翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 33-2

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 王妃は腰を下ろして、話を聞く姿勢を取った。

「ではこちらに、先生」国王が戸口に向かった。

 ジルベールは王妃に恭しくお辞儀をして、ルイ十六世に倣おうとした。

「どちらに? どうしたんです? いなくなってしまうのですか?」

「これからする話は楽しい話ではないのだ。王妃にこれ以上心配をかけたくはない」

「この苦しみを心配と呼ぶのですか?」王妃が重々しく声をあげた。

「それならなおのことだ」

「どうかここにいて下さい。ジルベールさん、よもや歯向かったりはなさいませんね?」

「ジルベール殿!」国王が苛立った声を出した。

「どうしたのです?」

「ジルベール殿は良心に従って、余に助言を与えてくれるはずだったし、気兼ねなく話をしてくれるはずだったのに、もはやそれも適わないようだ」

「どうしてですか?」王妃がたずねた。

「そなたがいるからだ」

 ジルベールが合図のような動きをしたのを見て、王妃はすぐにそれに重要な意味を見出して飛びついた。

「良心に従ってジルベールさんがどういう話をしたら、わたしの機嫌が悪くなるというのですか?」

「簡単なことだ。そなたはそなたで政治に対する考えがあろう。それがいつも余らの考えと同じとは限らぬ。つまり……」

「はっきり仰って下さい。つまりジルベールさんは、わたしとはまったく正反対の考えを持っているのですね」

「そうなるでしょう」ジルベールが答えた。「私の考えはご存じのはずです。とは言えご不審は抱いてらっしゃいますまい。王妃陛下の御前であろうと国王陛下と二人きりであろうと、私は同じように忌憚なく真実を口にいたします」

「それだけでもたいしたものです」マリ=アントワネットが言った。

「いつも真実を口に出すべきとは限らぬぞ」ルイ十六世が慌てて呟いた。

「それが役に立つとしてもでしょうか?」ジルベールが言った。

「或いは好意的であれば」王妃がつけ加えた。

「それに関しては否定すまい」ルイ十六世が意見を添えた。「だがな、そなたが賢ければ、先生にすっかりお任せすべきであるぞ……余の聞きたい話を」

「失礼ですが、王妃ご自身が真実をお求めになったのですし、王妃のお心が気高く、真実を恐れぬ強さをお持ちなのも明白ですから、お二人の御前でお話ししたいと考えております」

「是非そうなさい」王妃が言った。

「ご賢明な方だと信じておりました」ジルベールが王妃に頭を下げた。「話は国王陛下の幸福と栄光のことなのです」

「信じて当然です。話を始めなさい」

「どれも結構なことだがね」国王は普段と変わらず頑固に言い張った。「非常に難しい問題なのだ。余としてはそなたにいてもらうわけにはいかぬ」

 王妃は苛立ちを隠すことが出来なかった。立ち上がってからまた坐り直し、医師の考えを読もうとするように鋭く冷たい目を向けた。

 ルイ十六世はこのありきたりで異常な問題から逃れるすべは残されていないと悟り、深い溜息をついてジルベールの正面にある椅子に腰を下ろした。

「何が問題なのです?」王妃がその忠告めいた言葉を聞いてたずねた。

 ジルベールが改めて国王に向かい、率直に発言する許可を求めるかのような目を向けた。

「構わぬ」国王が答えた。「王妃が望むのだ」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年10月 (3)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH