翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 38-3

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 シャルニーが聞いていた。シャルニーが見ていた。ただし理解はしていない。

 シャルニーはアンドレの顔色の悪さとマリ=アントワネットの狼狽に気づいた。

 シャルニーには王妃に質問する権利はない。だがアンドレは妻だ。問いただす権利がある。

 シャルニーはアンドレに近づき、優しく好意的な口調でたずねた。

「どうしたんだ?」

 アンドレはどうにか気力を保った。

「何でもありません、伯爵」

 そこでシャルニー伯爵は王妃を見た。王妃は如何ともしがたい状況には相当に慣れていたにもかかわらず、何度も微笑みを作ろうとして上手く行かなかった。

「ジルベールの忠誠心を疑っているようだね」シャルニーはアンドレにたずねた。「疑るような理由があるのかい?」

 アンドレは答えなかった。

「答えてくれ」シャルニーが重ねて言った。

 それでもアンドレが無言を貫いているので、

「話してくれないか。ここでそんなふうに慎ましくするのは褒められたことではないよ。ことは両陛下の安全に関わるんだ」

「何のことを仰っているのかわかりません」アンドレが答えた。

「話しているのが聞こえたんだ……何なら公妃に思い出してもらってもいい……」そう言ってシャルニーはランバル公妃に頭を下げた。「声をあげていたはずだ、『あの人が、陛下の友人だと仰るのですか!』と……」

「仰る通りです」ランバル公妃が馬鹿正直に答えた。

 そして公妃もアンドレに近寄り、

「何かご存じなのでしたら、シャルニー殿の仰る通りですよ」と言った。

「お願いです!」アンドレの強い言葉は、公妃にしか聞こえないほど小さかった。

 公妃が引き下がった。

「まったくもう! たいしたことではないんですよ」礼儀を欠くことになろうとも、もはやぐずぐずせず口を出すべきだと王妃は悟った。「伯爵夫人が不安がっていたのは、漠然となんです。アメリカの革命家でありラ・ファイエット氏の友人である人間がわたしたちの友人になれるのだろうかと言っていたんです」

「ええ、漠然となんです……」アンドレが機械的に繰り返した。「本当に漠然と」

「同じような不安を、こちらの殿方たちも伯爵夫人より前に口にしていましたよ」

 マリ=アントワネットはそう言って廷臣たちに目を向けた。廷臣が疑問を口にしたことが、そもそものきっかけだったのだ。

 だがシャルニー伯爵を納得させるにはそれではまだ足りなかった。来た時の混乱から考えて、隠しごとのありそうな気配があった。

 シャルニーは引き下がらなかった。

「それでもやはり、漠然とした不安を口にするだけでなく、はっきりと説明するのが義務だと思わないか?」

「どういうことです?」王妃がかなり厳しい声を出した。「まだその話をするのですか?」

「陛下!」

「申し訳ないけれど、まだシャルニー伯爵夫人に質問するおつもりのようね」

「お願いです、重要なのことなのです……」

「あなたの自尊心のために、でしょう? シャルニー殿」王妃の嘲るような追い打ちが、シャルニー伯爵をずっしりと打ちのめした。「あなたは嫉妬なさってるんです」

「嫉妬?」シャルニーは真っ赤になった。「何に嫉妬すると仰るのです? お答え下さい」

「どうやら奥さまについてではありませんか」王妃が辛辣に言葉を重ねた。

「陛下!」シャルニーは口ごもり、その挑発にすっかり狼狽えてしまった。

「おかしなことではありません」王妃は素っ気なく続けた。「伯爵夫人には確かに嫉妬されるだけの価値がありますもの」

 シャルニーが王妃に視線を飛ばし、行き過ぎだと伝えようとした。

 だがそれは無駄な努力であり余計な警告であった。焼けるような痛みを刻みつけられては、この牝獅子を止めることはもはや何ものにも出来なかった。

「ええそうです、あなたは嫉妬なさってるんです、シャルニー殿。嫉妬と不安を感じてるんです。人を愛し、そのために眠れない人間にはよくあることです」

「陛下!」シャルニーが繰り返した。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH