翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』 50-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第五十章 マイヤール司令官

 マイヤールが指揮していたのは確かに軍隊であった。

 大砲こそあるものの砲架も台車もなかったが、荷車に積めばよかった。

 銃こそあるもののそのほとんどに撃鉄も引き金も欠けていたが、銃剣なら間に合っていた。

 面倒な武器なら山ほどあったが、武器は武器であることに間違いはなかった。

 火薬はハンカチやボンネットやポケットの中に入れていた。この生きた弾薬入れの真ん中を、火のついた火縄を持った砲兵たちが闊歩していた。

 行軍中に全軍がばらばらにはじけ飛ばずに済めば奇跡というほかない。

 マイヤールは一目で自軍の状態を見抜いた。そして自分に出来ることを確認した。即ち、広場に押し込めてはおけないこと、パリに繋ぎ止めてはおけないこと、ヴェルサイユに連れてゆくこと、到着したらおこなわれかねない悪事を防ぐこと。

 困難で超人的な仕事だが、やり遂げねばなるまい。

 そこでマイヤールは地面に降り、少女の首から太鼓を預かった。

 飢えた少女にはもうはや太鼓を運ぶ力もなかった。少女は太鼓を委ね、壁を這うように進むと、境界石(une borne)に頭を落とした。

 ひどい枕だ……飢えの枕……。

 マイヤールは少女に名前をたずねた。名はマドレーヌ・シャンブリー(Madeleine Chambry)。教会のため木彫りを作っていたが、今時そうした類の木製家具や彫刻や浮き彫りといった十五世紀の遺物を教会に備え付けようとする者がいるだろうか?

 飢えて死にそうな娘はパレ=ロワイヤルで花売りになった。

 だがパンを買う金がないという時に花を買おうとする者がいるだろうか? 花とは平和と飽食の空に輝く星であり、騒乱と革命の風には萎れるしかなかった。

 木に果実を彫ることも、薔薇や茉莉花や百合を売ることも叶わぬと知ったマドレーヌ・シャンブリーは、太鼓を持って飢えの合図を打ち鳴らしていた。

 こうしてシャンブリーはヴェルサイユに向かうことになった。苦しみに耐えかねた使節団の集っているヴェルサイユに。ただし歩けないほど衰弱していたので、荷車で向かうことになった。

 ヴェルサイユに到着したら、十二人の女たちと一緒に宮殿に入れてもらえるように頼もう。そして代表者にしよう。飢えた少女が、国王の御前で飢えの原因を訴えるのだ。

 このマイヤールの考えに喝采が起こった。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH