翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 37-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第三十七章 旅程

 こうして押し合いへし合いしながらも、ボーヴォー氏の副官に従うままに、ジルベールとビヨとピトゥは国王の馬車のそばまで来ていた。デスタン氏とヴィルキエ氏(MM. d'Estaing et de Villequier)に随走されていた馬車は、いや増す人込みの中をゆっくりと進んでいた。

 前代未聞の珍しい光景だった。そもそもこんなことが起こったのは初めてだった。即席の兵士である田舎の国民衛兵が、歓声をあげて国王の馬車行列に駆け寄り、国王を言祝ぎながら、姿を見てもらおうとし、家に戻りもせずに御幸に加わり国王と歩みを共にしていた。

 何故か? 誰にもわからない。本能だったのだろうか? 国王を一度見た者たちも、この最愛の王をもう一度見たがっていた。

 何しろ、言っておかねばなるまいが、この当時、ルイ十六世は愛されていた。ヴォルテール氏が祭壇なるものに対する甚だしい軽蔑をフランス人に吹き込んでいなければ、フランス人はルイ十六世のために祭壇を立てていたことだろう。

 だからルイ十六世は祭壇を持たなかったが、それは単に、当時の自由思想家にとってルイ十六世とはそうした侮辱をぶつけることが出来ないほど高い評価を得ていたからに過ぎない。

 ルイ十六世がビヨの腕にしがみついているジルベールを見つけた。その後ろには相変わらず大きな剣を引きずっているピトゥがいる。

「ほら先生、いい天気にいい人たちだ」

「仰る通りです」ジルベールが返事をした。

 それから国王の耳許に口を寄せた。

「お約束した通りになりました」

「うむ、その通りだ。そなたは約束を守った」

 国王は顔を上げ、周りにも聞こえるように言った。

「ゆっくりと進もう。それでも今日見るべきものをすべて見るためには速すぎると思うが」

「ですが陛下」ボーヴォー氏が声をかけた。「そのような進み方ですと、一里に三時間かかります。これ以上ゆっくりさせるのは難しいかと」

 なるほど馬はしょっちゅう止まっていた。長々とした話のやり取りがおこなわれていた。国民衛兵は国王護衛隊と――流行りの言い回しを用いれば――友愛を結んでいた。

 ――何てことだ! ジルベールは目の前の不思議な光景を見て感慨に耽っていた。護衛隊と友愛関係になるということは、友になる前は敵だったということじゃないか?

「ねえジルベールさん」ビヨが声を潜めて言った。「俺は国王をこの目でしっかりと見たし、この耳でしっかりと聞きましたよ。俺に言わせりゃ、国王ってのは信頼できる人だね」

 昂奮していたせいで、ビヨの最後の一言は、国王と参謀にも聞こえるほどに大きくなっていた。

 参謀が笑い出した。

 国王は微笑んでからうなずいた。

「嬉しい誉め言葉だね」

 ビヨにも聞こえるほどの声だった。

「仰る通りだ。誰にでも言っているわけじゃありませんからね」ビヨはミショーがアンリ四世にしたように、すぐに国王の会話に割り込んだ。

「いよいよ照れるね」国王は困っていた。国王の尊厳を守りながら愛国者らしい話し方を滑らかにするにはどうしたらいいのかわからなかった。

 哀れな君主は、フランス人の王と呼ばれることにまだ慣れていなかったのだ。

 自分はまだフランス国の王と呼ばれていると思っていた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH