翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 35-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第三十五章 胸当て

 翌朝が訪れた。前日のようにまばゆく澄んだ太陽が輝き、ヴェルサイユの大理石と砂を黄金色に染め上げていた。

 無数の鳥たちが庭園の木々の上に集い、新しい日が暖かさと喜びで愛に応えてくれるのを祝って、盛大な囀りで挨拶を送っていた。

 王妃は五時に起床しており、国王が目を覚ましたらすぐに王妃の許を訪れるように頼んでおいた。

 ルイ十六世は昨日参上した議会代表とのやり取りで些か疲れていた。代表団に向かって、これが話し合いの第一歩だ、と答えざるを得なかった。かなり遅い時間に眠りに就いたため疲れは充分に取れなかったし、立ち居振る舞いにも何処かいつもにはないところがあった。

 とにもかくにも、服を着替えて剣を佩いたところに、王妃の願いが伝えられた。国王は心持ち眉をひそめた。

「何だ、王妃はもう起きているのか?」

「久しい前からでございます」

「まだ具合は悪いのかね?」

「そのようなことはございません」

「こんな朝早くに何の用だね?」

「仰いませんでした」

 国王は朝食にブイヨンと葡萄酒を少し摂ってから、マリ=アントワネットの部屋に向かった。

 王妃は式典の時のように正装していた。美しく、青ざめて、堂々と、冷たく微笑んで夫を迎え入れた。微笑みは冬の太陽のように、そして宮廷の招宴で群衆に光を投げかけなくてはならない時のように、頬の上で輝いていた。

 国王はその眼差しや微笑みに潜む悲しみを見抜けなかった。一つのことで頭が一杯だったのだ。即ち、昨夜決まったはずの方針に王妃が抵抗を試みるのではないかということで頭が一杯になっていた。

 ――また何か気まぐれを起こしたのだろう。

 国王が眉をひそめていたのはそうした理由による。

 王妃が口にした最初の一言で、国王はその思いをいっそう強くした。

「昨日からよく考えておりました」

「思った通りだ」

「お人払いを願います。親しい者のほかはご遠慮下さい」

 国王は不満を洩らしながらも、将校たちに退るように命じた。

 王妃の侍女だけがそばに残った。カンパン夫人である。

 すると王妃は美しい両の手で国王の腕にすがった。

「どうしてしっかりした服装をしていらっしゃるのですか? いけません」

「いけない? 何故だ?」

「こちらにいらっしゃる前に服を着替えないで下さるようお願い申し上げませんでしたか? 上着と剣を身につけていらっしゃるじゃありませんか。部屋着でいらっしって欲しかったのに」

 国王は驚いて王妃を見つめた。

 王妃の突飛な言葉を聞いて、国王の頭に様々な考えが去来した。中にはとてもありそうもないものまであった。

 真っ先に湧き起こったのは疑念と不安であった。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (2)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH