翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』53-2

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 市民からの反撃で、二人の護衛隊員が馬から落とされた。

 時を同じくして「どいたどいた!」と叫ぶ声が聞こえた。フォーブール・サン=タントワーヌの男たちが、大砲三台を曳いて到着し、鉄門の正面に砲列を敷いたのだ。

 幸いにも雨が滝のように降り注いでいたため、火に火縄を近づけても、濡れた火薬に火はつかなかった。

 その時、囁き声がジルベールの耳に飛び込んで来た。

「ラファイエットさんが来た。ここから半里くらいのところにいる」

 ジルベールは声の主を探したが見つからなかった。だが何処から聞こえたにせよ、有益な情報だ。

 見渡すと誰も乗っていない馬が見つかった。殺された護衛隊員のものだ。

 ジルベールは馬に飛び乗り全速力でパリに走らせた。

 二頭目の馬も後を追おうとしたが、広場まで行かぬうちにすぐに手綱をつかまれた。誰かがジルベールの意図を見抜いて追いかけようとしたのだろう。そう考えたジルベールは、走り去りながら後ろを振り返った。

 そうではなかった。誰もが飢えていたのだ。腹を満たしたい者たちが、庖丁を何度も振り上げ馬を屠っていた。

 倒れ込んだ馬は瞬く間に細切れにされた。

 そうこうしているうちに、ラファイエットが来ていることは、ジルベールの耳に飛び込んで来たように、国王の耳にも届けられた。

 ラファイエットはムーニエに対し人権宣言の受諾に署名して来たばかりだった。

 マドレーヌ・シャンブリーに対し小麦と届けさせる命令に署名して来たばかりだった。

 誰をも納得させられるだけのこの政令と命令を受け取って、マイヤールとマドレーヌ・シャンブリーと千人の女たちはパリへの帰途についた。

 女たちは町外れの家まで来たところで、ラファイエットと鉢合わせした。ジルベールに促され、国民衛兵を引き連れて駆けて来たところだった。

「国王万歳!」マイヤールと女たちが政令を頭上に掲げた。

「陛下が危険だと話していなかったか?」ラファイエットが驚いてたずねた。

「急いで下さい」ジルベールはなおも促した。「ご自身でご判断ください」

 ラファイエットは先を急いだ。

 国民衛兵がヴェルサイユに到着すると太鼓が打ち鳴らされていた。

 最初の太鼓が鳴らされた時、国王は恭しく腕を触れられたことに気づいた。

 振り返ると、アンドレがいた。

「シャルニー夫人か。王妃はどうしておる?」

「どうかパリの者たちを出迎えたりせず、ここを離れて下さるよう、切に願っていらっしゃいます。どうか護衛隊やフランドル聯隊員を率いて、何処へなりとお発ち下さい」

「シャルニー伯爵、そなたはどう考えておる?」

「ここを発つとともに国境を越えるのであれば、仰る通りかと存じますが、さもなければ……」

「さもなくば?」

「留まる方がご賢明かと」

 国王は否定的に首を振った。

 留まる勇気があるから留まっているわけではなく、旅立つ器量がないから留まっているのだ。

 国王はそっと呟いた。

 ――国王が逃げ出すのか?

 そうしてアンドレに向かって言った。

「ここを離れるなら一人で行くよう、王妃に伝えてくれ」

 アンドレは退出して国王の言葉を伝えに行った。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH