翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 21-6

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「ネッケルさん」ジルベールは微笑んだ。「バスチーユから出て来た人間に怖いものなどありませんよ」

「バスチーユから出て来たですって?」

「今日この日のことです」

「どうしてバスチーユに?」

「それを伺いに来ました」

「私に?」

「あなたでしょうね」

「またどうして私に?」

「投獄させたのがあなただからです」

「私があなたのことをバスチーユに投獄させたと言うのですか?」

「六日前のことです。そう古い話ではありません。よもやお忘れではありますまい」

「馬鹿な」

「ご署名に見覚えは?」

 そう言ってジルベールはバスチーユの囚人名簿とそれに添えられてた封印状を見せた。

「封印状には見覚えのある気がします。出来るだけ署名はしない方だが、それでも年に四千通はしているし、馘首になった時に白紙のものに何通か署名させられた覚えがありますから。慚愧に堪えないが、お持ちなのはそのうちの一通だったようだ」

「僕の投獄には無関係だと仰りたいのですか?」

「恐らくは」

「そうは言ってもこうやって詮索している事情もご理解いただけますよね。僕を閉じ込めたのが誰なのか知りたいんです。ですからそれを教えていただくぐらいのことはしてもらえませんか」

「お安いご用です。もしもの時に備えて、書類を職場に置きっぱなしにはせず、毎晩ここに持ち帰っていますから。今月の分は書類棚のBの抽斗の中です。Gの束を探してみるとしましょうか」

 ネッケルは抽斗を開け、ゆうに五、六百通はある大きな束をめくって行った。

「保管してあるのは、身を守るためのものばかりです。逮捕させれば敵が出来る。だから敵の攻撃をかわさなくてはならなかった。何もなければむしろ驚くところですが。ええと、G……G……あった、ジルベール。王妃の許から出されていますね」

「王妃のところから?」

「ええ。ジルベールなる者に関する封印状の請求。職業、なし。瞳、黒。髪、黒。以上の特徴。ル・アーヴルからパリに向かいし。因って件の如し。このジルベールというのがあなたかね?」

「僕のことです。その封印状を渡してもらえませんか?」

「出来ません。誰の署名なのかなら申し上げましょう」

「教えて下さい」

「ド・シャルニー伯爵夫人」

「シャルニー伯爵夫人? そんな人知りません。恨まれるようなことはした覚えもない」

 ジルベールは記憶を探るようにじっくりと天井を睨んだ。

「余白に書き込みがあります。署名はないが、筆跡に見覚えがある。ご覧なさい」

 ジルベールは顔を近づけ、余白の文字を読んだ。

『シャルニー伯爵夫人の請求は遅れずに実行のこと』

「わからないな。王妃の署名だというならまだわかる。覚書に書いた王妃とポリニャックのことだろうから。でもこのシャルニー夫人というのは……」

「ご存じない?」

「きっと名義を貸しただけなのでしょう。そもそも、当然ながらヴェルサイユの貴人方など存じ上げませんしね。十五年もフランスを離れていて、戻って来たのは二回だけで、この間戻って来てから約四年になりますから。このシャルニー伯爵夫人というのはどんな方なのですか?」

「王妃の友人であり、話相手であり、側近です。シャルニー伯爵の愛妻であり、美と徳を持ち合わせた、言うなれば奇跡のような方です」

「そんな奇跡とは知り合いじゃありませんね」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH