翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 24-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第二十四章 国王の哲学

 こうして、国民に玉座の下を掘り返されている国王がおかしなことに気をかけたり、肉体現象を研究している医者がおかしなことに心を傾けたりしている間、フランスでかつて起こったことのない未曾有の政治現象が――即ち君主制から民主制への移り変わりが――広まっていた。さらに国王があまりの嵐の激しさに我を忘れているその光景は、三か月も前から問題の解決に取り組んでいた偉大な智性たちの笑いを誘ったに違いない。

 暴動が外で蠢いている間、ルイ十六世は、バスチーユが陥落したことや、フレッセルとローネーとロスムが殺害されたことや、国民議会が国王に対して叛乱を企てていたことなど、日中の恐ろしい出来事を忘れて、政治とは無関係なこうした物思いに耽っていた。経験したことのない出来事が繰り広げられるのを見て、政治上の利害に劣らぬほど、心を奪われていた。

 そういうわけで、国王は前章で見た通り衛兵長に命令を与えると、ジルベールのところに戻った。ジルベールは伯爵夫人の霊気を消して、ひくひくとした催眠を解いて穏やかな眠りを与えているところだった。

 すぐに、伯爵夫人の呼吸が、子供のように落ち着いた規則正しいものになった。するとジルベールは片手を動かしただけで伯爵夫人の目を開かせ、トランス状態に陥らせた。

 アンドレのまばゆい美しさを燦然たる輝きの中で見ることの出来た瞬間であった。世俗のしがらみから解き放たれたアンドレの、一瞬だけ顔まで上って来た血が、束の間だけ頬を色づかせると、穏やかな鼓動を取り戻したばかりの心臓まで降りて帰った。またも顔から血の気が引いたが、東洋の女のような美しい土気色だった。目は普段よりやや大きめに開き、上を向いたが、瞳は白い眼球の中で下の方を泳いでいるままだった。鼻は心持ちふくらみ、綺麗な空気を吸おうとしているようだった。最後に、頬から血の気が引いた後も口唇は朱色を保ち、軽く開いた隙間からは、白い真珠の列が湿気を帯びて艶やかに光っていた。

 上向き加減の顔は言いようもなく麗しく、まるで天使のようだった。

 動かぬ眼差しはそのおかげで視野を広げ、神の御座おましのお膝元にまで達しているかとも思われた。

 国王は眩暈でも起こしたように動かなかった。ジルベールは溜息をついて顔を背けた。人智を越えた至高の美をアンドレに与えたいという願いに抗うことが出来なかったのだ。だがピグマリオンのように、いやピグマリオンよりも不幸なことに、その美しい彫像がつれないことはわかっていたから、自分の作り上げた作品にさえ怯えを感じていた。

 ジルベールがアンドレに目すら向けずに合図すると、アンドレが両目を閉じた。

 国王がジルベールに説明をせがんだ。如何なる魔法を用いれば、このように魂が肉体を抜け出て、不幸な地上の遙か上を自由に幸福に神々しく舞うことが出来るのか。

 ジルベールは、真の才人なら誰でもそうであるように、凡人には口にしがたい「知りません」という言葉を口に出来た。国王に向かって無智を認めた。自分でも説明しがたい現象を生み出していた。事実は存在している。事実を説明する方法は存在していない。

 国王はジルベールの告白を聞いて言った。「これもまた次世代の学者のために自然が隠し通している謎なのであろう。解決不可能だと思われていた幾多の謎のように、いつか明らかに出来る日が来るに違いない。我々が謎と呼んでいるものも、父たちの代には魔術とか妖術と呼ばれていたであろうからな」

「まったくです」ジルベールも苦笑した。「自分たちには理解できない信仰の輝きに照らされて、科学を持たない科学者や信仰を持たない司祭たちに、グレーヴ広場で火あぶりにされていてもおかしくはありませんでした」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (3)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH