FC2ブログ
翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』62-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第六十二章 演説家ピトゥ

 しかしながら夜の十時頃、実に六時間ぶりにヴィレル=コトレに戻った時、ピトゥは気づいた。イルカ亭(l'hôtel du Dauphin)に泊まるべきだ。美しい星空の許、森のブナや小楢の木の下で眠るよりは、寝台で眠る方がよい。【※第2章に「当時はイルカ亭だった最高の旅籠(descendit avec lui à la meilleure auberge, qui, à cette époque, était celle du Dauphin. /alighted with him at the best inn, which at that time was called 'The Dauphin'.)」とある】

 考えてみればアラモンに到着するのは十時半になるだろうから、アラモンの家で眠ろうとすべきではないのだ。一時間半前には明かりもすべて消え、門はすべて閉ざされているのだから。

 だからピトゥはイルカ亭に立ち寄り、三十スー貨と引き替えに、素晴らしい寝床と一斤のパンとチーズ一切れと林檎酒一杯を手に入れた。【※ルイ十六世時代には30スー貨幣があった(ただし額面表記は「30 sous」ではなく「30 sols」)。】

 ピトゥは疲労と恋慕、困憊と絶望とを同時に感じていた。そのせいで肉体と精神が葛藤を始め、当初は精神が優位に立っていたが、やがて息絶えそうになった。

 要するに午後十一時から午前二時までの間、ピトゥは呻き、焦がれ、まんじりともせず寝返りを打っていた。だが午前二時には疲労が勝利を収め、目を閉じて七時になるまで開くことはなかった。

 夜十時のアラモンではすべてが眠っているが、同様に朝七時のヴィレル=コトレではすべてが目覚めていた。

 イルカ亭を出たピトゥは、兜と剣がまたもや人の目を惹いていることに気づいた。

 百歩ほど歩くと人だかりに囲まれていた。

 明らかにピトゥは故郷で絶大な人気を博していた。

 旅人が皆これほど運がいいとは限らない。太陽は万人に輝くとは言われるものの、常に輝くとは限らないし、ましてや預言者になりたいという願いを持って祖国に戻ってきた者たちに好意的な光を照らすとは限らないのだ。

 だがアンジェリク伯母のような気難しくて獰猛なまでに吝い伯母が誰にでもいるわけではない。平らげた鶏飯の対価として承継人に半エキュ銀貨を支払うことが、どんなガルガンチュアにも出来るというわけではない。【※ピトゥが伯母にエキュ貨を渡したのは第58章参照。】【※un petit écu はルイ十六世下の銀貨。3リーヴル相当。】

 さらには帰還者というオデュッセイアにまで遡ることの出来る源流と伝統を持つ者たちが、頭に兜を乗せ輿に剣を差しているくせに残りの部分はまったく軍人らしくない風体で戻って来ることも稀である。

 端的に言ってしまえば、ピトゥが同郷人の注目を集めているのはひとえにこの兜と剣が理由であった。

 帰郷したピトゥを失恋が打ちのめしたのを除けば、代わりにありとあらゆる幸運が降り注がれているように見えたことだろう。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 07 | 2018/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2018年08月 (2)
  • 2018年07月 (5)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年04月 (4)
  • 2018年03月 (5)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH