翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 49-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第四十九章 女たちの参戦

 ヴェルサイユでは宮廷が民衆に対し英雄のように勇ましい態度を取った。

 パリでは宮廷に対し騎士のような態度が取られた。ただしこの騎士道、路地裏にまで開通していた。

 この民衆から成る騎士たちは、汚い恰好でうろつき回り、剣の柄や銃尾を握った手で、空っぽのポケットやぺたんこの胃袋を探っていた。

 ヴェルサイユで暴飲が為されている一方で、パリでは食べるものに事欠いていた。

 ヴェルサイユのテーブル掛けには葡萄酒が溢れていた。

 パリのパン屋には小麦粉が不足していた。

 何とおかしなことであろうか。玉座の崩落に馴染んでしまった今日から見ると、政治家も同情の微笑みを洩らすほどの、暗愚というほかない。

 革命に逆らいながら、飢えた人々を戦いに駆り立てようとするとは。

 哀れ唯物論者たらねばならぬ歴史の曰く、人間は空腹の時ほど激しく抗う。

 パンを恵むのは簡単なことだし、そうなればヴェルサイユの葡萄酒も苦々しくは思われなかったことだろう。

 だがコルベイユ(Corbeil(-Essonnes))から小麦粉は届かなかった。コルベイユはベルサイユからあまりに遠い。国王や王妃のおそばにいる者で、コルベイユのことを考えた者などなかった。

 不幸なことに、宮廷から忘れ去られながらもこの飢餓という脅威は、眠りに就いている間も苦しみ抜き、いつともなく目覚めを待っていた。そしてとうとう青ざめておののきながらパリの街路に足を踏み入れていた。飢餓は路地の隅々で耳を澄ませて、浮浪者やならず者を続々と呼び寄せ、おぞましい顔を金持や役人の家の窓に貼りつかせに向かった。

 男たちは血塗れの暴動を覚えていた。バスチーユを忘れていなかった。フーロンやベルチエやフレッセルのことが頭にこびりついていた。また人殺し呼ばわりされやしないかと思って行動を控えていた。

 だが女たちはまだ耐え忍ぶことしかしていなかった。女たちは三重の苦しみを耐え忍んでいた。涙を流し、事情もわかっていない罪のない、「なんでパンくれないの?」と母に問う子供のため。暗くむっつりした顔で朝に家を出て、晩にはさらに暗くむっつりした顔で帰って来る夫のため。そして妻として母としてそれらの苦しみを映し出された自分たちのため。女たちは痺れを切らして雪辱を果たそうと、自分なりに祖国のために尽くそうとした。

 そもそもヴェルサイユに十月一日をもたらしたのは女たちではなかったではないか?

 パリに十月五日をもたらすのは女たちの番だった。

 ジルベールとビヨはパレ=ロワイヤルのカフェ・ド・フォワ(café de Foy)にいた。幾つもの動議が出されていたのがそのカフェ・ド・フォワだった。突然カフェの扉が開き、女が一人、慌てふためいて入って来くると、ヴェルサイユからパリにまで伝えられた白い徽章と黒の徽章のことをぶちまけた。そして世の中(public)が危ないと訴えた。

 シャルニーが王妃に言ったことが思い出される。

「陛下、ご婦人たちが行動を起こした時こそ本当に恐れるべき時でございます」

 ジルベールも同意見だった。

 今や女たちが行動を起こしたのを目の当たりにして、ジルベールはビヨに向かってたった一言だけ告げた。

「市庁舎に行こう」

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH