翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 42-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第四十二章 娘婿

 フーロンの遺体を辱めていた者たちが、血生臭い遊びをやめて、新しい犠牲を求めて飛びかかった。

 広場の先の路地からほとんどの暴徒がなだれ込んだ。ナイフを振り上げ、拳を振り回し、サン=マルタン街に向かって、第二の葬列を出迎えに突き進んでいた。

 二つの集団が出会うのに時間はかからなかった。それだけ両者とも心がはやっていた。

 起こったことは以下の通りである。

 グレーヴ広場にいた目端の利く連中が、槍の先に刺した義父の首を娘婿のところまで見せに来ていた。

 役員に付き添われたベルチエ氏は、サン=マルタン街(rue Saint-Martin)を通ってサン=メリー街(rue Saint-Merry)近くまで来ていた。

 乗っていた二輪馬車は当時にあってあまりにも貴族的で、庶民の反感を促すに充分であった。庶民の不満は蓄積していた。伊達男にしても自分で御する踊り子にしても、力強い馬に牽かれて疾風の如く馬車を走らせるものだから、時には人を轢いたり、決まって泥をはねたりしていたのだ。

 ベルチエは罵声や野次や脅しを浴びせられる中、選挙人のリヴィエールと穏やかに話をしながら先へ進んでいた。このリヴィエール氏、ベルチエを助けにコンピエーニュに派遣された役人であったが、同僚に見捨てられて、助けるどころか自分すらも逃げるに逃げられない状況に陥っていた。

 二輪馬車に手がつけられた。幌が破られ、ベルチエとリヴィエールの姿が丸見えになり、二人とも視線にも拳の雨にも晒されることとなった。

 その間中、ベルチエのおこなったとされる悪事に対し、怒りのせいで誇張された非難が飛んでいた。

「パリに飢饉を引き起こそうとしたって話だ」

「ライ麦と小麦を実る前に刈り取らせて、穀物の値段を吊り上げ、たっぷり儲けたそうじゃないか」

「それだけじゃ飽き足らず、陰謀を企てているらしい」

 紙入れが押収されていた。紙入れの中には、何万個もの弾薬が実行犯に配られた証拠となる、煽情的な手紙や虐殺の指令書が入っていた。

 何とも馬鹿げているとしか言いようがないが、ご存じの通り怒りに駆られた群衆というものは、あり得ないような話をあたかも真実であるかのようにしゃべり散らすものだ。

 そうした非難を一身に受けているというのが、まだ三十過ぎの、上品な身なりの若者であった。拳や罵声を浴びせられても、微笑みらしきものを浮かべ、下劣なプラカード(écriteaux)を見せられても、不安も見せずに周りに目を遣り、虚勢も張らずにリヴィエールと話を続けている。

 二人の人間がそうした態度を癪に思い、ベルチエを脅しつけて態度を改めさせてやろうと考えた。二人はそれぞれ二輪馬車の昇降段に足をかけ、ベルチエの胸に銃剣を押しつけた。

 だがベルチエは無神経なまでに勇敢だった。動揺した素振りをおくびにも出さず、選挙人と話を続けていた。突きつけられているのがまるで銃剣ではなく無害な馬車の付属品であるかのようだった。

 怯え切っていたフーロンとは対照的な、人を見下したベルチエの態度に、人々はいい加減に業を煮やし、馬車を取り囲んで罵声を浴びせながらも、罵声だけではなく実際に痛みを与えられるようになる瞬間を待ちわびていた。

 そんな時だった。ベルチエは目の前で振り回されている血塗れの何かに目を留め、途端にそれが義父の首だと気づいた。首がベルチエの口許まで下げられた。

 口づけを交わさせようとしているのだ。

 リヴィエール氏が憤慨して槍を押しやった。

 ベルチエは感謝の印にうなずいたが、振り返っておぞましいトロフィーを目で追おうとはしなかった。今では首は馬車の後ろに運ばれ、ベルチエの頭上に掲げられていた。

 こうしてグレーヴ広場に到着した。急いで駆けつけた衛兵の努力の甲斐もあり、ベルチエは市庁舎の選挙人たちの手に取り戻された。

 これから待ち受けている困難な使命と重い責任を前に、ラファイエットの顔はまたも青ざめ、パリ市長の心臓は跳ね上がった。

 暴徒たちは二輪馬車をばらばらにして市庁舎の階段に放り出してから、それぞれの位置につき、出入口を固め、手筈を整えると、街灯の滑車に改めて綱をかけた。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH