翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 41-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第四十一章 義父

 だがどよめきが大きくなり続けていることからもわかる通り、広場にいる人々の心には火がついていた。それはもはや嫌悪ではなく憎悪、抗議ではなく逆上の声であった。

 「フーロンを潰せ! フーロンを殺せ!」という叫びが、銃撃のように交わされていた。扉を守る衛兵たちを押し潰しかねないほどに人の山はふくれあがっている。

 暴力を容認する声が徐々に囁かれて大きくなり始めていた。

 怒りの声はフーロンだけではなく、フーロンをかばおうとしている選挙人にまで及んでいる。

「逃がしやがった!」

「中に入るぞ! 押し入っちまえ!」

「市庁舎に火をつけろ!」

「行くぞ! 進め!」

 バイイは覚悟を決めた。もはや手だては一つしかない。ラファイエットは到着していないのだ。

 そういうわけで、選挙人たち自ら外に出て人の山に入り込み、激怒している者たちを説得しようとした。

「フーロンは何処だ! フーロンを出せ!」

 怒れる人波から、そうした叫びがひっきりなしにあがり、そうした怒号が途切れることなく続いていた。

 いつ一斉に襲って来てもおかしくない。そうなれば壁は持ちこたえられないだろう。

「フーロンさん」バイイが声をかけた。「あなたが姿を見せなければ、逃がしたと思われてしまう。扉を破られてここまで来られれば、見つかるのも時間の問題です。そうなれば私にはどうすることも出来ません」

「どうしてこんなに憎まれなければならないんだ」フーロンは両腕を力なく落とした。

 バイイに肩を貸されて窓際まで引きずられて行く。

 フーロンが姿を見せた瞬間、恐ろしい叫びがあがった。衛兵は押しのけられ、扉は破られた。階段に廊下に部屋の数々が、瞬く間に奔流に襲われ占領された。

 バイイは待機させていた衛兵をすべてフーロンの周りに投入してから説得を試みた。

 バイイとしては殺意にはやる人々に向かって、正義をおこなうことが必ずしも正義のおこないだとは限らないと納得させるつもりだった。

 手を替え品を替え、何度も命の危険にさらされた後で、ようやく話が通じたようだ。

「いいだろう! 正義を問おうじゃないか! 裁判だ! もちろん吊るし首だ!」

 話がそこまで進んだ時、ラファイエットが市庁舎に到着した。ビヨに連れられて来たのだ。

 ここで初めて身につけられた三色の羽根飾りを目にして、たちまちのうちに怒号が消えた。

 国民衛兵の総司令官ラファイエットは、バイイと同じことをバイイよりも力強く繰り返した。

 ラファイエットの演説は聞こえた者すべての胸を打ち、フーロンの裁判は選挙人室でおこなわれることに決まった。

 だが外にいる二万人の暴徒にはラファイエットの話は聞こえていなかったので、昂奮と熱狂にはまったく変化がなかった。

「では諸君!」ラファイエットは室内の聴衆に及ぼした効果が屋外の人々にも届いているものと疑ってもみなかった。「では諸君! この男を裁判にかけようではないか」

「そうだ、裁判だ!」

「では命じよう、この男を監獄に連れてゆくのだ」

「監獄行きだ!」

 叫びながら衛兵たちに向かって、さっさと囚人を歩かせろと急き立てた。

 屋外の群衆は、獲物がやって来るということしかわかっていなかった。同じく獲物を狙う競争相手がいるということさえ思いつかなかった。

 いわば階段を降りて来る新鮮な肉の匂いを嗅ぎつけていたのだ。

 ビヨは窓際に移動していた。選挙人たちと、バイイもいる。フーロンが衛兵に連れられて広場を渡ってゆくのを、見届けるためだ。

 歩きながら、フーロンは途方に暮れてあちこちに言葉をかけていた。安心しているような言葉とは裏腹に、その下に激しい恐怖が潜んでいるのは隠しようもない。

「気高い諸君!」階段を降りながらフーロンは言った。「私は何も怖くはない。同胞たちに囲まれているのだから」

 それまでも嘲笑と悪罵が交わされていた。気づけば仄暗い穹窿を抜けて、広場に続く階段の上に出ていた。外気と陽射しが顔に当たった。

 途端に嘲笑と悪罵は怒号に変わった。憤怒の声、殺意の叫喚、憎悪の咆吼が、二万人の腹から吐き出された。衛兵たちは持ち上げられ、離ればなれに散り散りにされてしまい、フーロンは寄ってたかってつかみかかられ、連れ去られてしまった。あの運命の街角、街灯の下、人々から正義の名で呼ばれた忌まわしく冷たい絞首台の下に。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (3)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH