翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 38-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第三十八章 国王が市庁の演説を聴いている間にヴェルサイユで起こっていたこと

 市庁舎の中で国王は手厚いもてなしを受け、自由の回復者(le Restaurateur de la liberté)と呼ばれた。

 国王は話を求められて――演説をおこないたいという思いは日に日に激しくなっていたし、やはり相手方が何を考えているのか知りたかったこともあり――国王は胸に手を置き一言だけ言った。

「諸君はいつでも余の愛を当てにしてくれ給え」

 国王が市庁舎で政府の――というのも、この日からフランスには玉座に加えて国民議会という紛れもない政府が誕生していた――国王が市庁舎で政府の言葉に耳を傾けている間、庁舎の外では市民たちが国王の上馬や豪華な馬車や従僕や馭者に親しんでいた。

 国王が市庁舎に消えると、ピトゥはビヨからもらった一ルイを使って、青と白と赤の紐をふんだんに用いて大きな国民の徽章を幾つも作り、馬の耳や馬具や供回り一堂を夢中になって飾っていた。

 それを見た者たちが真似をして、ものの見事に国王の馬車を徽章の山に変えてしまった。

 馭者と従僕はすっかり飾り立てられた。

 市民たちはさらに馬車の中にまで幾つもの徽章を滑り込ませた。

 広場で騎乗したままだったラ・ファイエット氏が、国民の色を広めようとする者たちを押し返そうとしたが、上手くは行かなかった。

 だから外に出て来た国王は、色鮮やかな光景を見て声をあげた。

 それからラ・ファイエット氏に手を向け、近くに寄るよう合図した。

 ラ・ファイエット氏は剣を降ろしておそばに寄った。

「ラ・ファイエット殿、そなたを捜していたのだ。国民衛兵の指揮権はそなたにあることを断言しよう」

 そう言うと、割れんばかりの歓声の中、国王は馬車に戻った。

 これで国王の身は安心だと確信したジルベールは、選挙人とバイイと共に会議室に残っていた。

 話はまだ終わっていなかったからだ。

 だが国王の出発を敬する歓声を聞いて、窓に近づき広場を一瞥し、ビヨとピトゥの様子を確かめた。

 二人は先ほどと同じく国王と良い関係を築いていた。少なくともそのように見えた。

 そこに突然、ペルティエ河岸(le quai Pelletier)を通って、馬に乗った軍人が埃まみれで慌ただしく到着した。群衆はそれでも恭しく素直に道を開いた。

 この日の人々は機嫌が良かったため、笑顔で繰り返した。

「国王のご家来だ!」

 そして「国王万歳!」の声がその将校に浴びせられ、女たちが汗で白くなった馬を撫でた。

 将校は馬車まで馬を進め、馬係が閉めたばかりの扉までたどり着いた。

「シャルニー、そなたであったか」

 ルイ十六世は声をひそめた。

「そちらの様子はどうだ?」

 そしてさらに声をひそめる。

「王妃は?」

「心配なさっています」将校は馬車に首をほとんど突っ込んで答えた。

「ヴェルサイユに戻るのか?」

「はい」

「では友人たちを安心させてくれ。すべて順調に行っておる」

 シャルニーはお辞儀をしてから顔を上げ、親しげな素振りのラ・ファイエット氏に気づいた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH