か事件が起こったのだ、と考えたことだろう。

 セバスチャンはビヨに対してはそれほど感情を押し殺しはしなかった。父だけに向けられていた注意がようやくほかのものにも向けられるようになると、農夫に気づいて首筋に飛びついた。

「ああ、ビヨさん、何て凄い人なんだ。約束を守ってくれたんですね、ありがとうございます」

「いやいや、これがまた大事おおごとだったんだ、セバスチャンさん。お父さんはしっかり閉じ込められていたもんだから、外に出すのは一苦労だったんだ」

「セバスチャン、元気だったかい?」医師が心配そうにたずねた。

「ええ。医務室にいますけど、大丈夫です」

 ジルベール医師は微笑んだ。

「医務室にいる理由は知っているよ」

 微笑むのは息子の番だった。

「欲しいものはないかい?」

「おかげさまで何も」

「だったらいつもと同じく、言うことは一つだけだ。勉学に励むといい」

「わかりました」

「これが無意味でつまらない言葉だとは思っていない。もしおまえがつまらないと感じるのなら、これからは口にするのはよすよ」

「お父さん、それに答えるのは僕ではなく校長先生のベラルディエさんだと思います」

 医師がベラルディエ氏を見ると、ちょっと話があるという合図が返って来た。

「では待っていてくれ、セバスチャン」

 医師は校長に近寄った。

「ビヨさん、ピトゥに何かあったんですか? 一緒にいませんけど」セバスチャンがたずねた。

「門のところにいますよ、辻馬車の中です」

「お父さん、ビヨさんにピトゥを連れて来てもらっても構いませんか? 会えば気持もほぐれると思うんです」

 ジルベールがうなずき、ビヨが出て行った。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (2)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH