翻訳連載ブログ
 「ロングマール翻訳書房」より、翻訳連載blog

『アンジュ・ピトゥ』52-2

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 シャルニーが王妃とジルベールの二人に対して答えを口にした。シャルニーは主導権を取り戻していた。そのためには誇りなどとっくに捨てていた。

「陛下、ジルベール殿の言う通り、国王にお知らせしなくては。国王陛下は今も国民に愛されていらっしゃいますから、ご婦人たちの前に姿をお見せになって訴えれば、武器を捨てさせることが出来るでしょう」

「でも誰が知らせに行く役を負うというのですか?」王妃がたずねた。「道が断たれているのは間違いないことでしょうから、危険な務めになりますよ」

「国王はムードンの森にいらっしゃるのでは?」

「ええ、ですが恐らく道が……」

「軍人として見ていただけませんか」シャルニーがぴしゃりと遮った。「兵士は死ぬためにいるのです」

 そう口にするやシャルニーは答えも待たず嘆息するのも聞かずに、素早く下まで降りると、衛兵の馬に飛び乗り、二人連れてムードンに走らせた。

 アンドレが窓から届けた別れの挨拶に向かい、最後に一つ挨拶を返してシャルニーが姿を消した途端、遠くから時化の日の海原のような唸りが聞こえ、王妃は耳をそばだたせた。パリの路地から遠く離れた木々から湧き起こってくるような音だった。王妃のいる部屋からは、霧を通して、ヴェルサイユのはずれにある家にまで路地(木々?)が広がっているのが見えていた。

 唸りが耳を驚かしたように、やがて目を脅やかす光景が訪れた。突き刺すような雨が鼠色の靄に白い線を引き始めた。

 だが恐ろしい空模様とは裏腹に、ヴェルサイユには人が溢れていた。

 密使が次々と宮殿に到着した。密使たちからの報告によれば、パリから来た人の列が幾重にも連なっていると云う。誰もが先日の拍子抜けするほどの勝利と歓声のことを思い浮かべて、心に後悔を感じもすれば、或いは恐怖を感じている者もいた。

 兵士たちは不安げに顔を見合わせ、恐る恐る武器を手に取った。将校たちは兵士たちが目に見えて狼狽えているのを目にしたり群衆が愚痴っているのを耳にしたりしてすっかり士気をくじかれてしまい、酒を抜こうとしている酔っぱらいのように、自分たちに降りかかった不運で一杯の空気をしんどそうに吸い込んでいた。

 傍らには三百人ほどの護衛隊が馬に乗っていた。表向き動じた様子は見られなかったが、相手の出方がわからない時の剣士が見せるような躊躇を示していた。

 敵意を剥き出しに武器を持ってパリを出たものの、到着した時には武器も持たず腕を上げることさえ出来ぬほど疲れ切って腹を空かせた女たちに向かって、することがあるとでもいうのだろうか?

 そうは言っても念には念を入れて隊列を組み、剣を抜いて待機した。

『アンジュ・ピトゥ』52-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第五十二章 十月五日の日中

 ジルベールは舞台を演じている登場人物を一瞥すると、マリー=アントワネットに向かって恭しく歩を進めた。

「王妃、ご夫君がいらっしゃいませんので、携えて参りました報せは王妃にお伝えしても構いませんか?」

「お話しなさい。随分と急いでいるのが見えたので、覚悟を決めておりました。悪い報せに違いないのでしょう?」

「不意打ちの方がお好きでしたか? 予め知らされていればこそ、陛下に相応しいその明晰な智性と確かな判断力に基づいて、危険に飛び込み、危険を退らせることが出来るのではありませんか」

「危険とは何のことです?」

「七、八千人のご婦人がパリを離れ、武器を手にヴェルサイユに向かっているのです」

「婦人が七、八千ですか」王妃は蔑むように応じた。

「ですが途中途中で足を止めていますから、ここに来る頃には一万五千から二万人にはなっているものと思われます」

「目的は?」

「腹を空かせて、国王にパンを要求しに来るのです」

 王妃はシャルニー伯爵に顔を向けた。

「危惧していたことが起こってしまいました」シャルニーが応じた。

「どうすべきでしょうか?」王妃がたずねた。

「まずは国王にお知らせに」ジルベールが答えた。

 王妃が慌てて振り返った。

「国王に! いけません。そんなことをして何になると?」

 その叫びはマリー=アントワネットの口から出たというよりは心からほとばしったものだった。それは王妃の勇敢さを示すものであり、王妃自身の強さを自覚している印であり、また同時に夫である国王にはあってはならないし他人には見せてはならない弱さを自覚している証でもあった。

 だがシャルニーは他人だろうか? ジルベールは他人だろうか?

 否。この二人は神意によって選ばれたのではないだろうか? 一人は王妃を守るため、一人は国王を守るために。

『アンジュ・ピトゥ』51-4

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 王妃がシャルニーに燃えるような眼差しを向けた。

「そんなことより、昨日パリで何が起こっていたというのですか? その目で何を見たのかまだ聞いておりません。あなたの言葉が正しいことをはっきり確かめたいのです」

「河岸に押し寄せた人々を目にしました。届きもしない小麦粉を待っていたのです。パン屋の戸口に並び、ありもしないパンを待っている人も見ました。飢えた人々をこの目で見たのです。夫は悲しい目で妻を見つめ、母は悲しい目で子供を見つめていました。幾つもの拳がヴェルサイユに向けて怒りに握り締められているのを、この目で見たのです。おわかりですか? お話ししているこうした脅威が――陛下のために死ぬ機会が――幸運にも私たち兄弟が最初につかむはずのその機会が、目の前に現れるのがそう遠くないことなのではないかと思えてならないのです」

 王妃は苛立ったようにシャルニー伯爵に背を向け、血の気が引いているにもかかわらず燃えるように熱い額を、大理石の中庭(la cour de marbre)に面した窓のガラスに押しつけた。

 途端に王妃は身体をがくがくと震わせた。

「アンドレ、ここに来て、こちらに向かって来るあの馬に乗った男が誰なのか確かめてもらえますか。急使だと思うのだけれど」

 アンドレは窓に近づいたが、途端に真っ青になって飛び退った。

「陛下!」声には非難の色が滲んでいた。

 シャルニー伯爵が慌てて窓に近づいた。目の前で起こっていることを何一つ見逃してはいなかったからだ。

「あの馬の男は」と言って、シャルニーは王妃とアンドレを順番に見つめた。「ジルベール医師です」

「本当ね」そう答えた王妃が果たして女特有の復讐心に駆られてアンドレを窓に近づかせたのかどうか、アンドレにも判断がつかなかった。王妃には時々そうした復讐心に駆られることがあったけれど、その一方で不寝と涙で弱った目には、たとい見分けて然るべきものであろうとも遠くのものを見分けられなかった可能性もある。

 その場で三人の主役たちは沈黙で凍りついたまま、目だけで問いかけと受け答えを続けていた。

 到着したのは確かにジルベールだった。シャルニー伯爵の予感に違わず、良くない報せを携えて来たのである。

 ところが、ジルベールは大急ぎで馬から下りたというのに、そして急いで階段を上ったというのに、そして王妃とアンドレとシャルニー伯爵の怯えた三つの顔が階段の先にある扉に向けられたというのに、そしてその扉からジルベール医師が入って来るはずだというのに、扉はまったく開かなかった。

 三人としては不安な数分を過ごす羽目に陥った。

 出し抜けに反対側の扉が開き、一人の将校が姿を見せた。

「陛下、ジルベール医師が国王に急を要する重大なお話がしたいといらっしゃっていますが、国王は一時間前にムードンにお発ちになってしまいました」

「ここに通しなさい」王妃は冷酷といっていいほど強張った眼差しを扉に突き刺した。アンドレは夫にしがみつくのが当然のように、後じさって夫の腕にもたれようとした。

 ジルベールが戸口に現れた。

 
 第51章おわり。第52章につづく。

『アンジュ・ピトゥ』51-3

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「確かに災難です。王妃を侮辱せずにお話しする方法が今となってはヽヽヽヽヽヽわからないのですから」

 この「今となっては」という言葉は、舞台の名優が重要な台詞を声に出すように発音された。

 王妃の耳は非常に優れていたから、シャルニー伯爵がこの言葉に込めた意味を見過ごしにすることは出来なかった。

「『今となっては』ですか」王妃が気色ばんだ。「『今となっては』とはどういう意味です?」

「どうやらまた失言したようです」シャルニー伯爵は素直に認めた。

 伯爵がアンドレと目を交わしたのを、今度は王妃も見逃さなかった。

 今度は王妃が青ざめ、怒りで歯噛みした。

「悪い意図があれば言葉も悪くなるのです」

「敵意を抱いていれば耳にも敵意を感じるのです」シャルニー伯爵が答えた。

 敬意よりも道理に則り反論すると、伯爵は口を閉じた。

「シャルニー殿がもっとご自分の批判に満足なさるまで答えるのは控えましょう」と王妃が言った。

「では私は」とシャルニーも応じた。「王妃が信奉者に囲まれていらした頃よりお幸せになるまで批判するのは控えましょう」

 アンドレが急いで夫の手をつかみ、二人で出て行こうとした。

 だがそれを見ていた王妃の目に射すくめられた。

「結局、あなたのご夫君ヽヽヽヽヽヽヽの用件は何だったのかしら?」

「夫が陛下に申し上げようとしていたのは、昨日国王陛下のご下命を受けてパリに到着してみると、パリに異様な昂奮が満ちていた、ということです」

「またですか。今度の目的は? バスチーユを占拠し、今まさに破壊しているところだというのに、パリの者たちはこれ以上なにをしようというのですか? 答えなさい、シャルニー殿」

「まことに仰る通りではありますが、石を食うことは出来ぬのだから飢えているのだと訴えているのです」

「飢えている? 飢えているですって? わたしたちにどうしろと?」

「民衆が苦しんでいるのを哀れに思い、真っ先に救済なさっていたのが陛下だった頃もありました。陛下が貧しい者たちの屋根裏を訪れたために、貧しい者たちの祈りが屋根裏から神に届いていた頃もありました」

「そうですね」王妃は苦々しく言葉を返した。「他人の不幸に憐れみを見せた結果、随分な返礼を受けましたから。これまでにない災難に遭ったのも、屋根裏を訪れたせいでした」

「一度だけ騙されたからといって、恥ずべき女に恩恵と好意を施したからといって、あらゆる人間の人間性を恥知らずな女と同じ程度に引き下げて考えるべきでしょうか? あの頃は愛されていらっしゃったものですね」

『アンジュ・ピトゥ』51-2

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

「国王は今日も狩りですか」王妃はパリの方角から近づいて来る大きく黒い雲を眺めながら言った。「やめておいた方が良いと思うけれど。空もやめろと迫っているみたいじゃない。そう思わない、アンドレ?」

「そうですね」アンドレは上の空で応えた。

「あなたもそう思わない?」

「そう思いますが、陛下がお望みですから」

「森の中や道の上で陛下の望みが叶えられたとしても」王妃は朗らかな声を出した。胸に悲しみを持とうとも政治的事件に遭おうとも決して失われなかった生来の声だった。

 アンドレに向かって、

「そんなのごく僅かなのに」と小さく耳打ちした。

 それから大きな声でジョルジュに向かってたずねた。

「狩りの場所を教えていただける?」

「ムードンの森です」

「ではお供をして目を離さずにいてね」

 ちょうどその時、オリヴィエ・ド・シャルニー伯爵が部屋に入って来ていた。シャルニー伯爵はアンドレに優しく微笑んで首を横に振ると、果敢にも王妃に声をかけた。

「弟もその助言を忘れはしないでしょう。それも国王陛下のお楽しみのさなかではなく危険のさなかに」

 耳を打つその声の響きに、王妃は本人の姿を目にする前から震え上がって振り返った。

「驚くところだったけれど」王妃の声はぞんざいで横柄だった。「オリヴィエ・ド・シャルニー伯爵の口から出た言葉なら不思議はありませんね」

「何故でしょうか?」伯爵は恭しくたずねた。

「災難の予言だからです」

 アンドレが、青ざめた伯爵を目にして青ざめた。

 伯爵は何も言わずに頭を下げただけだった。

 それから夫の我慢強さに驚いているらしい妻に目を向けた。

『アンジュ・ピトゥ』51-1

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

第五十一章 ヴェルサイユ

 パリで何が起こっているのか、当然のようにヴェルサイユではまったく知られていなかった。

 少し前にお届けした物語の後、その翌日に王妃が自画自賛した場面のその後、王妃は休息を取っていた。

 王妃には軍隊があったし、信奉者がいたし、敵の数もわかっていたから、戦いを始めたいと考えていた。

 七月十四日に喫した敗北の雪辱を果たそうとすべきではなかったのではないか? 国王の今回のパリ行き、それも帽子に三色徽章をつけて戻って来た今回のパリ行きを、家臣に忘れさせ自分でも忘れてしまおうとする必要などなかったのではないか?

 哀れなことに、やがて自分もパリに行かざるを得なくなるとは予想だにしていなかった。

 シャルニーとは激論を交わしてから一度も話をしていなかった。アンドレのことはそれでも親友として接しているようなふりを続けていた。王妃の心の中で友情は一時的に翳っていた――が、恋敵であるアンドレの心からはとっくに消えて二度と灯されることはなかった。

 シャルニーのことは公務のことで話しかける必要があったり命令を告げたりするほかは顔を向けることも目を向けることもなかった。

 シャルニー家が失脚したわけではない。パリの男女がヴェルサイユに向かうことを決めたその日の朝、三兄弟の次男であるジョルジュ・ド・シャルニーに優しく話しかける王妃の姿が目撃されていた。オリヴィエとは違い、バスチーユ襲撃の一報に対して好戦的な助言をしたあのシャルニー男爵である。

 現に朝の九時頃、シャルニー男爵が回廊を通って国王が狩りに行くと狩猟官に伝えに行くところを、礼拝堂で弥撒を聞いて来たばかりのマリー=アントワネットが見つけて呼び止めた。

「そんなに急いでどちらまで?」

「陛下をお見かけした時点で急ぐのはやめました。却って立ち止まろうとしたくらいです。ありがたいお声をかけて下さるのを慎ましく待っておりました」

「行き先を尋いても構わないかしら?」

「国王陛下の狩りにお供するので、狩猟官のところまで集合場所の確認に向かうところです」

『アンジュ・ピトゥ』50-5

アレクサンドル・デュマ『アンジュ・ピトゥ』 翻訳中 → 初めから読む

 バイイが現れると、「パンを! パンを!」「ヴェルサイユへ! ヴェルサイユへ!」という声が至るところで湧き起こった。

 人込みに揉まれて歩いていたラファイエットには、その波がますます高くなって自分を飲み込もうとしているのがわかった。

 人込みを掻いて馬までたどり着こうとして、波を掻いて岩までたどり着こうとする遭難者のように必死に進んだ。

 ようやくたどり着いて鞍に飛び乗ると、玄関に向かって馬を走らせようとした。だが市庁舎までの道は埋まっており、人の壁が押し寄せて来た。

「将軍殿!」その男たちが叫んだ。「俺たちと残るんだろう?」

 それと共に幾つもの声が繰り返した。「ヴェルサイユへ! ヴェルサイユへ!」

 ラファイエットは躊躇いを見せた。ヴェルサイユに向かえば確かに国王のために働くことが出来る。だがヴェルサイユに行けとけしかけている男たちを上手く指揮することが出来るだろうか? 自分さえ溺れかねないこの波に対して、自分が助かるためにも抗わなくてはならないこの波に対して、上手く御することが出来るだろうか?

 ちょうどこの時、一人の男が玄関の階段を降りて来た。足や手やとりわけ肘を上手く使って人込みを掻き分け、ラファイエットのところまで一通の手紙を運んで来た。

 この男こそ不撓不屈のビヨであった。

「三百人(des Trois-Cents)のところからです」

 これは選挙人の呼び名である。

 ラファイエットは封印を破って声に出さずに手紙を読もうとした。だが二万人の声が黙ってはいなかった。

「手紙を読むんだ!」

 やむなくラファイエットは声に出して手紙を読むことにして、静粛に、と合図を送った。するとまるで奇跡のように、あれだけの騒ぎがぴたりと静まった。一言も聞き洩らすまいとする静寂の中、ラファイエットは手紙を読み上げた。

 

『現在の状況及び市民の希望を鑑み、またそのヽヽ代表たる将軍司令官殿(monsieur le commandant général)にはそれに同意するほかないという事実に基づき、将軍殿に全権を委任すると共に、ヴェルサイユへの出向をも命ずることとする。

 市役員が四人、同伴のこと』

 哀れなラファイエットは選挙人たちの代表などでは断じてなかった。これから起こる出来事の責任の一端をラファイエットに負わせて内心喜んでいるような、そんな選挙人たちの代表などでは断じてない。だが国民は事実ラファイエットが代表なのだと信じていたし、将軍司令官が代表しているその意思が自分たちの願いと一致しているのだと信じて、「ラファイエット万歳!」と声をあげた。

 だからラファイエットは青ざめながら「ヴェルサイユへ!」と繰り返さざるを得なかった。

 一万五千人の男たちが静かに熱狂して後を追った。だが同時に、一足先に発っていた女たちの熱狂よりもさらに恐ろしい熱狂だった。

 この男女が皆ヴェルサイユで合流することになるのだ。十月一日から二日にかけてのどんちゃん騒ぎ(l'orgie)の間に国王護衛隊のテーブルから落ちたパン屑のことを、国王に質すために。

 
 
 第50章おわり。第51章に続く。

PROFILE

東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 名前:東 照《あずま・てる》(wilderたむ改め)
  • 本好きが高じて翻訳小説サイトを作る。
  • 翻訳が高じて仏和辞典Webサイトを作る。

  • ロングマール翻訳書房
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    SEARCH

    RECENT ENTRIES

    CATEGORY

    RECENT TRACKBACKS

    RECENT COMMENTS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (5)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (4)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (5)
  • 2016年09月 (4)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (5)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (4)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (5)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (5)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (5)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (4)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (5)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (4)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (5)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (3)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (4)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (10)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (17)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (27)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年02月 (3)
  • 2005年01月 (8)
  • LINKS

    SEARCH

    SEARCH