翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 34-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第三十四章 決断

 初めて王妃は深く心を動かされたように見えた。それは理屈に打たれたのが原因だったろうか、医師のへりくだった態度が原因だったろうか?

 もっとも、国王は心を決めた様子で立ち上がっていた。実行しようと考えていたのだ。

 だが国王はいつも、何をするにも王妃の意見を聞くようにしていた。

「そなたは賛成かね……?」

「そうせざるを得ません」

「自己犠牲を望んでおるわけではない」国王は辛抱強く訴えた。

「では何をお望みなのです?」

「余の確信を後押しして欲しいのだ」

「確信ですか?」

「うむ」

「そういうことでしたら、確信しております」

「何を?」

「君主制というものが、この世でもっとも嘆かわしく落ちぶれた国家に変わってしまう瞬間が来てしまったことを」

「それは言い過ぎだ。嘆かわしいとは思うが、落ちぶれることなど絶対にない」

「歴代の国王が負の遺産を残していらっしゃったのです」マリ=アントワネットが沈痛な

「その通りだ。その遺産の痛みをそなたと分かち合わねばなるまい」

「失礼ですが」ジルベールが口を挟んだ。失墜した君主たちの悲運に心の底から同情を示していた。「陛下が仰ったようなひどい未来を目にすることはないと考えております。専制君主制が終わり、立憲帝国が始まるのです」

「そうなのか? フランスにそのような帝国を築くために余は必要な人間なのか?」

「そうでない理由などありませんもの」王妃はジルベールの言葉に幾らか勇気づけられた。

「王妃。余には良識も学識もある。濁ったまま見ようとはせずはっきりと見えておるし、この国を治めるのに知る必要のないことまですべて正確に知っている。不可侵な絶対君主の高みから突き落とされ、大っぴらにただの人間として扱われる日から、フランスを統治するためだけに必要だった紛い物の力をすべて失うのだ。はっきりと言えば、ルイ十三世もルイ十四世もルイ十五世もその紛い物の力のおかげで完璧な統治を維持していたのだからな。今のフランスに必要なものは何だ? 指導者だ。余は父であることしか出来ぬ。革命に必要なものは何だ? 剣だ。余にはふるう力もない」

「剣をふるう力もないと仰るのですか! ご自分の子どもから財産を奪う者たちに、剣をふるう力もないと? 陛下の頭に戴いたフランス王冠の宝石を次から次へと打ち壊そうとする者たちに、何をすることも出来ないと言うのですか?」

「何と答えれば満足なのだね?」ルイ十六世は落ち着いて答えた。「否定すれば良いのか? 余の人生をかき回している嵐を、そなたのところでまた巻き起こせば良いのか? 憎むことが出来るのは、そなたにとっては良いことだな。そなたは不当な人間にもなれる。責めはせぬよ。支配者なら幾らでも持っている特質だからな」

「もしかして、革命に対する態度が不当だと仰っているのですか?」

「もちろんだ」

「もちろんですって? もちろんと仰ったのですか!」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (2)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH