翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 43-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第四十三章 革命のすべてが薔薇色ではないと気づき始めたビヨ

 ピトゥと共に至福の神酒に浸っていたビヨだったが、苦杯が満ちていたことにとうとう気づき始めた。

 川べりの冷たい空気に触れてビヨが意識を取り戻すと、ピトゥが声をかけた。

「ヴィレル=コトレにもう帰りたいです。ビヨさんはどうですか?」

 その言葉が快復の刺戟になったものか、ビヨは落ち着きを取り戻して我に返り、人を掻き分け殺戮現場から立ち去るだけの力を甦らせた。

「そうだな。おまえさんの言う通りだ」

 ビヨはジルベールに会いに行くことにした。ジルベールが住んでいたのはヴェルサイユだったが、国王のパリ訪問の日から王妃の許には戻らずに、復職したネッケルの右腕となり、万人の歴史物語のために自分の人生の物語を捨て、貧困を分かち合って好況の礎を整えようとしていた。

 いつものようにピトゥもビヨに倣った。

 二人が部屋に通されると、ジルベール医師は仕事中だった。

「先生、あたしは農場に戻ります」

「何故だい?」ジルベールがたずねた。

「パリが嫌になりました」

「わかるよ。うんざりしたんだろう」ジルベールは淡々と応じた。

「もう御免です」

「革命にはもう憧れはないんだね?」

「早く終わればいいんです」

 ジルベールが寂しそうに微笑んだ。

「革命は始まったばかりだよ」

「ああ」

「驚いてるね、ビヨ?」

「あなたが冷静だからですよ」

「何故だと思う?」

「確信があるからでしょう」

「正解だ」

「何を確信なさってるんですか?」

「当ててご覧」

「すべてが丸く収まると考えておいでで?」

 ジルベールはさらに寂しそうな笑みを見せた。

「いや、逆だよ。すべてが良からぬ結果を迎えると確信している」

 ビヨが反論の声をあげた。

 ピトゥは論理的ではない論理を耳にして目を見開いた。

「いやいや」ビヨはごつい手で耳を掻いた。「どうもよくわかりません」

「椅子に坐ってそばにおいで」

 ビヨは言われた通りにした。

「もっと近くに。君に聞かせたい話を、ほかの誰にも聞かれたくない」

「ボクもでしょうか、ジルベールさん」ピトゥがおずおずとたずね、ジルベールに言われればいつでも引き下がるつもりだと身振りで伝えた。

「いや、残り給え。若い人にも聞いて貰いたい」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH