翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 21-4

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「それはそうと、生憎でしたね。あなたのお役に立てれば父も喜んだでしょうに、任を解かれて三日前からここにはおりません」

 ジルベールはにっこり笑って会釈した。

「六日前にネッケルさんの指示で僕はバスチーユに入れられたんです」

 今度はスタール夫人が顔を赤らめる番だった。

「驚くようなことを仰いますね。バスチーユにいたなんて!」

「正真正銘そうなんですよ」

「何をなさったんです?」

「放り込んだ人間に聞くしかありませんね」

「でも出てらしたんですね?」

「もうバスチーユなどありませんから」

「もうバスチーユがない?」スタール夫人は驚いた素振りを見せた。

「大砲の音が聞こえませんでしたか?」

「聞こえましたけど、大砲は大砲に過ぎません」

「失礼ながら、ネッケル氏のご息女スタール夫人ともあろう方が、今やバスチーユが民衆に奪われたことを知らないわけがないのではありませんか」

「そう仰いましても」と夫人は困惑してみせた。「父がいなくなってから何が起こったのかまったく知らないのです。涙にかきくれていたものですから」

「いけませんよ!」ジルベールは首を振った。「政府の飛脚はサン=トゥアン邸までの道をよく知っているんですから、バスチーユが占拠されてから四時間経って誰も到着しないわけがありません」

 あからさまな嘘をつかずに返答することは出来そうにないと悟ったものの、男爵夫人は嘘が嫌いだったため、話題を変えることにした。

「それで、ご用件は?」

「ネッケルさんとお話ししたかったのですが」

「もうフランスいないとご存じだったはずでは?」

「ネッケル氏が遠くに旅立ってしまったとは信じられませんし、事態を見届けなかったとも思えないのです……」

「つまり……?」

「つまり、何処に行けばお会い出来るのか教えていただけるものと考えております」

「ブリュッセルに行けば会えますよ」

 ジルベールは探るような目つきで夫人を見つめた。

「ありがとうございます。ではブリュッセルに行って、伝えなくてはならない大事な話を伝えることにします」

 スタール夫人は躊躇いを見せたが、すぐに答えた。

「あなたは真面目な方のようですから。ほかの方の口から出たのなら、その大事な話というのも無意味に聞こえますが……失脚して過去の人間となった父に大事なことなどあるでしょうか?」

「未来が。僕だって未来のために何も出来ないわけじゃありません。でもそんなことはどうでもいい。僕にとってもネッケルさんにとっても、大事なのはお会いすることなんです……ブリュッセルにいると仰いましたね?」

「ええ」

「二十時間かけないと会えないことになる。革命さなかの二十時間がどういったものなのか、二十時間でどれほどのことが起こるのか、おわかりですか? ネッケルさんも軽率なことをしてくれました。自分と現状の間、つまり手段と目的の間に、二十時間の空白を設けてしまうなんて」

「脅かさないで下さい。父が軽率なことをしたと感じ始めてしまいました」

「ではどうすれば? 事態はこの通りなのではありませんか? 僕としてはご迷惑をお詫びするしかありません。これで失礼いたします」

 だが男爵夫人に呼び止められた。

「脅かさないでと言ったはずですよ。あなたにはすっかり説明して不安を取り除く義務があります」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH