翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』64-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第六十四章 フォルチエ神父による君主制の本質とピトゥによる革命の本質を目の当たりにする次第

 その夜ピトゥはたまたま巡って来た栄誉に心を奪われていたせいで罠を見に行くのをすっかり忘れていた。

 翌日、ピトゥは兜と剣を身につけてヴィレル=コトレに向かった。

 村の大時計が朝六時を告げた時、ピトゥは城館広場(la place du Château 第1章参照)に到着し、庭に通じている門を控えめに叩いた。

 叩いた音は心を落ち着かせるには充分な強さであり、家まで届かぬには充分な小ささであった。

 出来うるなら十五分の余裕が欲しかった。フォルチエ神父を説得するため用意して来た演説を辯論の花で彩りたかった。

 ぎょっとしたことに、あれだけそっと叩いたというのに門が開いた。だがすぐに恐怖は止んだ。門を開いた人物の顔にセバスチャン・ジルベールを認めたからだ。

 セバスチャンは庭を歩きながら曙光の下で勉学に励んでいたところだった。正確に言えば励んでいるような行動を取っているところだった。というのも開いた本は手の先にぶら下がり、好きなことを考えて思いはあちこち駆け巡っていたからだ。

 ピトゥを目にしたセバスチャンが喜びの声をあげた。

 抱き合った後でセバスチャンがたずねた。

「パリから便りは?」

「何も。セバスチャンは?」ピトゥもたずねた。

「父から手紙が届いたよ」

「よかった」

「君にも託けがあるよ」

 セバスチャンは胸元から手紙を取り出しピトゥに見せた。

『追伸 ビヨからピトゥへ忠告がある。農場のみんなを困らせたり気が散るようなことをしたりしないこと。』

「嗚呼」ピトゥは溜息をついた。「無意味な忠告だな。農場の人たちに苦労をかけたりよそ見させたりすることなんてもうないのに」

 ピトゥは小声で呟いてから、さらに大きな溜息をついた。

「そんな言葉はイジドールさんに掛けてあげればいいんだ」

 だがすぐに元気を取り戻してセバスチャンに手紙を返した。

「神父は?」

 セバスチャンが耳をそばだたせた。中庭(la cour)と庭大半(une partie du jardin)の分だけ階段から離れているにもかかわらず、司祭の足の下で階段が軋んでいた。

「ほら、降りて来た」

 ピトゥが庭から中庭に進むと、その時になって初めて神父の重い足音が聞こえた。

 神父(Le digne instituteur)は新聞を読みながら階段を降りて来た。

 例の九尾鞭を将軍が太刀を佩くように腰から吊るしている。

 階段の段数も古い家の凸凹の場所も身体に染み込んでいたので、神父は紙面から顔を上げぬままアンジュ・ピトゥに向かって来た。ピトゥは精一杯堂々とした態度で臨もうとした。

スポンサーサイト

コメント

Page Top▲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Page Top▲

トラックバック

Page Top▲

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 06 | 2018/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2018年07月 (3)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年04月 (4)
  • 2018年03月 (5)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (5)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH