翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 27-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第二十七章 オリヴィエ・ド・シャルニー

 王妃が私室に戻ると、そこには小間使いから手渡されたあの手紙を書いた人物がいた。

 男は三十代半ば、長身、気力と決断力に溢れた顔をしていた。青灰色の瞳は鷲のように鋭く、筋の通った鼻、ぐっと張った顎から醸し出される軍人風の顔立ちが、洗練された護衛隊中尉の制服のおかげでいっそう際立っていた。

 ずたずたに引き裂かれしわくちゃになったバチスタの袖の下で、両の手が今もなお震えていた。

 剣はねじれて鞘に収まり切れていない。

 王妃が戻った時には、男は部屋の中を忙しく歩き回り、昂奮と混乱で千々に思い乱れているところだった。

 マリ=アントワネットは真っ直ぐに歩み寄った。

「シャルニー殿! いらしてたのですか!」

 話しかけられた人物が作法に則って恭しく頭を垂れたのを見て、王妃は小間使いに合図して扉を閉めて退出させた。

 王妃は扉が閉まるのももどかしく、シャルニー氏の手をしっかりとつかんだ。

「伯爵、どうしてこちらに?」

「ここに来るのが務めだと考えていたからです」

「違います。あなたの務めはヴェルサイユを立ち去ること。決められたことを実行すること。わたしに従うこと。つまりわたしの友人たちと同じようにすることです……みんなわたしの運命を恐れていました。あなたの務めは、わたしと運命を共にすることではありません。わたしの許から立ち去ることです」

「あなたの許から立ち去るというのですか!」

「そうです。お逃げなさい」

「逃げるですって? 誰があなたから逃げるというのです?」

「賢明な者たちは逃げ出しました」

「私は賢明だからこそ、ヴェルサイユにやって来たのです」

「何処からいらしたのです?」

「パリから」

「暴動が起こっているパリからですか?」

「煮えたぎり、我を失い、血に塗れたパリからです」

 王妃が両手で顔を覆った。

「あなたもですか! 良い報せを聞かせてくれる人は誰もいないのですか?」

「このような状況にある時は、陛下のお耳に入れなくてはならないことはただ一つ、真実のみでございます」

「では真実を伝えに来たというのですね?」

「いつものように」

「誠実で勇敢な方ですね」

「ただの忠実な家臣に過ぎません」

「今は何も言わないで。あなたがいらっしゃったのは、ちょうど心にぽっかり穴が空いていた時だった。いつも伝えてくれたその『真実』のせいで、今日は初めて友人たちから傷つけられた。もう真実を隠し通すのに倦んでいたのね。至るところで真実がはじけ飛んだ。赤く染まった空の上で。嫌な音の詰まった大気の中で。青ざめて沈み込んだ廷臣たちの顔の上で。やめて、お願い。一生に一度だけ、今は真実を言わないで」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH